¥ 648
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サムライガード6 新たなフラグとお嬢様 (GA文庫) 文庫 – 2010/6/15


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

サムライガード6 新たなフラグとお嬢様 (GA文庫) + サムライガード7 決意と別れと新たな旅発ち (GA文庫) + サムライガード5 刀とカタナと革ジャン剣士 (GA文庫)
合計価格: ¥ 1,955

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

紆余曲折ありながらも、なんとか三方台学院に転入した清海たち。そこで彼らを待っていたのは、学院恒例のイベント・春の合戦祭だった。春の合戦祭は、生徒がチームごとに分かれて戦う模擬合戦。だが、今年は開催前から空気が違っていた。先に転入した暁浪麗が早々に勝利宣言をぶち上げていたのだ。清海たちは、そんな麗はもちろんなぜか誘拐犯から助けたお嬢さま・佐々木薫子とも一緒に戦うことに!「豊かで楽な人生を送るためとあらば、操を捧げるのも厭いはいません」護衛ふたりに言い切る薫子。近付く狙いは、秘密のはずの清海の将来!?転校直後からフルスロットルで贈る、サムライガード第6弾。

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/6/15)
  • ISBN-10: 4797360275
  • ISBN-13: 978-4797360271
  • 発売日: 2010/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 606,477位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2010/6/17
形式: 文庫
あとがきでは作者の新作や前からあった作品を秋から冬にかけて一気に出すらしいですが

この作品を最後まで長く続けて欲しいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/16
形式: 文庫
新しい転校先である三方台学院での生活がようやく始まったが、「合戦祭」なる校内行事の事前準備に大半を費やした第6巻である。「おいおい、1冊全部使ってもここまでしか進まないのかい?」という指摘が、このシリーズをここまで“好んで”読んできた諸兄であれば無意味だと承知しているし、ストーリー展開よりもキャラ同士の脱線漫才的やり取りを楽しむ作品だと熟知しているであろうが、今回はその歯切れが少し悪い。理由は大きく2つ。暁浪麗以下、大蝦夷学園生徒会の面々が加わったことで会話を交わす人数が増えたことと、今回に限っては麗が実質的に主役を張っていること。これらのために愛香がボケたり清海がツッコんだりする機会が目減りしているからである。喜連川羅蘭もいい味を出してはいるし、弓凪花華の毒舌ツッコミといった新しい側面もあるのだが、さすがに役不足の感は拭えず、全体として少々散漫な印象を受けるのである。人数が増えた分、会話の脱線もエスカレートしがちなのだが、これを治める役どころが毬藻なのも新展開ではあるが意外でもあり、むしろ、この役になりかけていた麗の方が適役だと思った。ただ、前巻で救出した財閥の娘【佐々木薫子】が、今後どのように絡んでくるかというお楽しみを1つ残したと思う(商人の家柄とはいえ余りにもあんまりなキャラだったけどね)。何だか大変な事件が勃発した「三方台学院編」はこれからであり、むしろメンツが揃っている...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック