数量:1
ファイナルファンタジーXIII がカートに入りました
+ ¥ 340 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆プロダクトコード、シリアルコードは使用できない場合があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,800
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: 赤マムシ堂
カートに入れる
¥ 9,479
通常配送無料 詳細
発売元: qwe-store
カートに入れる
¥ 9,800
通常配送無料 詳細
発売元: global_goty
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファイナルファンタジーXIII

プラットフォーム : PlayStation 3
5つ星のうち 3 2,521件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,504
価格: ¥ 7,970 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,534 (16%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、TOYきんぐ ☆こちらをクリックすれば関連商品やレア商品が見れます☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
通常版
  • 初回生産版 初回購入特典
  • キャンペーンコード付き新品
  • 新品・未開封の商品です
新品の出品:13¥ 7,550より 中古品の出品:110¥ 166より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

エディション: 通常版
  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック

  • PS4/PSVita/PS3: PlayStationの最新映像や予約特典情報、ランキングなどは「プレイステーション特集」でチェック。「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」ほか、新作タイトル総力特集中。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ファイナルファンタジーXIII
  • +
  • ファイナルファンタジーXIII-2
  • +
  • ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII
総額: ¥13,320
選択された商品をまとめて購入

登録情報

エディション: 通常版
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000FNQXEO
  • 商品パッケージの寸法: 17.1 x 13.5 x 1.4 cm ; 200 g
  • 発売日: 2009/12/17
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2,521件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 490位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

エディション:通常版

世界的な大ヒットを記録し続けている人気RPG『ファイナルファンタジー』シリーズの第13作目。PS3が誇るハイスペックをフルに生かし、高密度・高水準のビジュアルとサウンド、そして大幅に進化したバトルシステムによって従来作以上の臨場感あふれるプレイが可能となっている。ストーリーは、天空に浮かぶ理想郷"コクーン"と未開の地"パルス"という2つの世界を舞台に展開。女性主人公・ライトニングを中心とする若者たちが、死よりも過酷な宿命と対峙する姿を膨大な美麗ムービーとともに描いていく。戦闘には、高い戦略性とスピード感を生み出す新世代の"アクティブタイムバトル"や、戦況に応じてキャラクターの役割を瞬時に切り替えられる"オプティマシステム"などを導入。シリーズ伝統の召喚獣システムは、召喚獣がさまざまなマシンに変身する"ドライビングモード"によってますます派手で強力なものになっている。

http://dol.dengeki.com/


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: 通常版
12章まで進めました。が、そこからやる気が起きません・・時期も大事なので今レビューします。

本作はシナリオを前面に押したFF10と似たようなタイプです。
しかし、FF10のほうが格段に面白かった。それはRPGとして不可欠な街の探索などの要素がきちんとあったから。
その自由な探索などのRPG要素が今作には一切ないです。

そのRPG要素の欠如が、前面に押し出しているシナリオにも悪影響を与えています。
一番致命的だと個人的に感じたのは、NPCとの関わりがないこと。

街を探索して、主人公たちが助けようとしている世界で生きる人たちと
関わりを持つことがないため、すごく壮大な物語なのに世界が窮屈に感じます。
また、そういった世界の人たちとの関わりの中でキャラクターの心理描写をほんのり出していけばいいのに、
途切れ途切れあるムービーだけでキャラクターに全部をしゃべらそうとしているので
他の人たちが書かれてるようにセリフが臭いのです。全部が決め台詞の劇を見ている感じです。

シナリオやグラフィックに凝っても、上記のような理由でプレイヤーがその世界に浸れないため感情移入できません。
表情の作り込みとかすごいのに、表情など全くないFF7の
...続きを読む ›
16 コメント 1,732人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
このゲームの手順は、
1.イケメンとガリガリ美女が、臭い台詞と意味不明な専門用語を交えた芝居を見せられる。
2.男女がイチャついてたり、超人的な動きをするキャラのアクションムービーを見せられる。
3.無駄に広く一本道で、無駄にHPが多い雑魚敵(しかも序盤に登場した敵の使い回しばかり)とほぼ強制的に戦わせられるダンジョンを歩かされる。
4.無駄にHPの高いボスと長時間の戦闘(長時間戦っててもリーダーが死んだらまた最初からなので相当なストレス)
1〜4までを50時間程繰り返すゲームです。 本来のRPGの醍醐味は皆無と言って良いでしょう…
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
自分も書きたくなりました。
ま、FFは10が最高に楽しかったので
それに近づけるのかどうかが
課題になっていると自分で勝手に思っています。

今回は酷評されていた「12」よりも面白くなかったですね。

ストーリーが陳腐というか、これはプロのシナリオライターを使わなかった
スクエニの怠慢というか、「顧客満足」について全く考えなかった結果でしょうね。
通常「社員満足」を追求すれば、「顧客満足」につながるだろうに
「社員満足」だけで終わった典型とおもいます。
でもこのストーリーでは社員も満足しないのでは?
もしかしてたった一人の満足のために作ったゲームなのでしょうか

グラフィックについては、
各キャラクターの「手」ガ非常に気になりました。
顔はすごく凝っているのに、「手」がグローブwwなんだから
「手」みると、女性の年齢がわかるし、女性の美しさがわかると知らなかったのでしょうかね
特にヴァニラが顕著です

しかも、登場人物の季節感を全く無視した服装
これも凄いですね。その場所は暑いのか寒いのか
それすら全くわからない。意味不明ですね

リーダーの召喚
...続きを読む ›
2 コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
ムービー、グラフィック、音楽について
素晴らしいです。
ロードに関してもストレスにならない程度に抑えてありますし
ムービーはシアター要素がないのは残念。12章の始めに流れるムービーは必見ですね、ヤヴァイです
バルトアンデルス以外のボス戦の音楽がいまいちなのは残念だった

メニューについて
レスポンスは快適そのもの
ステータス画面でキャラのムービーが一瞬流れる演出は素晴らしい

マップについて
11章までは一本道なのであまり使いません
□ボタンですぐに開けて確認できるのは便利
地図上のマークが色や形が似ていてぱっと見わかりずらいのは駄目だった
右上に表示されるミニマップは隠し通路や敵の位置も容易にわかるので便利
しかしこれを見ながらだと移動はほんとただの作業になる
SERECTボタンで消せるから消したほうがいいかも

ミッションについて
移動が実にかったるい。
ミッションの内容を確認してあっても受注するにはわざわざその冥碑のところまでいかなければならないし、
テレポートできる冥碑も少ないためとにかく走りまわされて馬鹿みたい
オブリビオンみたいなゲームが2007年に出て
...続きを読む ›
10 コメント 459人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー