Amazon Kindleでは、 サムライDays、欧州Days をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,440
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サムライDays、欧州Days 単行本 – 2012/3/6


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,440
¥ 1,440 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

サムライDays、欧州Days + 僕は自分が見たことしか信じない + 僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)
合計価格: ¥ 3,950

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ブログがおもしろいと評判のサッカー日本代表・吉田麻也選手。新たに書き下ろした文章をベースに、ブログとして綴ってきた欧州と代表の日々を大幅加筆修正、期待を裏切らないコミカルな文体で周囲の選手との交流やエピソードを描く。貴重な撮り下ろし写真も!

内容(「BOOK」データベースより)

1日最高40万アクセスの超人気ブログを綴る日本代表DFが欧州と代表の日々をコミカルに描く。期待を裏切らないおもしろさに圧倒。

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 学研マーケティング (2012/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054052452
  • ISBN-13: 978-4054052451
  • 発売日: 2012/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 55,063位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

72 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anjie 投稿日 2012/3/10
形式: 単行本 Amazonで購入
サッカー日本代表CBとして不動の地位を築いた吉田麻也さんの初ブログ本です。
あのW杯三次予選ホームでの日韓戦、得点に苦しんでいた日本の、貴重なゴールを演出した人でもあります。
数あるサッカー選手の中でも「おもしろいブログ」の発信者であり、
また、サッカーマガジンにも定期的に「月刊マヤニスタ」というコラムを連載しています。

そんな彼の初ブログ本は、3割くらいがブログからの引用ではありますが、軽快で流暢なのに
肩肘張らずに読める気軽さがあります。言葉の使い方がうまくて、わかりやすいのにおもしろい文を書ける人です。
ただ、彼自身は謙虚で、ケガや様々な挫折も経験しており、さらに上を目指そうという向上心にあふれています。
長谷部誠さんらの自己啓発的なあるいはサッカー論的なものとはあきらかに一線を画す内容ですが、
軽妙な言葉を使いつつも、経験に裏打ちされた思いや考え方は伝えられていると思います。

さらに、同じ日本代表、不動のSB内田篤人さんとの親密さはファンの間では周知の事実であり、
対談まで設定されています。バラエティの出演やグラビアより、こちらの内田さんの方が素に近いのでは。
マヤニスタはもちろん、内田ファンも必読です。
ちょっとしたファンへの心遣
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 浪速のスライサー トップ500レビュアー 投稿日 2012/5/2
形式: 単行本
個人的にマヤのブログのファンで、常にチェックしてますから、本になってノリが違ったら嫌だな…
と思いましたが、まったくそんなことは無く、いつも通りのマヤ節(そんなものがあるのかは
分からないが…)でした! 100%本人が書いてあることがわかって良かったです。

それでもサッカー選手は他のプロスポーツ選手に比べると真面目に自分で本を書いている人は多いの
で、マヤを特別視するわけでは無いですが…(どうもプロ野球選手の本はゴーストライターが書いて
いるっぽくって好きじゃないんすよね…)

こういったスポーツ選手に特有の「何かを伝えるぞ的なノリ」は表面上は皆無、でも読んでいるうちに
なんとなく伝わってくる…そんな感じですかね。

とても読みやすい良書と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか VINE メンバー 投稿日 2012/3/20
形式: 単行本 Amazonで購入
本屋の店頭になかったのでAmazonで購入。
文章が上手で感心しました。
ブログも好きですが本も面白い。
手軽で小学生にも読めると思います。お勧め。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 読書家 投稿日 2012/3/14
形式: 単行本
他のサッカー関連本とはやあきらかに一線を画す内容です。

いつものブログと変わらない、気負わない文体ながら、
経験に裏打ちされた思いや考え方、アツい姿勢が分かります。
これからもサッカー選手として応援していきたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ucari 投稿日 2012/4/13
形式: 単行本
麻也くんのファンになりました(笑)

笑あり、時々、涙あり、麻也くんの人柄が詰まった内容でした☆

始めの家族の話、大好きです。
名古屋に行く経緯とか、代表、もちろん内田選手の話などなど。。。

今までの最短で3日で読み切りました☆
あんま本読まない私が!!

私的には五つ星☆です!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/5/11
形式: 単行本
サッカー日本代表のCB吉田麻也の本。書き下ろしとブログからのミックス。他の代表選手の本とは大きく異なり、ユーモア精神旺盛で、お茶目で、コミカル。

3人とも女の子でも通用する名前がつけられた男3人兄弟の末っ子。先生から年齢をたずねられて「700歳です」と答えた父親。いろいろな人達が集まるにぎやかな家庭。グランパスのテストに合格して長崎を離れ、お兄さんと2人暮らし。進んで先輩達に交わって、いじられキャラとして可愛がられながらいろいろなことを吸収する。特に藤田俊哉選手の話は印象的。あと、怖いピクシーの誕生日に、顔に生クリームケーキを投げつけたというのはすごい。

オリンピック代表や日本代表。ヨルダン戦でのゴール。ケガとの戦い。VVVやオランダの様子。ひと通りのことがいろいろ書いてあるが、あちこちのページにユーモアてんこ盛り。どこを読んでも楽しめる。ブログのアクセス数が急増したという仲のいいウッチーが書いた文章とか、2人でくつろいだツーショット写真も載っている。また、全体的に、一見コミカルなタッチの文章から、高いコミュニケーション能力が垣間見れる。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック