Androidアプリストア AmazonBabyPrecious Amazonポイント Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss The 58th Grammy Awards 2016年春夏新作shoes&bag Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 花粉対策特集 home コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア
『ジグβは神ですか Gシリーズ (講談社ノベルス)』を、Kindle無料アプリまたはKindle電子書籍リーダーで今すぐお読みいただけます。 Kindle電子書籍リーダーは こちらから購入いただけます。

Would you like to see this page in English? Click here.

このタイトルは現在ご購入いただけません
選択した商品の在庫はありません
選択したカラーの画像がありません。
カラー:
画像がありません。
 

ジグβは神ですか Gシリーズ (講談社ノベルス) [Kindle版]

森博嗣
5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)

現在ご利用いただけません。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
文庫 ¥ 788  
第154回芥川賞・直木賞発表
芥川賞は『異類婚姻譚』、『死んでいない者』、直木賞は『つまをめとらば』に決定。 受賞&候補作品一覧 へ
【芥川賞・直木賞特集】 第154回芥川賞は『異類婚姻譚』『死んでいない者』、直木賞は『つまをめとらば』に決定。 受賞&候補作品一覧はこちら


この商品を買った人はこんな商品も買っています

ページ: / 最初に戻る
このショッピング機能では、継続して項目が読み込まれます。このカルーセル外にナビゲートするには、見出しのショートカットキーを使用して、次または前の見出しに移動してください。

商品の説明

内容紹介

芸術家たちが自給自足の生活を営む宗教施設・美之里。夏休みを利用しそこを訪れた加部谷恵美たちは調査のため足を運んでいた旧知の探偵と再会を果たす。そんななか、芸術家の一人が全裸で棺に入れられ、ラッピングを施された状態で殺されているのが発見される。見え隠れするギリシャ文字「β」と、あの天才博士の影。萌絵が、紅子が、椙田が、時間を超えて交叉する――!

内容(「BOOK」データベースより)

芸術家たちが自給自足の生活を営む宗教施設・美之里。夏休みを利用しそこを訪れた加部谷恵美たちは、調査のため足を運んでいた旧知の探偵と再会を果たす。そんななか、芸術家の一人が全裸で棺に入れられ、ラッピングを施された状態で殺されているのが発見される。見え隠れするギリシャ文字「β」と、あの天才博士の影。萌絵が、紅子が、椙田が、時間を超えて交叉する―。ついに姿を現した天才博士。Gシリーズ最大の衝撃。惹かれ合う森ミステリィ。

登録情報



カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー
36 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 最後まで書いてくださいね! 2012/11/11
投稿者 カイユ
形式:新書
4年ぶりのGシリーズ。
森博嗣さんはHPでこのシリーズは全部で12作と宣言していた。でも森さんはリタイア計画もあるようなので、正直もう出ないかもとも思っていた。
出て良かった。またこの世界を読めて嬉しい!

シリーズ前作までとは、少しだけ雰囲気が変わっているかもしれない。
月日は登場人物たちにも流れていたようで、もうみんな就職したり、院生になったり、住む場所も離れたり、それぞれの道を歩んでいる。
そのせいか、青春の香りがちょっと消えた。はしゃいだり、わいわい言ったり、そういう華やかさや賑やかさは、あまりない。
その分、全体に静謐だ。内省的、あるいは哲学的に傾斜している印象。文章も、さらにソリッドでシンプルで知的になってる気がする。
どちらかと言えば四季シリーズに近いかもしれない感じだ。テーマは大きい。
大きいんだけど、重苦しくならないところがいい。海月君の語りは、シビアだけど、相変わらずまっすぐ的を得ていて心地よい。
引用したいくらいだけど、ネタバレになるとやばいので止めておく。
それに、いつになく自分の心を見つめる、加部谷さんの心持がせつない。

森作品の登場人物たちは、なんでこうもせつないんだろう。
探偵役(と相手)を除くと、みんなほんとリ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
24 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 関係 2012/11/11
投稿者 ジョッキ
形式:新書
  この作品はとても良い作品ですが、森氏の作品を初めて読む場合はオススメできません。
  この作品を読む前に、森氏のS&Mシリーズから読んだ方がよいでしょう。
  人物の関係が少しわかってきます。
  しかしこれを読んでしまうと、次の作品まであと4年以上空く可能性があります。
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
5つ星のうち 4.0 Gシリーズ全体で一つなのでしょう 2015/11/28
投稿者 K Tailor
形式:文庫
森博嗣のGシリーズ第8弾。
今回の舞台は三重県の山中にある宗教団体の施設。併設されているレジャー施設へと夏休みをすごしにやってきたいつもの面々(既に学生ではなく、何人かは就職している。海月くんが見当たらないが・・・)。そして起きるべくして起きる殺人事件、という流れ。

瀬在丸さんや西之園さんもなにげなく登場する。真賀田四季博士も同様。Gシリーズ(S&MやVシリーズも)を読み続けている読者向けの演出だよなーと思いつつ、やはりわくわくどきどきしてしまうのは、やはり既に森ワールドに洗脳されているのかもしれない。

事件とその謎自体は、不可能性とか超絶トリックとかそういうものではないので、純粋に単体のミステリだと思って読むとなんなんだこれはと思うだろう。やはり、Gシリーズ全体で一つ(もしかするとそれ以外も含めて)、なのでしょう、きっと。
本シリーズもたぶんあと2作ですので最後まで見届けましょう。
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 いよいよ盛り上がってきた? 2013/8/23
投稿者 なみ
形式:新書|Amazonで購入
このGシリーズはタイトルが意味不明なのが多かったですが、本作は読後にうまいことつけたなぁと感心させられました。

前作から4年がたち登場人物たちも社会人になってたりして、ちょっとテイストがかわってます。
残念なのは犀川が登場しないことですね。。。逆に真賀田博士が登場するので、読者にとっては刺激的な内容なのは間違いないでしょう。
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
30 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 レビューを拒む作品 2012/11/11
形式:新書|Amazonで購入
当たり前のことだが、この作品(Gシリーズ)は前シリーズとはまるで違う。
前シリーズはまだ本格的なミステリィとしての体裁を保っていたと思うが、
このシリーズはもはやミステリィとよべるのだろうか。
じゃあなんだと尋ねられるとそれは答えようがない、作者は何か新しい試みをしているので
まだ私にはよく分からない。これは小説だろうか?
ただ、本作の殺人の動機は良識ある人にとっては理解不能だと思われる。
この世界の神がようやく本作で登場するが、神が何を行おうとしているかは
まだはっきりと読者には提示されない。ただ登場人物も読者もその神の前で翻弄される
のみである。
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 美しく残酷な愛のカタチ 2013/12/2
投稿者 なべさん
形式:Kindle版|Amazonで購入
謎が紐解かれれば、そんな愛の形もあるかもしれないと頷く事も出来る。それに達するまで、ともに推理する事を無粋と思わせるのが、森ミステリーの魅力。ただただ、作者の思考を流し込む事が心地良い。
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 森博嗣らしい 2013/9/12
投稿者 高校生の父
形式:Kindle版|Amazonで購入
期待は裏切りませんが、謎を残して消化不良。。。
これが森博嗣らしい
このレビューは参考になりましたか?
不正使用の報告
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 原子力潜水艦が2隻って(笑)。
Gシリーズ第8弾。読む順序を間違えて少し後悔してます。

先に不作と評した「キウイγは時計仕掛け」を読んだせいも... 続きを読む
投稿日: 2013/12/20 投稿者: SmokyJp
5つ星のうち 5.0 このシリーズではベスト。ちょっとサービス?
シリーズ8作目。... 続きを読む
投稿日: 2013/3/12 投稿者: dh4189
5つ星のうち 3.0 ファンのための本
もはやファンの人しか読んでいないだろう。
ファンでない人が、この本を手にとって読むことはあるだろうか。... 続きを読む
投稿日: 2013/3/6 投稿者: 森田悟史
5つ星のうち 5.0 シリーズを超えた登場人物
森博嗣作品を読み続けてきた人は必見。過去の作品を読み返してみたくなりました。時の流れも感じます。
投稿日: 2012/12/30 投稿者: 三和麻里子
5つ星のうち 3.0 久しぶりのGシリーズだけど…
四季関連の話は進むのだけれど、ラッピングされた死体についての謎については、うーん…... 続きを読む
投稿日: 2012/12/25 投稿者: kidd
5つ星のうち 5.0 待ってた
待ちに待った新刊!シリーズも佳境に差し掛かった感があります。次回作も楽しみです。森ファン必読でしょう。
投稿日: 2012/12/8 投稿者: 小川由美
5つ星のうち 4.0 待ちに待った新作
読むのがもったいないと思いながら読んでいました。

まだ出たばかりなのに、次作が待ち遠しいです。
投稿日: 2012/12/8 投稿者: MIKATCH4
5つ星のうち 2.0 最後に向けて蹴りを
すべFノベルスからの読者です。
「ラッピングされた死体!」
すべFからの読者にしてみれば、それがどうしたと思うことだろう。、... 続きを読む
投稿日: 2012/11/21 投稿者: Jackcross
カスタマーレビューの検索

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す