Amazon Kindleでは、 ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重
 
その他のイメージを見る
 
1分以内にKindleで ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 [単行本]

増田 晶文
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
ポイント:51pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,728  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 + 新島襄の手紙 (岩波文庫) + 新島襄自伝――手記・紀行文・日記 (岩波文庫)
合計価格: ¥ 3,802
ポイントの合計:  51pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

ジョーには夢があった。日本初の私立大学設立という、大きな夢が。
明治初頭、日本の青春期に誕生した偉大なる教育者。鎖国最中にアメリカに渡り、後に同志社大学を設立する新島襄の姿を、その愛弟子にして日本初のジャーナリスト・徳富蘇峰は見守り続ける。ライバルは、慶應義塾大学設立を目指す福澤諭吉。ハンサムな妻・八重(2013年大河ドラマ「八重の桜」主人公)に支えられ、襄の夢は明治を駆け抜ける。

内容(「BOOK」データベースより)

三百年先の日本のために。激動の時代を貫いた、愛と夢の物語!鎖国の最中に渡米し、帰国後、同志社大学設立を目指した新島襄。愛弟子の徳富蘇峰、ハンサムな妻・八重に支えられ、「ジョーの夢」は明治を駆け抜ける。

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062180715
  • ISBN-13: 978-4062180719
  • 発売日: 2012/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 599,006位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 なんと熱い人生! 2012/12/17
投稿者 マママ
形式:単行本|Amazonで購入
同志社設立に持てる情熱のすべてを捧げた新島襄の人生を追った本書。なんとなく堅物をイメージしていましたが、新島の熱いこと熱いこと。新島の頬には刀傷があったそうだが、その傷からして、「この世の中を何とかするには、いまのままではだめだ!」と思ったことがきっかけになっている。詳しい理由は、読んでもらいたいのだが、とにかく思い込んだら突っ走る、鎖国の法もなんのその。こういう熱い男がいなくなったから日本はどんどんダメになったんだろうなぁと思わされました。彼を支える人物たちも、非常にチャーミングで筋が通っています。来年の大河の主人公にもなっている襄の妻も、毅然としていて、かっこいい! 綾瀬はるかさんが演じるそうですが、実物はもっとどっしりしていたようです(笑)。
お金がなくても情熱があれば、なんでもできるんだなぁと実感。そして、夢の実現には、なにより健康が第一だということも…。
ナニカが出来ないことにいろんな言い訳している暇があったら、行動あるのみだ!と改めて実感しました。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 明治にも清々しい夢追人があった 2013/1/13
投稿者 かくぞう
形式:単行本|Amazonで購入
幕末から明治にかけて夢を追った新島襄、徳富蘇峰を中心とした物語。
 この時期の人物を描く小説には兎角、調子の良い、いわば大人の講談本が
多いと感じるが、本書はその類にあらず。にも関わらず熱く、そして清々し
い人物描写は見事。
 大河ドラマのバックストーリーとして読むのも妙かもしれない。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 大志と情熱 2013/1/9
投稿者 大島和己
形式:単行本|Amazonで購入
現代人に徳富蘇峰、新島襄のように大志と情熱を持つことが出来るだろうか?
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック