通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ショコラティエの恋の味 (リリ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ショコラティエの恋の味 (リリ文庫) 文庫 – 2013/5/20

5つ星のうち 4 5件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 72

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ショコラティエの恋の味 (リリ文庫)
  • +
  • その血は夜を惑わせる (白泉社花丸文庫)
  • +
  • もう翼はいらない (花丸文庫)
総額: ¥2,088
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

バーで声をかけてきた年下の男―彼は由輝が忘れられない味を作ったショコラティエ・副島基也だった。過去の恋を断ち切れず、そのアプローチを躱し続けていた由輝。だがある事件で自暴自棄になった夜、彼と一夜を共にしてしまい?「ゆっくり口説く覚悟はしました」焦る自分に、あくまで真摯な基也。思わぬ形で始まった関係に戸惑いつつ、彼の濃密で甘やかな愛情に身も心も蕩かされていく。彼の傍は、心地がいい。そう感じ始めた矢先、元恋人の原から接触があって!?


登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 大誠社 (2013/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904835867
  • ISBN-13: 978-4904835869
  • 発売日: 2013/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 297,379位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
他の人が好きな人を振り向かせる話です。

攻の基也は、本当に腕のいいショコラティエでしたね。
職人気質で、仕事に対してとても真摯で甘えを許さない反面、愛した人に対してはベタベタに甘やかすというギャップがとても良かったです。
甘いものを作る人が、恋する相手に無茶苦茶甘いのも、私にとっては萌えのツボにハマりまして・・・。
また、笠井先生の描く基也がとてもカッコいいせいもあって、ますます萌えてしまいました。

そんな彼にベタ惚れされた由輝も、仕事に対しては真面目に取り組み、それなりの成果を出していますので一応できる人ではあります。
でも、恋愛に関しては、いつまでも過去を引き擦っていて、思い切りが悪い所がありましたが・・・。

辛い思いを抱えている由輝が、基也の素直な一途さと誠意あるアプローチの数々に絆されるのは至極当然の事ですよね。
由輝の気持ちが少しずつ基也に寄り添っていく過程は、とても自然でしたし・・・。

あ〜。基也に尽くされてる由輝が、とても羨ましかったです〜。
とにかく終始甘アマな話なので、きっと読後は心が温かくなること間違いなしです(笑)

他の人を好きな人を振り向かせる話、ベタ甘な攻がお好きな方へおススメします。
コメント 7人中6人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 Ran 投稿日 2013/11/25
形式: 文庫
他の方のレヴューの通り甘くて、ちょっぴりせつない大人の恋のお話です。
先の恋人を諦めきれずにいる受けをやさしく甘く包む攻め。
ショコラテシェとしての仕事に対しての誇りもかっこいい。
それに比べると先の恋人は上っ面だけで、何でこんな奴を、
そこまで諦めきれなかったのか、不思議でした。
とにかく、甘く最後まで一気に読めました。
コメント 6人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫 Amazonで購入
あらすじ通りの話ではありますが、ホントに攻めと過ごす時間は居心地良かったです。
それに受けを称えてくれる言葉の甘さは、攻めが作るショコラ並だった。
Hの時も受けを甘やかし、蕩かせてくれる感じも好感が持てた。
美味しいご飯も作ってくれるし(笑)

攻めが大事に愛してくれるのに、グジグジと元カレの事を悩む受けにはちょっとイラってきたけれど、最後は決めてくれたし、まぁ良しとして。

作品全体的に少し淡々とした語り口の書き方で、いわゆるエロ目的の作品ではないけど、楽しかった。
年下攻めなのに安心して甘えられる感覚は中々良いなと思う。
ストーリー自体は定番な場面がありで、目新しさとかは無かったけど。

☆が4つなのは、5つじゃないし3つよりは上かなっていう目安でつけました。
コメント 5人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
皆さんがコメントされている通り、非常に甘いムードのお話でした。攻の基也さん、実にいい男です。腕のいい職人さんで、仕事にも人付き合いにも真摯に向き合う姿勢が好感度大。おまけにイケメンとくれば文句の付けようが無い、まさに絵に描いたような理想の恋人です。好きな相手へのアプローチには積極的でも、決して無理なゴリ押しはせず、包み込むような優しさで傷ついた由輝の心に寄り添っていく…こういう素敵な男性から熱心に口説かれて、しだいに恋へと発展していくストーリーなので、きっとうっとりするような陶酔感を楽しませてくれる作品に違いない、と期待して読み始めたわけですが……以下、低評価の理由について、二点に分けて述べていきたいと思います。

ストーリー自体は決して悪くなかったのですが、低評価の理由の一点目として、主人公由輝の性格と行動にイライラさせられたから、ということが挙げられます。キャラクターに共感したり好きになれるかどうかは読者各人の受け止め方の問題ですから、あくまで私自身の嗜好に合わなかったのだ、と言ってしまえばそれまでですが、身勝手な元恋人に振り回されながらも未練タラタラな由輝の姿は、不実な不倫相手と縁を切れない「愚かな女」そのもので、初めての男に執着して「妻とはいずれ別れるから」という口先だけの約束に縋り続ける不甲斐なさに、読んでいて終始苛立ちを覚えました。
一応、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
一時期どこの出版社でもショコラティエだらけで流行りもの感がしていましたが、いまはBLでは定番の職業になり私もすきなので買いました。 ただ、この作家さんのこちらの文庫の1冊目がどうも読みにくいものでしたので、どうかな?とは思ったのですがショコラティエに負けました(笑)。 全体的にとても心地よく満足な作品でした。 ただ、あらすじに事件が起きて〜と書かれていたので、勝手に受の仕事において発生した事件だと思って読んでいてびっくりしました。個人的には事件なんてなかったように思えました。 たぶん元カレ(受が葛藤中の過去の男)のシーンだとは思いますが、そういうあらかじめフラれる前提の元カレはいい人ではなく悪い人なので(でなければフラれないでしょう)、受はショックでも読み手としてはあまりパンチのある事件ではなかったので、敢えて事件と書かなくても良かったのでは?といまいちすっきりしませんでした。 また、受がショックを受けるほど元カレは妻子とうまくいっているのに、受に手を出す理由が今一つピンときませんでした。 元カレと攻がやり合うシーンが書かれていましたが、あれで諦める程度の感情だったということでしょうか? セリフとしては元カレの本気感が窺えたのでちょっとちぐはぐだなと思いました。 個人的にはラストの催事場のシーンはもう少し長めに欲しかったですが、総合的に☆4にしました。
コメント 6人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック