Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ジャパニズム02
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ジャパニズム02 [単行本(ソフトカバー)]

安倍晋三 , 青山繁晴 , 宮嶋茂樹 , すぎやまこういち , 西尾幹二 , 西部 邁 , 清水慎治 , 上杉隆 , 井上和彦 , 富岡幸一郎 , 業田良家 , 杉原志啓 , 山際澄夫 , 山野車輪 , 山村明義 , 桜林美佐 , 山口敏太郎 , 西村幸祐
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,008 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
19点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ジャパニズム02 + ジャパニズム + ジャパニズム03
合計価格: ¥ 3,024

選択された商品をまとめて購入
  • ジャパニズム ¥ 1,008
  • ジャパニズム03 ¥ 1,008

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

【巻頭特集】 不肖・宮嶋 『自衛隊みちのく戦記』…宮嶋茂樹
伊勢神宮…中野晴生
【独占インタビュー】 安倍晋三の逆襲…元内閣総理大臣 安倍晋三
【特別インタビュー】アニメーションの文化力は、日本の力だ…東映アニメーションプロデューサー 清水慎治
【特別座談会】日本復活の条件…西尾幹二+古谷博司+富岡幸一郎+西村幸祐
【総力特集●菅政権メルトダウン権力とメディアの罠】 原発事故の真相と責任…青山繁晴
隠蔽と洗脳からの脱却を・・・上杉隆
震災を喰いものにする菅政権…宇田川敬介
浜岡原発を止める理由…水野誠一
原発事故が天災から人災に変わった瞬間…青木文鷹
福島県飯舘村、のどかな風景と「避難」のギャップ…荒木和博
【感動レポート】謝謝台湾計画 …木坂麻衣子
日本人への手紙…哈日杏子
【緊急特集●終わらない東日本大震災】
自衛官諸君に捧ぐ…宮嶋茂樹
【座談会】日本人が被災地から学ぶべき未来とは …荒谷卓+ 宇都隆史+ 葛城奈海+ 山村明義
警察医の見た検死現場と津波被害…佐藤保生
尊敬に値する国であり続けるために…前駐ウクライナ大使・馬渕睦夫
被災者の声で綴る 平成の「みちのく御巡幸」…有村吉博
【コラム】
おまけコラム●えりちゃんとじろうさん…KAKERU
まんが●『平和戦隊 ショクザイジャー』…山野車輪
4コマまんが ・上を向いて笑おう…業田良家
【風評検証】 気になる話題の虎の巻
レポート●亡国の遊技「パチンコ」を日本から追い出すために
政党ファイル … 民主党・鷲尾英一郎/みんなの党・柿沢未途/幸福実現党・ついき秀学
探訪記●アニ漫聖地巡礼…古谷経衡
随筆●川端康成と三島由紀夫…西 法太郎
コラム●大震災前後神社仏閣の周辺で起きたちょっと不思議な話…江端希之
党首インタビュー● ビジョンなき政治の迷走は新しい力が変革する…ついき秀学
レポート●テキサス親父日本への思いを語る
コラム●匿名批評『天気晴朗』◎ 秋元康は拝金主義のアイデアマン
【警鐘特集●見えない日本の危機】 尖閣侵略事件を忘れるな!…山際澄夫
アメリカの中の香港…河添恵子
自衛隊よ、原発防衛に就け!…榊原智
エコテロリスト シー・シェパードの策 謀…佐々木正明
【連載】平成日本への伝言…すぎやまこういち
新・二十一世紀からの思索…西部 邁
神々のおたわむれ…山口敏太郎
安全保障ウォッチ…井上和彦
明治快人伝…杉原志啓
パワースポットの先にあるもの…山村明義
新・女流国防論…桜林美佐
新・反日マスコミ観察記…宮島理
新・名著再発見…岩田温
仏教スーパースター列伝…星飛雄馬
愛国的アニメ論…古谷経衡
里地里山見聞録 …寄本好則
書評●これを読むべし!…三浦小太郎

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 213ページ
  • 出版社: 青林堂 (2011/6/25)
  • ISBN-10: 4792604362
  • ISBN-13: 978-4792604363
  • 発売日: 2011/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 100,297位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 bozo VINE メンバー
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
表紙に「安倍晋三の逆襲」と有りますがたった6ページ。
しかも中身は菅直人の批判。どこが逆襲なの?
もっと壮大なプランを打ち出すのかと思いきや、残念な限り。

あ、これはキャッチコピーを考えたライターの責任だったね。
それに引っかかった私が悪い。

発売時期が2011年6月という事も有り、内容の2/3が震災関連です。

国防関連記事が今後増える事に期待 って所でしょうか?
このレビューは参考になりましたか?
51 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 収穫もあったけれど 2011/7/17
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
まず、表紙についてです。今回は夕暮れ時。セーラー服に身を包み、建物の屋上の縁に座り、こちらを向いて微笑む少女。その表現は「大丈夫だよ。」と言っているようです。

今号には収穫もあったけれど、不満もありました。

最大の収穫は、KAKERU氏の「えりちゃんとじろうさん」における討論の見方です。注意しなければならないことは何か、など大いに参考になりました。

他に良かったのは、すぎやまこういち氏の「平成日本への伝言」です。大臣と官僚の関係はオーケストラに似ている、とは上手いこと言うなぁと思いました。

もうひとつ。木坂麻衣子さんの「謝謝台湾計画」。またまた日本政府は台湾を軽視したのですね。いわゆる「特定アジア」はいつも大きく取り上げるのに。

で、唯一の不満はと言うと・・。

「安倍晋三の逆襲」。表紙に大きく書かれているのに、たったの6ページだけ。少々期待外れでした。

最後に一言。私も習慣読書人様と同意見です。本誌が劣化版WiLLとはとんでもないミスリードです。編集長が西村幸祐氏なので「撃論ムック」に近い感じでしょうか。
このレビューは参考になりましたか?
66 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 紙面作りは丁寧に 2011/7/4
投稿者 化坊主
形式:単行本(ソフトカバー)
隔月の新保守雑誌ということで、表紙にも惹かれ、興味を
持って読ませてもらいました。

創刊号も読んでの感想は、やっぱり劣化版「WiLL」という
感じは否めません。特にこの雑誌だからこそという目玉は
見受けられませんね。漫画やアニメを絡ませた記事も有りま
すが、そもそもそういった記事が読みたければ、いくらでも
秀逸な専門誌があるわけです。

ちょっと個人的には期待外れでした。

また、雑誌の内容と関係のないことですが、兎に角誤字脱字が
多いです。創刊号の時も多かったのですが、今号も多い。
ざっと目についただけで10箇所以上ありました。流石にこれは
多すぎる。「自由主義」が「時諭主義」になってるのを見た時は
もしかして自分の知らない言葉なのかと思い、検索してしまいましたよ。
このレビューは参考になりましたか?
46 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 期待通り!今後が楽しみです。 2011/7/16
投稿者 習慣読書人
形式:単行本(ソフトカバー)
表紙に関する意見が色々あるようですが、新しい試みは必ず毀誉褒貶にさらされます。私はこの路線も評価しますが、もっと他のデザインにもチャレンジして欲しいと思います。

編集内容には大変満足です。それは、編集方針が従来のオピニオン誌と明らかに一線を画しているからです。いわゆる「保守系」言論誌には絶対に登場できない人たちが結構面白い文章を見せてくれます。
ですから「WiLL」の劣化版(笑)という誹謗中傷は全く当たらないと思います。むしろ西村幸祐氏の幅広い人脈やニュートラルでフレキシブルな編集姿勢に驚かされます。

もちろん、試行錯誤の中にはどうかな?と疑問を感じるものもありますが、既存のメディアに飽きた人やこれまでオピニオン誌を手に取ったことのない人たちに向けて、ある意味戦略的な編集方針ではないかと思います。
たとえば、上杉隆氏の記者クラブ批判記事や水野誠一氏の浜岡原発の記事を読みたい人にとって、安倍元総理のインタビューは普通なら目に触れない異種の記事ですが、一読して目から鱗という人もいるかも知れません。
とにかく、自著の執筆にしろ編集にしろ、いつもチャレンジグな姿勢で新しいコンセプトに立ち向か西村幸祐氏に敬意を表します。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック