通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】カバーに汚れが少しあります。その他の状態は問題ありません。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サッカー審判員 フェルティヒ氏の嘆き 単行本(ソフトカバー) – 2012/5/31


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/5/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 930


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



第152回芥川賞・直木賞候補作発表
直木賞は西加奈子 『サラバ』ほか4作、 芥川賞は小野正嗣 『九年前の祈り』ほか4作 が候補作に。2015年1月中旬に受賞作発表。 「第152回芥川賞・直木賞候補作」特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

限定付きの「神」を必要とする僕たちの社会が抱える根本的な矛盾を見つめる。新しいドイツ文学の旗手によるサッカー小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ブルスィヒ,トーマス
1965年ベルリン(東)生まれ。高校卒業後、建築作業の専門学校に通いながら、大学入学資格を取得。以後、美術館の受付、皿洗い、旅行ガイド、ホテルポーター、工場作業員、軍役、外国人ガイドを経て、大学で社会学を学ぶ。大学中退後、コンラート・ヴォルフ映画専門学校で劇作法、演出法を学ぶ。1991年『水の色』でデビュー。ドイツ民主共和国(東独)時代を、サブカルチャーの視点からユーモアとともに描く作風で、東独出身のもっとも人気のある作家のひとり

粂川/麻里生
1962年栃木県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、スポーツ雑誌編集記者(主としてボクシング)を経て、慶應義塾大学大学院修士課程修了および後期博士課程退学。1999年より上智大学外国語学部専任講師、2004年より慶應義塾大学文学部助教授、2007年同大学教授、2011年より同大学アート・センター副所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 128ページ
  • 出版社: 三修社 (2012/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4384056605
  • ISBN-13: 978-4384056600
  • 発売日: 2012/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 715,748位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Schritt 投稿日 2012/6/5
最後まで読んだあとの驚きを味わって欲しい。 サッカーのこと、壁のこと、保険のこと、子どものころのこと、メディアのこと。とにかく嘆くフェルティヒ氏の独り言が続きます。何のことを言っているのか戸惑いもありますが、引き込まれていきます。 審判を趣味でしているので、審判の引く線や選手との駆け引きにも、惹かれました。私には引けないけれど、いつかは引いてみたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒロキ 投稿日 2013/4/23
タイトルのとおりサッカーの審判員である主人公の嘆きの独白といった形で物語は進んでいきます。
審判の置かれている立場やサッカーを取り巻く環境、またサッカーの枠組みを超えてたものまで、普段目を向けられない審判という独特の視点から語られていて、その考え方や価値観は目から鱗でした。 
ただサッカーだけを題材にした本ではないので、サッカーに興味のない方でも、その鋭い切り口に感嘆させられること間違いなしです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック