この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サーキットの狼 (18) (MCCコミックス) コミック – 1998/1


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 740


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

サーキットの狼 (18) (MCCコミックス) [コミック]

登録情報

  • コミック: 272ページ
  • 出版社: マインドカルチャーセンター (1998/01)
  • ISBN-10: 4944017987
  • ISBN-13: 978-4944017980
  • 発売日: 1998/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: コミック
連載当時、小学生でしたが、欠かさず読んでいました。
もともと暴走族あがりで、公道のレースが多かった
のですが、最終的にF1ドライバーになった風吹裕矢
の活躍が少なかったのが残念。作者は車を描くのは
とても上手なのですが、裕矢の人間的な成長がまったく
描かれず、急にF1に参戦して、いくのも唐突すぎました。
ベルギーGPで彼は優勝しますが、ベルギーの高速サーキット
ではなく、やはりモナコで勝たせてあげるべきだったかと、
本作は全編を通して、ストーリー性にかけている作品でした。
それでも、読み続けたのは、車が好きだったからですね、
ただ、それだけでした。もっと、早くにF1に乗せて、
ここから裕矢がほんとうにプロのドライバーとして
挑んでいく姿をきちんと描いてほしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック