Amazon Kindleでは、 ジェネレーショノミクス―経済は世代交代で動く をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,944
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ジェネ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ジェネレーショノミクス: 経済は世代交代で動く 単行本 – 2013/11/22


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 543


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ジェネレーショノミクス: 経済は世代交代で動く + 大人が知らない「さとり」世代の消費とホンネ + さとり世代    盗んだバイクで走り出さない若者たち (角川oneテーマ21)
合計価格: ¥ 4,515

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世代が経済を彩り、経済が世代を創る。このダイナミクスが、世代論の真価だ。世代区分の根拠、実証可能性、他世代との相互作用―社会科学としての世代論の誕生。

著者について

松田 久一(マツダ ヒサカズ)
(株)JMR生活総合研究所 代表
ジェイ・エム・アール生活総合研究所代表取締役社長、日本マーケティング研究所代表取締役会長を兼務。1956年兵庫県生まれ。1980年、同志社大学商学部卒業後、日本マーケティング研究所入社。情報家電産業及び食品、日用品業界でのリサーチ、マーケティング及び戦略経営の実務を経験。また、政府での委員会などにも参画し、自治体などで経済関係のアドバイザーを務めている。主著に『「嫌消費」世代の研究』(東洋経済新報社、2009年)、『「買わない」理由、「買われる」方法』(朝日新聞出版、2010年)他。論文多数。

登録情報

  • 単行本: 230ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2013/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492395989
  • ISBN-13: 978-4492395981
  • 発売日: 2013/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.5 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 445,231位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/5/1
形式: 単行本
世代の多層性に注目して個人消費の時代による変化を説明しようと試みた本。特に、世代間の「価値の意識」に重点を置いており、世代が価値意識を変えて価値意識が経済を変えると主張し、消費水準は異質な世代のライフサイクルによって変わるのだと唱えている。

著者の主張の根拠になっているのは、世代間の価値意識のアンケート調査である。それをAIC(赤池情報量基準)によって分析した結果、20年世代、性別30年世代、ライフステージ、10年世代、性別20年ライフサイクルなどの属性が有効性が高いという結果になったので、それらに基づいて、「個人消費に影響を与えるのは収入よりも価値観や意識」だという持論を展開している。世代論をベースに経済を論じるという趣旨であり、それ自体は、なかなか興味深い着目点である。

一方で、本書の説明は、あまりに意識に重点を置きすぎており、戦争や戦後復興や高度経済成長やバブルや経済政策あるいは生産年齢人口比率の変化といった、マクロ経済の要因の考慮が十分ではない。また、そもそも、どうしてこのようなアンケートレベルの粗い情報だけでここまでのことが言えるのか、論理的な関連性がよくわからない説明があちこちに見られる。わかりやすい例を挙げると、天職意識というものと日本でスティーブ・ジョブスやiPhoneが登場しなかったことを結び付けているが、どうして本書で
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック