¥ 648
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジョーカーの国のアリス ~My Honey Children~ (講談社X文庫ホワイトハート) 文庫 – 2011/3/4


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ジョーカーの国のアリス ~My Honey Children~ (講談社X文庫ホワイトハート) + ジョーカーの国のアリス ~Sugary Love Stories~ (講談社X文庫ホワイトハート) + ジョーカーの国のアリス ~Romantic Second Love~ (講談社X文庫ホワイトハート)
合計価格: ¥ 1,922

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

クローバーの国にエイプリル・シーズンが到来。四季がごっちゃになった摩訶不思議なこの世界の理にもだいぶ慣れてきたアリスは、帽子屋屋敷に住み込みながら、門番の双子と遊ぶ日々を送っていた。そんななか、ナイトメアの思いつきで、雪祭りが開催されることに。「役持ち」たちが勢ぞろいして異例の盛り上がりを見せるのだが、ある事件が勃発!狙われるのは…。大人気ゲームのノベライズ。

登録情報

  • 文庫: 230ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/3/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062866714
  • ISBN-13: 978-4062866712
  • 発売日: 2011/3/4
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 431,949位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sei 投稿日 2011/3/8
形式: 文庫
※ネタバレありでお願いします。

前回の短編集でピアスとセットでチラッと出て来たので、もしかしたらもう双子メインのお話は出て来ないのでは…と危惧していただけに、双子メインなお話が出て来てホクホクです。
ただ、今回は鞘当て役(?)のグレイは、本当にただ若い人達の恋を見守る大人役といった感じで、特にライバル云々といった感は全然ありませんでしたが。
ゲームの方 と違って、あまり二人一緒に好きになる罪悪感ですとか、見分けがつかない事への申し訳なさですとか、そういった事は省いているようでした。
…まあ、そこまでやったら一冊では収まりきらないでしょうしね…(汗)
大人な恋とは比較したかったのか、色々と問題がある感が多い筈な割りには(年齢とか人数とか…)本当に可愛らしい恋、という感じでした。
…まあ、あくまで双子を相手にした割には、ですが…(笑)
ジョーカーの国の話でしたけれども、監獄云々なんかも、今回はチラッと出て来る程度、という感じで。
どちらかというとオマケ的要素な感じでした。
ただ、本の中では、ゲームとは違ってアリスの方から決別したのは(まあ、あくまで一時的には、ですが)新しかったかな、と。
何時も何処かで新たな要素を取り入れて書いている魚住さんですが、今回はそこの所が新しかった
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 未佐緒 投稿日 2011/3/6
形式: 文庫
今回お相手は双子のディーとダムです。
文章から危ない色気が漂ってきます。
双子好き、魚住さんの文章が好きなら是非とも読んで堪能し、酔って下さい。
今回はオリジナル要素、帽子屋と敵対する的の組織が出てきます。
子供の人身売買をする組織なので、アリスが双子を心配するのですが。

自分は大人だと思うアリス。
子供だから何でも許されるという双子達。
この境界線が、時としてあやふやなので読んでいて、はらはらとさせられます。

大人にならないで欲しいというアリスの願いとは反対に双子は大人になってお姉さんに認めて欲しい。
グレイやナイトメア、ボリスにエース。
アリスと仲の良いとこを見るたびに怒って喧嘩をふっかける双子は子供なのか、いや、本当は彼女が思うほど子供ではないのかと思います。
今回ナイトメアの雪像作りにグレイがかなり、がんばっています。
不器用ななりに。

グレイの双子に対する態度をアリスは大人だと言うのですが。
それは昔の素行の悪さが関係しているから凄くいい人になった。
ように見えるんだろうなと伺わせるシーンもあります。
蜥蜴好きには意外な一面が見れるのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 ぱんだ 投稿日 2012/12/6
形式: 文庫 Amazonで購入
商品状態もよくとてもよかったです!^^
本もとてもおもしろいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック