¥ 1,944
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 単行本 – 2014/1/8


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 532


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇 + 新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
合計価格: ¥ 3,240

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 小学館 (2014/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093897476
  • ISBN-13: 978-4093897471
  • 発売日: 2014/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 22,447位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さんご 投稿日 2014/11/18
形式: 単行本
今は北一輝や頭山満の情報が乏しい、手に入れにくい状況だ。ある国で我が闘争が発刊されない状況と似ている気がする。小林よしのりというビッグネームが比較的とっつきやすい劇画という形で頭山満について取り上げてくれた。あまり他の人が取り上げないものを取り上げる姿勢が大変良いと思う。しかし危険書とみなされるか、黙殺されるかのどちらかではないかと危惧される。
「大東亜」について少々自分は曲解していたことに気づかされた。良い内容だと思うがアマゾンのレビューの数も少なくその内容の過激さを伝えるには変に耳なじんだ「大東亜論」というタイトルでは伝わっていないのかもしれない。黙殺されてしまうのか?心配である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
82 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 anamochi 投稿日 2014/1/14
形式: 単行本
来島や頭山の存在は自分にとっては「反TPP論」で初めてその名を耳にした程の未知の物でありましたが、
本書ではそうした玄洋社の面々のみならず、彼らが生きた時代の持つ「うねり」のような諸問題と、
その時を生きた様々な人々の活躍が描かれています

自分にとっては遥かに遠い時代であるため、読み終えた後でも今ひとつ「現代と地続きな時代と人々の話」という実感が薄いのですが、
当時と現代で不思議と類似した部分(不平等条約とTPP、海外思想文化の妄信、捌け口の為に暴れる国士様方…)も多く、
しっかりと平成現代への警鐘警告の役割も担った、繋がりある一冊です

決して歴史の絵解きに終わらず、前述のような現代との関連比較や、シリアス重視の中にあってもギャグ、デフォルメを忘れない等、
漫画読み物としてのエンタメ性をきちんと発揮している点にも作者の「プロ」を感じさせます

敵対者を醜悪に描くことが批判の的にされがちな作者ですが、
本書では作者側の視点たる玄洋社側から見ればまさに「敵側」とも言える藩閥側の面々も、
決して醜悪なばかりの描き方はされてはおらず、「是非はともかく信念ある者」として描かれているのは、
実際の彼らが持っていた思想信念が、現代に生きる我々のそれとは比
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
66 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 桜鼠 投稿日 2014/1/23
形式: 単行本
これまでのゴー宣とは少し違った,物語形式の歴史ものです。ただし,それを通じて現代の政局や特定の主張に対する批判もなされています。そのために,以前から小林先生の論調に反発していた,いわゆるネット右翼,または自称ネット保守なる一種の言論勢力,及び現在の自民党支持者層からは,これまで通りあまり良い評価は得られないでしょう。低評価のレビュアーが多いのもそのためだと思います。これはおそらく,いわゆるネット右翼や自民党支持者層の集団的気質と,小林先生の批判の仕方の相性が悪かったからです。この続編からは現在の政局批判などは少なくなるそうなので,この傑出した漫画に本来あるべき評価がなされることを祈っています。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
73 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2014/1/11
形式: 単行本
玄洋社の頭山満を中心に日本を愛してやまない国士達の生き様を描いた作品。
頭山満の名は多くの本で目にしてきたが、今一つ人物像が把握できていなかったのでこの作品はありがたい。
SAPIOに連載されているため、これまでも長く読んできたが、改めて読むと頭山氏の腹の座った生き様に感動した。
こうした人物を描いた作品を読むと、自分の小ささを痛感するところであるが、国を愛し奮闘した先人に恥じぬよう、生きようと思った次第。
価格はやや高めであるが読んでおく価値あり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
56 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Soup #1殿堂トップ50レビュアー 投稿日 2014/1/31
形式: 単行本
近代史を歴史教育で適当に習った無知な私にとっては本書は目から鱗のような知識に満ち溢れていました。

当時は誰でもが知っていたという"頭山満"など、今では認知度が低い人物や出来事をコミックにて紹介されて
いるので、情報量が多い割に読みやすかったです。
明治の時代のを国思う日本の指導者や識者たちの心意気を強く伝わってきます。

現代の利権がらみの政治家達には本書を読み恥を知ってもらいたいものです。

筆者の本を通じて国民へ訴えたい!という熱望をヒシヒシと感じますが…
所々で記述に筆者の強い主観があることも気になります。

例えばネトウヨと呼ばれる人々やデモに参加する人々は"オウム真理教信者と同じだ!"と
言ったり、尖閣諸島へ公務員を常駐させれば"中国と必ず戦争になる!"と断言したり…。

戦争になれば、日本はアメリカ頼りだ!
安倍はおかしい!

等々、憤懣やるせない気持ちは分からないないでもないですが、
彼らをまとめて"優越感のためだ!”と非難するのは、直観すぎる意見かと思います。

国を思い、私利私欲のためでなく活動している人々もいると思います。

過激に排他的なデモ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック