Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard summer_Bike ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Kindleストアでは、 ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 を、Kindle無料アプリまたはKindle電子書籍リーダーで今すぐお読みいただけます。Kindle電子書籍リーダーの 詳細はこちら
¥ 1,728
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ジョー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重 単行本 – 2012/11/29

3件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジョーの夢 新島襄と徳富蘇峰、そして八重
  • +
  • 新島襄自伝――手記・紀行文・日記 (岩波文庫)
  • +
  • 新島襄の手紙 (岩波文庫)
総額: ¥3,802
ポイントの合計: 75pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

三百年先の日本のために。激動の時代を貫いた、愛と夢の物語!鎖国の最中に渡米し、帰国後、同志社大学設立を目指した新島襄。愛弟子の徳富蘇峰、ハンサムな妻・八重に支えられ、「ジョーの夢」は明治を駆け抜ける。

著者について

増田 晶文
増田晶文(ますだ・まさふみ)
1960年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業後、会社員を経て文筆業に。1998年、「果てなき渇望」でナンバー・スポーツノンフィクション新人賞を受賞。同作は2000年に刊行され、Numberベストスポーツノンフィクション単行本部門第1位に選出された。同年、「フィリピデスの懊悩」(『単行本時に『速すぎたランナー』に改題)で小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。
他の著書に『お笑い芸人就職読本』『吉本興業の正体』『父と子の中学受験合格物語』『プロフィール』などがある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062180715
  • ISBN-13: 978-4062180719
  • 発売日: 2012/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 544,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マママ 投稿日 2012/12/17
形式: 単行本 Amazonで購入
同志社設立に持てる情熱のすべてを捧げた新島襄の人生を追った本書。なんとなく堅物をイメージしていましたが、新島の熱いこと熱いこと。新島の頬には刀傷があったそうだが、その傷からして、「この世の中を何とかするには、いまのままではだめだ!」と思ったことがきっかけになっている。詳しい理由は、読んでもらいたいのだが、とにかく思い込んだら突っ走る、鎖国の法もなんのその。こういう熱い男がいなくなったから日本はどんどんダメになったんだろうなぁと思わされました。彼を支える人物たちも、非常にチャーミングで筋が通っています。来年の大河の主人公にもなっている襄の妻も、毅然としていて、かっこいい! 綾瀬はるかさんが演じるそうですが、実物はもっとどっしりしていたようです(笑)。
お金がなくても情熱があれば、なんでもできるんだなぁと実感。そして、夢の実現には、なにより健康が第一だということも…。
ナニカが出来ないことにいろんな言い訳している暇があったら、行動あるのみだ!と改めて実感しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かくぞう 投稿日 2013/1/13
形式: 単行本 Amazonで購入
幕末から明治にかけて夢を追った新島襄、徳富蘇峰を中心とした物語。
 この時期の人物を描く小説には兎角、調子の良い、いわば大人の講談本が
多いと感じるが、本書はその類にあらず。にも関わらず熱く、そして清々し
い人物描写は見事。
 大河ドラマのバックストーリーとして読むのも妙かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 大島和己 投稿日 2013/1/9
形式: 単行本 Amazonで購入
現代人に徳富蘇峰、新島襄のように大志と情熱を持つことが出来るだろうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック