Amazon Kindleでは、 ジャーナリズム崩壊 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
 
 
1分以内にKindleで ジャーナリズム崩壊 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書) [新書]

上杉 隆
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (71件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 799 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 703  
新書 ¥ 799  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書) + 記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争 (小学館101新書) + 新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか (PHP新書)
合計価格: ¥ 2,333

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本の新聞・テレビ記者たちが世界中で笑われている。その象徴が日本にしかない「記者クラブ」制度だ。メモを互いに見せ合い同じカンニング記事を書く「メモ合わせ」、担当政治家が出世すれば自分も出世する歪んだ構造、権力におもねり掴んだ事実を報道しない体質。もはや新聞・テレビは権力をチェックする立場と国民に知らせる義務を放棄したも同然である。恐いもの知らずのジャーナリストがエリート意識にこりかたまった大マスコミの真実を明かす、亡国のメディア論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上杉/隆
1968年福岡県生まれ。NHK報道局勤務、衆議院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ東京支局取財記者を経て、2002年よりフリーランスのジャーナリストとして活動。NHK勤務に関し経歴詐称を取り沙汰されるが、東京地裁が認定した二年超の勤務実態を根拠に反撃。中傷にも屈しない打たれ強さに定評がある。徹底した取材と精緻な分析で、記事・作品を発表するたび永田町が震撼する気鋭のジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 234ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/07)
  • ISBN-10: 4344980883
  • ISBN-13: 978-4344980884
  • 発売日: 2008/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (71件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 112,655位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
本書が書かれた2008年当時、記者クラブの弊害については既に多くの批判があったはずだが、それはともかく、筆者の指摘はまさにその通りで、現在もそれが一向に改められていない現実には、暗澹とせざるを得ない。
今後も、上杉氏の活躍には期待したい。

ところで、氏が手本として上げるのはニューヨークタイムズであるが、その「イラク検証報道」(p204)については、相当違和感を感じる。
確かに、自らの過ちを認めその検証報道を行った同紙の対応は、日本の新聞にはなかなか見られないものであるのは確かだろう。
しかし、罪もないイラクの人たちを滅茶苦茶に殺してまわり(それを支持にしておいて)、イラク攻撃も終わった段階で、あれは間違いでした、といっても、ちゃんちゃらおかしい。失われた多くの命は戻らない!、それがなんだ!、イラクの人たちは怒るだろう。
この検証が立派だというのは、このイラク戦争でアメリカ軍に殺されなかった人間のいうことである。

蛇足だが、氏は海外のメデイアが日本に比べていかに優れているか、を書いているのだが、この場合、海外=アメリカである。「海外のメデイア」というなら、フランスもイタリアもザンビアもシリアも中国も北朝鮮も検証しなければならない。海外=アメリカという発想は、外人=アメリカ人、外人=英語を話す、みたいな幼稚な発想である。
このレビューは参考になりましたか?
65 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By birdsong トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:新書
個人的なエピソードをまじえながら、日本の新聞やテレビ局にはジャーナリズムがないことを見せつけていきます。特に、その現れとして署名記事の欠如と記者クラブの弊害を繰り返し採り上げています。記者が個人の責任として記事を書くことがなく、じゃあ新聞社が責任をとるかというとそうでもない。結局、それなりの数の新聞やキー局があっても、すべて政府の子飼となって報道機関じゃなく宣伝機関となってしまっているというわけです。

もう新聞の時代もテレビの時代も終わりだと思っていましたが、このような惨状を読むと、少なくとも日本では、新聞やテレビの<自滅>なのだと思わざるをえません。
このレビューは参考になりましたか?
52 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
 いやぁ、ますます新聞を読むのが情けなくなる。

 話には聞いていたが、日本の新聞記者やテレビの記者は「記者クラブ」という村社会に守られて、ぬくぬくと手をつないで情報を「共有」しながら仕事をしているのだ。なんと。
 著者が告発している「メモ合わせ」という会見後のお友達仕事は、各社の記者がみんなで内容を確認しあっているというではないか。スクープで抜かれることが怖いのだ。だから、えてして政治家の汚職などは社会部の記者から出てくるものなんだそうだよ。

 自分の担当の政治家が出世すれば、すなわち自分の政治部内での地位も上がるために、その政治家に気にいてもらえるような記事しか書けなくなる。そんなことも聞いてはいたが、公僕であり、国民の税金を使って送り出している政治家を、木鐸である新聞が監視をできるわけはない。馴れ合いもはなはだしいのだぁ!

 その日本独特の制度「記者クラブ」は、国際的にも非常に評判が悪いらしい。何度もその「村社会」をオープンにするように勧告さえ受けている。村社会を守るために新聞社とテレビ局を中心とした会員以外には解放していない。だから、週刊誌やマイナー新聞、そして何より、著者のようなフリーランスのジャーナリストは記者会見場に入ることや、質問をすることを一切許されていないのだそうだ。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 太郎
形式:新書
筆者の言う事を前向きに捉えると、問題を抱えた記者クラブも確かにある。
ただし、すべての記者クラブに共通する問題点を明らかにするのは難しい。
言ってしまえば記者クラブは国会、官庁、地元の県庁から市役所、警察、経済団体までどこにでもある。
色や風土が異なるそれぞれの記者クラブがそれぞれで活動しているのだから画一的な批判はできない。
「どの記者クラブの」「どの点が」問題なのかを明らかにしない限り、本来批判は成立しないのである。
まがりなりにもジャーナリストであった(らしい)のだからこの点はしっかりしてもらいたかった。
この本を読んだところで「記者クラブはけしからん!」という画一的な受け答えをする読者を作るだけである。
どの記者クラブの、どの点が問題なんですか?と聞かれた時、それに答える事ができる知識を本書は提供しない。
仮に提供されていたとしても、それは一部の記者クラブの事であり、それが「記者クラブ全体」への批判には繋がらない。
ジャーナリズムに警鐘を鳴らす志は理解できる。だからこそ読者にとって誠に有用な内容にすべきである。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 痛烈な批判
読んでいて納得する部分も勿論あったのですが、表現があまりにも過激でだんだん苛立ってきたので読むのを放棄しました。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: あやの
5つ星のうち 4.0 日本にジャーナリズムは存在しない。
この本を読んで、やはり日本にジャーナリズムは存在しないとあらためて確信しました、やたら特権意識が強く主張に決して体を張る事は絶対ありません(笑)。瓦版なら瓦版のプ... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: ソララトフ
5つ星のうち 5.0 記者クラブ制度は情報独占
... 続きを読む
投稿日: 2012/5/15 投稿者: 寺岡伸章
5つ星のうち 4.0 現代マスコミ入門
去年の3.11以降メディアの発信する情報になんとなく違和感を感じるようになってしまい、手にとった。... 続きを読む
投稿日: 2012/2/10 投稿者: monozuki
5つ星のうち 4.0 一般人のための超辛口新聞入門
早朝のFM番組で時折ニュース解説をする上杉氏の落ちついた語り口調が好きで、たまたまこの本を目にし手にとってみました。... 続きを読む
投稿日: 2012/2/7 投稿者: 朝犬
5つ星のうち 4.0 日本発 報道規制
中国の電車追突事故の報道規制に物申すキャスターは多くいたが、自国のことはどう思っているのだろう。気付いていないのか、目を逸らしているのか。本書では手厳しく日本ジャ... 続きを読む
投稿日: 2011/8/8 投稿者: nmocha
5つ星のうち 3.0 日本のジャーナリズムの問題点と愚痴
護送船団方式で横並びな報道しかしないマスコミの現状を
以前より疑問に思っていたため、評価の高かった本書を手に取った。... 続きを読む
投稿日: 2011/7/25 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 3.0 結局、日本のジャーナリズムはどうなる?
事実を知りながら報道しない政治記者/担当する政治家が出世すれば自分も出世/国民ではなく権力側に寄り添う新聞/メモ合わせをする記者/自由な言論を許さないメディア/記... 続きを読む
投稿日: 2011/3/23 投稿者: & co.
5つ星のうち 4.0 レームダック状態の日本ジャーナリズム
もし、毎日見たり、読んだりしている、新聞やテレビのニュースが真実でなかったり、事実を歪曲していたら、我々受け手は何を信じて正しい情報とすればよいのか。... 続きを読む
投稿日: 2011/1/24 投稿者: 門司 薫
5つ星のうち 5.0 日本のジャーナリズムの問題点をえぐる良書
久しぶりにジャーナリズムの「正論」をジャーナリストから
読ませてもらった。... 続きを読む
投稿日: 2010/11/30 投稿者: 真実一路
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック