Amazon Kindleでは、 シマシマ(12) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
シマシ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

シマシマ(12) (モーニング KC) コミック – 2010/10/22


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

シマシマ(12) (モーニング KC) + シマシマ(11) (モーニング KC) + シマシマ(10) (モーニング KC)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

私はアロマエステ「グリーン」のオーナー・箒木汐(ほうきぎしお)。昼はアロマエステを経営しているけど、私にはもう一つの顔があるの。それは、眠れない女性達に【添い寝】相手の男を派遣する<添い寝屋>「ストライプ・シープ」の代表。女の人はね、ただ男の人にそばにいてほしい夜だってあるんだから。

それぞれの「出会い」「別れ」「旅立ち」。ガイくんはシオさんへの想いに終止符を。リンダとショウコさんとの恋の行方。マシュの脚本はドラマになったのか。ランさんが開店を目指すお店とは。そしてシオさんは……最後に誰との「眠り」を選んだのか!?添い寝屋<ストライプ・シープ>大団円!!!!!

著者について

山崎 紗也夏
1974年8月1日生まれ、栃木県出身。93年9月、ヤングマガジン増刊「ダッシュ」にて『群青』でデビュー。代表作品に、『はるか17』、『フローズン』、『NANASE』、『東京家族』、『マイナス』(沖さやか名義)、『マザー・ルーシー』(沖さやか名義)などがある。93年『ミス・キャスト』で第28回ちばてつや賞佳作受賞。「沖さやか」から始まり「山崎さやか」そして「山崎紗也夏」と、2度改名している。

「山崎紗也夏 スキマのひとり言」
http://blogs.yahoo.co.jp/yamazaki_pro

登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063729516
  • ISBN-13: 978-4063729511
  • 発売日: 2010/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.1  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.1

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 はんぢ 投稿日 2010/10/30
形式: コミック
夢の中で、スーツケースを持った2人。一人はシオさん、ではもう一人は…?

等々、読者に向け強烈な複線を張った割には、拍子抜けな、良く言えばリアルな終わり方になっていると思います。

シオ自身の中身の、突然の成長が、全ての複線を踏み倒して終わっているのですが、そこが女性のリアルと言えばリアル。

しかし、一つの物語としては、未完成と言わざるを得ないでしょう。

個人的には、リンダの大団円が、ほっとしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 welf 投稿日 2010/10/28
形式: コミック
働く大人に向いている作品。

色々と大人の事情的な恋愛模様やライフを追ってきた作品ですが
ラストがなんと言うか多くの読者予想を裏切る展開だったのでは無いかと思います。

シオはどっちを選ぶ?ガイ?ラン?
そんな子供のような読者のドキドキは大人のムーディーさにかき消されてしまう。

やっぱり伏線が消化不良な感じです。

ある剣客マンガを描いていた作者が
「覆面の下はイケメン。なんて約束事はやりたくない!と思って違うことをしたけど
約束事は大事だったと思う。」
なんて言うようなあとがきを記していましたが
この作品(シマシマ)もやっぱり読者の裏をかきすぎて残念だった風味が漂います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カプオン VINE メンバー 投稿日 2011/4/1
形式: コミック
ドラマ化しそうな内容だなと毎週見ていましたが、やっぱりなるようです。

マンガはなんとも消化不良というか夢がないというか個人的には終わりなのかも良くわかりませんでした。
もともと現実的な話を書いているなら納得できましたが、最後だけ「大人ななら察しろよな、夢から覚めて現実みろよ」的な内容は自分には酷でした。

ドラマ版は添い寝屋として視聴者および読者に良い夢を見させて欲しいもんです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 甘栗 投稿日 2010/11/25
形式: コミック
どうしてこうなった……。
最終話の2、3話前くらいから読者が理解できないというかついていけないような、わけのわからない(納得のできない)展開になり手抜きがありありと目立つまま、まさかの連載終了。
途中まではかなり面白い内容だったから、最後まで手を抜かずにもっと恋愛描写を細かく書くべきだったと思う。
回収しないままの伏線も結構あるし、もう作者がめんどくさくなって放棄したとしか思えない……

どうして、どうしてこうなった……!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hanyahanya 投稿日 2011/2/22
形式: コミック
毎週読んでいましたがこの終わり方は一体誰が得をするのだろうか?
という終わり方です。

出した伏線を全て消化しろとは言いませんし、そうしない作品も世の中には
多々ありますが正直この作品はほとんどが使われていないのではないでしょうか?
じゃあなんで伏線をたくさん作ったのか分からない。

作者が途中で飽きたのか設定だけ考えて途中から手に負えなくなったのか……。
結局何がシマシマなのかさっぱり分からなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
29 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 rts初心者(購入済みレビュアー) VINE メンバー 投稿日 2010/11/22
形式: コミック Amazonで購入
単行本派です。10巻までは、発売日に購入していて、
11巻と12巻は、発売日に気づかなかったので、最近購入しました。

他の方のレビューに結末のネタバレが
既にされてるので、当方はそこをできるだけ省略して、少しだけ言いたいことを書きます。

ドキュメンタリーとか実話なら、この結末でも良いと思います。

見習いコックや、大卒1年目の旅行会社勤務を、手早く見切って、
オーナーの金で雇われた、雇われ経営者と、気軽に体だけの関係を続けていく、

結果だけ見れば、そういう打算で生きていく女性も、力強い人間とは思います。

でも、12巻もの間、読者からお金をもらって
出版発行してる「物語」として、これはどうなんだろう?と思います。

雑誌連載ですから、その回、その回が、瞬間的に楽しければ良い、
という考えであれば、完全に読み切り型で毎週新しい話を描けばいいのでは?

最近はこういう無責任な物語が多いと思います。
漫画家や出版社の、こういう無責任な発行物があると、

同じ作者の次回作や、同じ出版社の作品を、今後購入する気持ちが激減します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック