数量:1
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 GIOCARE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ ご覧いただきありがとうございます。 ★ 通常配送料無料・Amazon配送センターより発送いたします。 ★ 使用感が少しありますが、全体的に良い状態です。 ★ 帯無し。 ★ ディスクケースは新品に交換してあります。 ★ ブックレットに軽い開き跡がありますが、全体的に良い状態です。 ★ ディスクの端に極小さい傷が残っていますが、視聴に影響はない状態です。 ★☆★ 当店でレンタルアップ商品は取り扱っていません。 ★☆★ 商品はクリスタルパックで包装した状態でAmazon配送センターにて保管しています。 ★☆★ 商品の管理に細心の注意を払っていますが、不手際がある可能性があります。万が一、お手元に届いた商品が商品説明と違った場合はお気軽にご連絡ください。返金保証いたします。 ★☆★
Amazon買取
最高買取価格

¥ 820
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,940
通常配送無料 詳細
発売元: ㈱エイショウ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ゴールデン☆ベスト 大塚博堂 シングルス


参考価格: ¥ 2,037
価格: ¥ 1,855 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 182 (9%)
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,780より 中古品の出品:6¥ 1,180より

デジタルミュージックストア
『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』配信中。 JUJU、クリス・ハート、シェネル、ほか、J-POPアーティストのタイトルは J-POPストア からどうぞ。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア はこちら。


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ゴールデン☆ベスト 大塚博堂 シングルス + 大塚博堂 ベスト・セレクション~博堂は風になった~ + 大塚博堂MEMORIAL BEST+LAST LIVE
合計価格: ¥ 6,154

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/11/26)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 77 分
  • ASIN: B0000QX182
  • EAN: 4988005346971
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 28,811位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. ダスティン・ホフマンになれなかったよ
2. 坂の上の二階
3. 過ぎ去りし想い出は
4. 夕暮れのような微笑
5. 季節の中に埋もれて
6. 旅でもしようか
7. 哀しみ通せんぼ
8. 翌朝
9. めぐり逢い紡いで
10. 小さな幸福でよければ
11. LOVE IS GONE
12. ピアノコンチェルトは聞こえない
13. もう子供でも鳥でもないんだから
14. 星への階段 (Stairway to the stars)
15. 青春は最後のおとぎ話
16. 異人館通り
17. 愁雨
18. 花びらは風に
19. 映画館
20. Never could say good-bye

商品の説明

内容紹介

37歳という若さで他界した、伝説のシンガー大塚博堂のSony Music、東芝EMI、フォーライフミュージック、ユニバーサルミュージックによる共同企画ベストアルバム。

メディア掲載レビューほか

東芝EMI/SME/フォーライフとの共同企画`ゴールデン☆ベスト`シリーズ(全24タイトル)。大塚博堂編。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

21 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 katouz2 投稿日 2004/9/29
形式: CD
前々からCDショップで大塚博堂の曲を探していたのですが、ようやくアマゾンで購入することが出来ました。わずか37歳でこの世を去った伝説のシンガーですが、ごつい外見に似合わない透き通ったきれいな声のアンバランスさが強烈な印象として私の心に残っていました。17、8年ぶりに聞く彼の声は前にも増して私の心に深く染みこみ、切なさで胸がいっぱいになりました。彼の曲はある程度の年を経た大人になってからの方が、より現実感を伴って心に迫るのではないでしょうか。どの曲もすべて素晴らしいものであり、満足のいくものでしたが、欲を言えば、たしか「ミセス・ホワイトに伝えて」と言う曲名だったと思うのですが、この曲がこのアルバムに入っていれば私にとっては完璧でした。でも、この曲はどのアルバムにも入ってないんですよね。ともかく買って大正解でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 red-tree 投稿日 2004/3/28
形式: CD
「青春は最後のおとぎ話」を昔聞いたことがあります。それが耳に残っていました。その曲が誰の曲でなんと言う題なのかもわかりませんでした。しかし歌詞を覚えていて曲名がそれと一致し、このアルバムを買いました。これを買ったのは大塚博堂の歌を俯瞰してみたかったからです。この曲集はこころに沁みます。大人の恋歌です。37歳の若さで逝ってしまったとは、残念です。このアルバムで大塚博堂を堪能できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まなみ(男) 投稿日 2005/7/2
形式: CD
32歳でデビューしてわずか5年後、
公演先で脳内出血で37歳で亡くなった、
大塚博堂の、たぶんCDでははじめての
フォノグラム在籍時のシングルベストである。
(EMIレーベルのでのシングルは、今回収録されていない。)
今まで、ベストアルバムは結構な数の発売があるが、
シングルにここまで焦点をあげたアルバムは、
今までなかったと思う。
歌は、非常に良質、かつ繊細で表現力に富んでいる。
デビュー曲でヒット曲となった
「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」
を、はじめとして、
布施明との競作シングルである「めぐり逢い紡いで」
日本テレビのドラマの主題歌になった
「青春は最後のおとぎ話」など、
非常に、良い曲が並んでいる。
正直、もう1曲目からやられっぱなしである。
よくあるフォークボーカルよりも、
もっとボーカルの輪郭がはっきりしていて、
曲の表現力も男の中の優しさを感じて、しかもセンチメンタル。
欲を言えば、NHKでよく流れていた「センチメンタルな私小説」も、
東芝EMIだが、できれば収録してほしかったと思う。
でも、このCDは買って損は、絶対ない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/12/17
形式: CD Amazonで購入
何年か前に偶然夜のカーラジオで聞いた「めぐり逢い紡いで」。そのときに大塚博堂の名前を知りました。甘く、切なく心に滲みるメロディと歌声、じーんときました。ネットで調べ37歳という若さで亡くなってしまったことを知り驚きました。CDを探したのですが見つからず、そのままになっていたのですが、なんとか欲しいと思いネットで検索してアマゾンで見つけることができました。他の曲もシングルになっているものを集めたということで期待を裏切ることはありませんでした。他のアルバムもいいと思いますが、まずはこれをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 red-tree 投稿日 2004/3/13
形式: CD
私は今から20年ぐらい前に「青春は最後のおとぎ話」を聴いたことがあります。しかしそれが誰の何と言う曲なのか判りませんでしたが、ここで見つけることが出来ました。私はこの曲を聴き直して、改めて私の当時の心境を思い起こすことになりました。「青春は最後のおとぎ話」は人生は物語を紡ぐものだという事を逆説的に歌っているように思います。歌の主人公は夢を持つ「未社会人」とでも言うべき人で、好きな女性はしかし「社会人」となって「向こう側」へ行ってしまいます。「彼女」は青春がおとぎ話の最後、と言います。主人公は「そうだね」と言います。それは彼女への肯定です。それで二人で来た道を主人公は引き返しますが気がつかないうちに周囲が変わっています。おとぎ話は実は終わっていません。「彼女」は結婚して新しいおとぎ話を、主人公は過去に戻るつもりでも周囲は変わっておりそこからおとぎ話を新しく始めることになる、ことが逆説的暗示的に示されているようです。大塚博堂の魅力の一端はこういう面にもあるのかもしれません。人生は物語を紡ぐものでしょう。これはそういうアルバムになっているようです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック