ARRAY(0xad400ad4)

ジョン・ケイル

 

Top MP3ダウンロード:John Cale
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 301
  曲名 アルバム
収録時間
 
Living With You (Laurel Halo Remix) Living With You
6:36
All Summer Long All Summer Long
4:07
Sandman (Flying Dutchman) All Summer Long
3:43
Paris 1919 In Their Own Words, Vol. 2
3:40
Close Watch (Live, Grugahalle Essen 14.10.19) Live At Rockpalast (Live at Zeche Bochum 06.03.1983 & at Grugahalle Essen 13./14.10.1984)
2:38
Truck Parking Lot at Night Le Vent de la Nuit (Bande Originale du Film)
0:59
The Seine at Night Le Vent de la Nuit (Bande Originale du Film)
1:30
Zen (Live) Circus Live
5:43
Andalucia Paris 1919
3:54
Part 5 The Unknown
7:31

ジョン・ケイル の画像
アーティストまたはその代理人から提供されています

バイオグラフィー

ウェールズ生まれのジョン・ケイルは、無名ながらもアメリカン・ロック・シーンに影響を与えた人物。彼はクラシック音楽の天才としてレオナード・バーンスタインや アーロン・コープランドの注目を浴び、ブライアン・イーノ、ザ・ストゥージズ、ジョナサン・リッチマン、パティ・スミスと共演して、ニューウェイヴ/パンクロック・ムーヴメントを巻き起こした。また、ルー・リードにクビにされるまでは、ヴィオラ奏者としてヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーだったのだ。
彼のソロ作品のほとんどは、ジョン・ケージよりもニック・ドレイク寄りといえるだろう。感受性の強いソングライターだが、暗く芸術的な切り... 続きを読む

ウェールズ生まれのジョン・ケイルは、無名ながらもアメリカン・ロック・シーンに影響を与えた人物。彼はクラシック音楽の天才としてレオナード・バーンスタインや アーロン・コープランドの注目を浴び、ブライアン・イーノ、ザ・ストゥージズ、ジョナサン・リッチマン、パティ・スミスと共演して、ニューウェイヴ/パンクロック・ムーヴメントを巻き起こした。また、ルー・リードにクビにされるまでは、ヴィオラ奏者としてヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーだったのだ。
彼のソロ作品のほとんどは、ジョン・ケージよりもニック・ドレイク寄りといえるだろう。感受性の強いソングライターだが、暗く芸術的な切り口のせいでメインストリームでの成功は難しそうだ。彼の鋭い感性は他のミュージシャンとの共演によって前面に押し出される。そして、耳ざわりの良いメロディを奏でる責任から開放されたとき、ケイルの才能もワイルドに羽ばたいてゆく。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

ウェールズ生まれのジョン・ケイルは、無名ながらもアメリカン・ロック・シーンに影響を与えた人物。彼はクラシック音楽の天才としてレオナード・バーンスタインや アーロン・コープランドの注目を浴び、ブライアン・イーノ、ザ・ストゥージズ、ジョナサン・リッチマン、パティ・スミスと共演して、ニューウェイヴ/パンクロック・ムーヴメントを巻き起こした。また、ルー・リードにクビにされるまでは、ヴィオラ奏者としてヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーだったのだ。
彼のソロ作品のほとんどは、ジョン・ケージよりもニック・ドレイク寄りといえるだろう。感受性の強いソングライターだが、暗く芸術的な切り口のせいでメインストリームでの成功は難しそうだ。彼の鋭い感性は他のミュージシャンとの共演によって前面に押し出される。そして、耳ざわりの良いメロディを奏でる責任から開放されたとき、ケイルの才能もワイルドに羽ばたいてゆく。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

ウェールズ生まれのジョン・ケイルは、無名ながらもアメリカン・ロック・シーンに影響を与えた人物。彼はクラシック音楽の天才としてレオナード・バーンスタインや アーロン・コープランドの注目を浴び、ブライアン・イーノ、ザ・ストゥージズ、ジョナサン・リッチマン、パティ・スミスと共演して、ニューウェイヴ/パンクロック・ムーヴメントを巻き起こした。また、ルー・リードにクビにされるまでは、ヴィオラ奏者としてヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーだったのだ。
彼のソロ作品のほとんどは、ジョン・ケージよりもニック・ドレイク寄りといえるだろう。感受性の強いソングライターだが、暗く芸術的な切り口のせいでメインストリームでの成功は難しそうだ。彼の鋭い感性は他のミュージシャンとの共演によって前面に押し出される。そして、耳ざわりの良いメロディを奏でる責任から開放されたとき、ケイルの才能もワイルドに羽ばたいてゆく。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら