通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス) コミック – 1987/8

5つ星のうち 4.8 54件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ジョジョの奇妙な冒険 (1) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • ジョジョの奇妙な冒険 (2) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • ジョジョの奇妙な冒険 (3) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

19世紀末、英国貴族、ジョースター卿は恩人の息子、ディオを養子にする。だがディオは本当の息子、ジョナサン(ジョジョ)を退け、財産の横取りを計画。謎の石仮面でジョジョを殺そうとする。


登録情報

  • コミック: 186ページ
  • 出版社: 集英社 (1987/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088511263
  • ISBN-13: 978-4088511269
  • 発売日: 1987/08
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ジョースター家の奇妙なお話が幕開けする記念の物語です。

この巻ではまだ石仮面が動き出しておらず、

ジョナサンとディオの関係が深く描かれています。

この巻でぜひ注目して欲しいのは、後に闇の帝王となるディオの

はっきり言って小者くさい嫌がらせやちょっと殴られただけで流す涙・・・ではなく、

ジョナサン・ジョースターの人間性です。

後のジョジョは、紳士とはほど遠い人柄だったり不良だったり

ヘンな髪型のあぶねーやつだったりギャングだったり脱獄犯だったりですが、

彼、彼女らに根付いている正義の意思は、間違いなくこの紳士

ジョナサン・ジョースターから受け継がれたものです。

不気味で爽やかな最初のジョジョの青春を、映画のように描いた第一部。

5巻程度とジョジョにしては短いので、ぜひ読んでみてください。
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 ジョジョの奇妙な冒険は現在第6部まで(80巻)話が進んでいます。第3部から「スタンド」と呼ばれるものが登場します。これは著者が超能力というものを絵(イメージ)であらわしたものです。この本はスタンドが登場する前の第1部、ディオの登場から始まります。記念すべき第1巻です。ディオほど魅力的でカッコイイ悪役は他に知りません。主人公より迫力があります。このころのジョジョは頭脳戦よりも肉弾戦が多くて著者の描く絵に迫力があります。パワーがあります。この本ではないのですが、3~4巻あたりに吸血鬼と化したタルカスと戦うシーンがあります。師匠からエネルギーをもらった直後のジョジョは凄まじい迫力です。全巻のなかで最高のパワーを感じました。ジョジョの奇妙な冒険は最初から読まないと話がよくわかりません。この1巻から順番に読んで楽しんでください。荒木飛呂彦先生の創造力に驚かされるでしょう。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
スタンドの原点

ジョジョは3部作目が個人的に一番気に入っているんですが
ジョースター家とディオの因縁、「波紋」という斬新な発想や、
それが進化したスタンドの原点は全てここから始まるのです。
是非読んでもらいたい一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「ジョジョの絵は気持ち悪い」とか、「見にくい」とか、よく聞くけど、だまされたと思って1巻から読んでみて!!!あの絵のカッコ良さ、奇妙なキャラ達の面白さがきっと分かります!!!絶対はまりますよ!!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
久しぶりに読みました
ページをめくる手が止まらない・・
一気に読んじゃいますね
あんな昔にこんなの作品を書ける作者さんを尊敬します
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙を飾っているディオとジョナサン
そしてダニー

泣いた
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最近になってふと読み直したら大ハマリ中。
二十年も昔の漫画なのに、まったく古さを感じさせない、それどころかとてつもなく新しい。絵もキャラもストーリーも何もかもがカッコイイ、の極みです。膨大なキャラクターも主役サイドはもちろん悪役に至るまで(それどころか通行人や動物に至るまで!)全員とんでもなく魅力的で、何度読み返しても飽きません。こんな物凄い漫画を長年に渡って描き続けてる荒木先生は本当に人間なのか?とさえ思います。
文庫版も出ていますが、やはり表紙絵が美しいコミックス版を推します。
アーティスティックでありながら大衆娯楽的、いい意味で分かりやすいのがジョジョの最大の魅力だと思うので、コミックスという形態はそれに相応しいように思います。背表紙も楽しい。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 じわじわと読者を獲得してゆき、ジャンプ黄金期には『ドラゴンボール』とは全く違う方向性で屋台骨を支え、氷河期ともいってもいいジャンプの迷走時には唯一といってもいいほどの作品の質で読者離れを限界ギリギリで押しとどめた作品。個人的に荒木飛呂彦というマンガ家は週刊少年ジャンプにおいて鳥山明と同レベルの貢献をなしていると思う。
 確かに内容が濃厚すぎて読者を限定してしまった部分もあるかもしれない。しかし、第六部にあたる『ストーン・オーシャン』と第七部に当たる『スティール・ボール・ラン』を含めて85巻(2005年9月時点)まで描き続けられたのは鉄板ともいうべき固定読者がいるからだ。
 だからといって、全ての読者に受け入れられるわけではない。ただ、ある種の人間にとっては強烈な刺激を与えるのが『ジョジョ』なのだ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック