Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
¥ 3,700 + 関東への配送料無料
在庫あり。 販売元: なご屋
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 商品状態★ 中古品  ★ケース・ディスク・取扱説明書付。★中古品となりますのでスレ、ヨレ、折れ、汚れ、ヘコみ、焼け、黄ばみなどの傷みおよび使用感がある場合がございますので予めご了承下さい。記載ない限り予約特典などは付属致しません。★ ※ご注文確定後2日以内に、『ゆうメール』にて発送させて頂きます。★※簡易クリーニングを施し、水漏れ防止梱包(簡易包装)にて発送いたします。★
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,400
+ ¥ 500 関東への配送料
発売元: トイフォレスト 【迅速発送!同一注文内、同梱可!正規品のみ】
カートに入れる
¥ 3,660
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: KAWADEN
カートに入れる
¥ 3,980
+ ¥ 800 関東への配送料
発売元: おもちゃのマツダ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ファイナルファンタジーXII(特典無し)
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ファイナルファンタジーXII(特典無し)

プラットフォーム : PlayStation2
1,152件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,247
価格: ¥ 3,700
OFF: ¥ 5,547 (60%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、なご屋 が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
  • 綺麗な状態です(当店画像参照)


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

ファイナルファンタジーXII(特典無し) + ファイナルファンタジー12 シナリオアルティマニア (SE-MOOK)
両方の価格: ¥ 5,243
ポイントの合計:  47pt (1%)

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000EOVS08
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2006/3/16
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1,152件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 2,701位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

商品の説明

RPG:スクウェアエニックス

Amazonより

※本商品には、特典「FFXII/iTunes Custom Card」は付きません。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

227 人中、189人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 t-hiro 投稿日 2009/5/25
 何度やってみても本当にもったいないと思います。
 グラフィック、世界観、世界情勢、音楽、新しいゲームシステムなど素晴らしいところはたくさんあります。ここまで作り込まれた“世界”を歩けるというだけでも素晴らしいゲームだと思います。(気が短い、早くクリアしたい、という方には向かないかもしれませんが。)
 しかし、やはりキャラクターの魅力が伝わらない、ストーリーが薄い、という感想は持ってしまいます。
 ただ、ストーリーの流れ、世界情勢と主人公パーティとのからみなどは、小説のようですごく面白いと思います。まずいのはイベントの見せ方だと思うのです。1つ1つの時間は短くてもいいから、キャラクターが生き生きとするようなイベントを、もっとたくさん盛り込んでほしかった。
 だとするとやはり、松野氏を降板させ発売を急いだためにせっかく作り込んだ世界を生かしきれなかった、という印象をもってしまいます。
 もう1年でも2年でも時間をかけて松野氏にイベントやガンビットシステムを作り込んでもらえたら、2度とお目にかかれないような素晴らしい作品になったような気がしてならない、松野氏が今後こんなに時間をかけて1つのゲームを作りこんでいくとは思えない、そう思うと本当に残念で仕方がありません。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
453 人中、368人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/7/11
別に懐古主義に走るつもりはありません。いつの時代も昔が輝くのは仕方ないこと。でも、今を見つめなきゃ昔から何かを得ることも出来なくなってしまう。

FF12はゲームとしてみたらそれほど悪いものではないと思います。新たな試みだってやってはいるし。

だけど違うんです。

RPGはお使いゲームです。それは事実。だから大事なのはそれを感じさせないよう「隠すこと」です。続きが気になるストーリー、キャラ、良質の音楽。様々な要素を使ってそれを隠すのがRPGです。

RPGのやりこみは中心じゃない。やりこみは作品を好きになったユーザーがもっとこの世界に留まりたいと思えた時のご褒美なんです。前面になるものではない。いくらやりこみがあっても、好きでもない作品では苦痛でしかない。

FFがいつの日か、これほど叩かれるようになったのはやはり画像のみが突出してしまったからでしょう。

でも、PS時代だってFFは画像の最先端でした。それこそ盆百のRPGが光を失うほどに。

でも今ほど叩かれてなかったのは他の要素も優れていたから。

音楽、ストーリーだって一級品だったからです。

私がFF9がスキで最近またやり始めたんですがやっぱりい
...続きを読む ›
5 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
506 人中、411人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/3/6
最近劇場アニメや大作(?)ゲームに良く見られる傾向なのですが、

プロの声優を使わずに芸能人や俳優を使うという流れがあります。

「プロの声優の場合、いままでやってきた役の印象が出てしまう」

という理屈はまあ許せます。

が、それならば少なくとも発声や演技の訓練を積んだ新人声優や

舞台俳優を使うべきなのではないのでしょうか。

今回FF12の主人公のCVはジュノンボーイの方が当てたそうです。

恐らく多少の演技指導を受けたのでしょうが、どう聞いても下手です。

何を思って大切な主役の声を素人の人に受け持ちさせようと考えたのでしょうか?

普段ゲームをしない女性に媚びたつもりなんでしょうか?

でも「あ、ジュノンボーイが声やってるからFF買おう」なんて思う人は

かなり少数だと思います。

少なくとも今までFFを買い続けてきたゲーマー層からは総スカンじゃないでしょうか?

こんなむちゃくちゃなことをするならいっその事声なんて無くして良いです。

今度から聞くに堪えない演技を収録する場合は消音の有無を付けてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
228 人中、185人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nobo 投稿日 2006/6/20
序盤でイベント後に何度か挿入されたオンドール回顧録が

後半ではまったく挿入されなくなる。こういった”アレは

どうなってしまったんだ?”的な伏線やキャラクターが

実に多い。

仲間が揃うまでの展開はワクワクさせられるが、全員一緒に

なってからは最後まで一緒に行動するせいで、物語の緩急が

なくなってしまっている。せめて、一旦バラバラにして、

別々に行動させれば(たとえばヴァンだけがはぐれて、

ラーサーと一緒に行動するとか)個々のキャラクターが

もっと深く掘り下げられたのではないか、物語にも

メリハリがついたのではないかと思う。

こういった消化不良な要素は、間違いなく製作に携わった

スタッフが変更されたせいの影響だと思われる。序盤の

モチベーションがどんどん落ちていく過程は、製作する側の

モチベーションと比例するので、それは受け取る側にも

間違いなく感じてしまう部分であると思う。これは作って

いるスタッフも感じているはず。

大人の事情が伝わってしまう作品でした。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー