この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スカーレット・ソード 単行本 – 2005/10/22


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「とりあえず、突撃!!」…戦塵吹き荒れる中、己の道を切り開けるのか?個性豊かなキャラクターが織り成す空前絶後の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山本/一郎
東京生まれ。個人投資家、プランナー。国際電気(現日立国際電気)などを経て、イレギュラーズアンドパートナーズ株式会社代表取締役。ビジネスからサブカルチャーまで幅広いジャンルにて、独自の文体を駆使した文章を多数執筆。ネット界では「切込隊長」として知られ、Blogサイト「俺様キングダム」において、日々、シャープな論陣を張りながら、多方面に火種を撒いている。また、大日本ビール党党首の横顔も持つ

伊藤/龍太郎
静岡生まれ。ゲームクリエイター。アトラスにて、「女神転生2」(ナムコ)の企画スタッフとして参画。「真・女神転生」、「真・女神転生2」、「真・女神転生if…」、「真・女神転生デビルサマナー」(以上、全てアトラス)の企画・シナリオを担当。アトラス退社後は、「正義の味方」(SCE)の原作・企画原案などで活躍。現在は、イレギュラーズアンドパートナーズ株式会社にて、ゲーム制作などに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 271ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2005/10/22)
  • ISBN-10: 479733133X
  • ISBN-13: 978-4797331332
  • 発売日: 2005/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,112,349位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 finrei 投稿日 2005/11/6
形式: 単行本
内容が薄いためさらりと読めるので暇つぶしにはよい。
しかし「狙って書いてますー」というあざとさが随所に見られ興ざめする。
ラストのまとめ方はうまいと思うが中盤がだらだらしてしまりがない。戦闘シーンの描写が90年代的テイストで(意図しているならいいけど)今風の小説と比べるとややたるい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/27
形式: 単行本
ライトノベルでこの値段は高いと思いながらも、エンターテイメント小説のようだったので手に取りました。
共著にありがちな文体の違いによるグダグダ感は特になく、仕上がりは良いように思います。文体は乱暴なようで描写は丁寧です。その分、戦闘シーンは冗長に感じ、テンポが悪いと思うかもしれません。何よりト書きのような脚本風の表現が随所に見られ、好みは分かれると思います。
ただ緊迫した状況で散らばって事態に直面している各登場人物の葛藤の描き方は新鮮で、言葉遣いが平易な分緊張感を持ちながらもすっと読めます。登場人物の書き分けなども良いです。
中年のまとめ役のキャラが隠れ主人公的で、主役やヒロインより魅力的な感じがします。言葉遣いは荒いけど根は親切、というあたりは読み進むほどにグッときます。
ライトノベル風の会話を楽しむというよりは、詳細な描写による世界観に浸るSFのように読むと良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/15
形式: 単行本
ネット系の文体が気になったものの、すんなり読めて良かったです。
雰囲気がTRPG全盛時代の定番ファンタジーに近い感じもしますが、
登場人物が濃いので悪い感じはしませんでした。
それと、値段がちょい高かったですねぇ。イラストも増やして欲しい。
これで続刊が出るのであれば文庫にして欲しいところです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/25
形式: 単行本
ライトノベルというよりは、軽妙なタッチのエンターテイメント小説。
複雑な表現がないので読みやすい。
中年の管理職がドタバタする若者たちをしめるあたりは自分の身に
置き換えて入り込んでしまう。
昔、ロードス島にはまった自分にはとても懐かしい感じがしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/30
形式: 単行本
さらっと読めてしまうファンタジー小説で、難解な謎解きもなければ小難しい表現もない。いわゆる文庫ライトノベルを多少エンターテイメント小説風にアレンジしたような感じ。
本格的な文芸を求める読者はついていけないだろうが、ゲームのノベライズやTRPGのリプレイ小説に馴染んだ読者にとっては入りやすい。好き嫌いがはっきり分かれる作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック