Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
 
その他のイメージを見る
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS) [単行本(ソフトカバー)]

紅玉 いづき , sime
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,296 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS) + サエズリ図書館のワルツさん 2 (星海社FICTIONS) + ブランコ乗りのサン=テグジュペリ
合計価格: ¥ 4,212

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容説明

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。
本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。
本が祖父への畏れであり、忘れ得ぬ思い出であったこと。
そして、強すぎる願いゆえに、たった一冊の本すら手放せないこと。
そこにあるすべての本には数え切れない“想い”があり、そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。
さえずり町のサエズリ図書館。
それは本の“未来”が収められた、美しく、不思議な図書館。
紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚(ラブソング)――。
あなたにとっての大切な一冊は、きっとここでみつかる。

内容(「BOOK」データベースより)

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。本が祖父への畏れであり、忘れ得ぬ思い出であったこと。そして、強すぎる願いゆえに、たった一冊の本すら手放せないこと。そこにあるすべての本には数え切れない“想い”があり、そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。さえずり町のサエズリ図書館。それは本の“未来”が収められた、美しく、不思議な図書館。紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚―。あなたにとって大切な一冊は、きっとここでみつかる。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406138838X
  • ISBN-13: 978-4061388383
  • 発売日: 2012/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.3 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 38,732位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ヤボ夫 トップ500レビュアー
最近はスマートフォンなどモバイル型情報端末機器の普及に伴って電子書籍なども普及し始め
「便利そうだけどなんか違うな〜」と違和感を覚えておられる愛書家も少なからずおられるかと思います

紅玉いづき女史の最新作はあらゆる情報が端末経由で得る物となり「本」というメディアが普通の人には
縁遠いものとなった時代が舞台です。そんな「本」が貴重品である時代に何故かとある地方に設けられた
サエズリ図書館の来館者と図書館の代表にして司書であるワルツさんの交流が優しい文体で描かれています

無論「本」が珍しい時代ですから登場する人物も「本など読んだ事が無い」という女性から
「本など道楽者が集める贅沢品」という男性まで現代の図書館利用者からは想像もつかないタイプの来館者ばかり
ですがワルツさんはデータだけでは伝わらない、本という形でしか伝えられないものがある事を伝えていきます

そしてその本という形でなければならない、データだけでは伝えられない物を重視する背景には第三次世界大戦の結果
人類の文明が崩壊寸前になり、障害児の出生率が上がり出生数そのものも落ちる一方の暗澹たる状況があります
愛書家であれば一度は感じるであろう自分が読んだ本、あるいは親しい誰かが繰り返した読んだ本に深
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 これまでとは異なる作風 2013/1/15
By A
『ミミズクと夜の王』と『雪蟷螂』を読んで、残酷な童話やシリアスなファンタジー風の作家という印象を抱いていました。
しかし、今回の作品はこれまでとは異なり、世界観全体に温かく優しい雰囲気が満ちています。
4話の構成で、それぞれサエズリ図書館を訪れる人たちとワルツさんの交流の物語が描かれます。
ただ、ハートフルな印象ではあっても、登場するキャラクターたちが善人とは限りません。もちろん、ワルツさんも。
書かれる世界は未来ではありますが、そこに暮らしている人々は、私たちの身近にいそうな人たちなのです。
彼女らは「本を愛している」あまりに、過激な行動に出てしまうだけなのです。
ぜひ、本を開き、サエズリ図書館を訪れて、ワルツさんたちに出会ってください。
この世界への旅は、心に残る思い出になるでしょう。

(蛇足。個人的にカミオさんが可愛くてたまりません。こんな子がいたら、お局さんでなくても、いじめたくなっちゃうと思います)
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 暖かくて身に迫る、柔らかな警告 2012/9/1
Amazon.co.jpで購入済み
文章の大半が電子化し、本の多くが焼失した世界。
そんな中で生きている人達の、それでも本に関わっていく姿。
内容としてはそんな感じです。
最近の風潮を頭に浮かべて読んでいると、決してこれが空想だけの世界ではないと思いました。
物語を楽しむだけじゃなく自分達の未来を考えさせられるような、そんな本です。

自信を持ってオススメできる一冊です。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xbdc1c7ec)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック