Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き [単行本(ソフトカバー)]

トーマス ブルスィヒ , 粂川 麻里生
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,944 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

新しいドイツ文学の旗手 トーマス・ブルスィヒによるサッカー小説
限定付きの「神」を必要とする僕たちの社会が抱える根本的な矛盾を見つめる。


サッカー・ブンデスリーガの審判で、かつ保険の外交員である主人公の独白(モノローグ)形式の短編小説。選手たちに対して、サポーターたちに、マスコミに、世間に、そして、大事な家族を失ったことで、医者に、法廷に…。ルールを守る審判の立場からの愚痴の数々。ドイツではメルケル首相にも愛されたサッカー文芸の第一人者の話題の小説の邦訳。

「サッカー審判は、高度に全権委任されているという点で、民主主義国家においてはきわめて突飛な現象でしょう。『サッカー審判員フェルティヒ氏の嘆き』には、そのことがとてもよく描かれています。私は、サッカー審判がどんな性格かを見るのがとても好きなの。どれくらいの間アドバンテージを見るかとかね。それで試合は大きな影響を受けますから。どれくらい試合の流れを重視してファウルを容認するか、どの時点で明白に介入し、試合の枠組みを決定するか……」(ドイツ メルケル首相 南ドイツ新聞にて)

内容(「BOOK」データベースより)

限定付きの「神」を必要とする僕たちの社会が抱える根本的な矛盾を見つめる。新しいドイツ文学の旗手によるサッカー小説。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 三修社 (2012/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4384056605
  • ISBN-13: 978-4384056600
  • 発売日: 2012/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 308,367位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 審判って…たいへん 2012/6/5
By Schritt
最後まで読んだあとの驚きを味わって欲しい。 サッカーのこと、壁のこと、保険のこと、子どものころのこと、メディアのこと。とにかく嘆くフェルティヒ氏の独り言が続きます。何のことを言っているのか戸惑いもありますが、引き込まれていきます。 審判を趣味でしているので、審判の引く線や選手との駆け引きにも、惹かれました。私には引けないけれど、いつかは引いてみたい。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 短いのがいい 2013/4/23
タイトルのとおりサッカーの審判員である主人公の嘆きの独白といった形で物語は進んでいきます。
審判の置かれている立場やサッカーを取り巻く環境、またサッカーの枠組みを超えてたものまで、普段目を向けられない審判という独特の視点から語られていて、その考え方や価値観は目から鱗でした。 
ただサッカーだけを題材にした本ではないので、サッカーに興味のない方でも、その鋭い切り口に感嘆させられること間違いなしです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック