Amazon Kindleでは、 コードギアス 双貌のオズ(1) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コード&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コードギアス 双貌のオズ (1) (カドカワコミックス・エース) コミック – 2012/8/9


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

コードギアス 双貌のオズ (1) (カドカワコミックス・エース) + コードギアス 双貌のオズ (2) (カドカワコミックス・エース) + コードギアス 双貌のオズ (3) (カドカワコミックス・エース)
合計価格: ¥ 1,815

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「反逆のルルーシュ」「亡国のアキト」につらなる、新たなる“コードギアス”正史――「双貌のオズ」ついに始動! 対テロ組織「グリンダ騎士団」の活躍を軸に、アニメ第1期後の世界で二人のオズが躍動する――!!

登録情報

  • コミック: 181ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/8/9)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4041203635
  • ISBN-13: 978-4041203637
  • 発売日: 2012/8/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 LATO 投稿日 2012/8/13
形式: コミック
(あらすじ)ブラックリベリオン後の世界、要するにアニメ第1期と第2期の間を舞台としたお話です。第88皇女マリーベル・メル・ブリタニアが創立したグリンダ騎士団は反抗する武装組織と対峙します。グリンダ騎士団の筆頭騎士オルドリン・ジヴォン(♀)は敵地へ向かいますが、そこで出会ったのは同じ顔、同じ名前のテロリストであるオルフェウス・ジヴォン(♂)・・・そして二人のオズの物語が始まります。(感想)他のスピンオフ作品と比べてもかなり優れた出来だと思います。添削なしでそのままアニメ化できそうな完成度の高さです。読んでいて、声優さんのナレーションが聞こえてきそうなくらいでした。テンポの良さはアニメ並みです。作者や公式スタッフの本気度が伺えます。ロボット物で文字数が多い漫画は大抵ごちゃごちゃして読みにくいのが難点ですが、この作品はあまり重要でない台詞や説明口調の部分では文字を小さく調整しているため、ふきだしが絵の邪魔をせず非常に読みやすいです。1巻はまだ触りだけで、物語の核心には触れていないのですが、次巻以降大きく期待が持てます。アニメは周りが全て敵という、文字通り「ゼロ」からのスタートで、下克上を繰り返すルルーシュにカタルシスを感じたものですが、今回はブリタニア側からの視点です。これからどう魅せてくれるのか今後の展開に注目です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sekizono 投稿日 2012/8/15
形式: コミック
アニメのR2(ルルーシュが記憶を書き換えられて自分がゼロだったのを忘れ、ロロを弟と思い込んで過ごしていた期間)
より1年前、黒の騎士団のブラックリベリオンが失敗してから数カ月後が舞台。
まずはマミさん…もとい主人公のオズことオルドリンのおっぱいに目が行きがちだが
空白の1年を埋める要素として多数の新キャラクターが登場、特に第88王女のマリーベルと
オルドリンの関係は何処かスザクとユーフェミア(ユフィ)を彷彿とさせる。
オルドリンとマリーベルは友人同士で皇族と騎士の身分に捉われず互いを名前で呼び合い、
オルドリン専用のランスロットが到着した際には手を繋いで機体を眺めるなど
百合要素もあり(本編からゲストで登場した「おめでとう〜♪」のロイド博士に邪魔された時には
「いいトコだったのに…」と2人して心の中で残念がる始末…こりゃガチだな…)。

オルドリンがオズの愛称で呼ばれ、第1話で1939年公開のミュージカル映画「オズの魔法使い」で
主人公のドロシー(演:ジュディ・ガーランド)が歌っていた歌「虹の彼方に(Over the Rainbow)」を歌ったり、
オルドリンのメイドの名がトト(オズの魔法使いにおける主人公ドロシーの愛犬の名)だったりと
随所にオズの魔法
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 4DK 投稿日 2012/8/14
形式: コミック
ギアスの新作が漫画で連載開始と聞き、ニュータイプエースを買い始めました。
1巻では0話〜3話まで収録されていますが、雑誌掲載時と比べて色々と修正がされています。
特にKMF戦はトーンの貼り方が変わったり、他にも丸々書き直されてるコマもあったり見ごたえが上がっています。

純粋にストーリーの先も気になる作品で、完結するまで追っかけて行きたいと思っています。

ホビージャパンでは漫画の主役オルドリンの対となるオルフェウスが主役の話が連載中ですが
そちらはメカ戦が濃厚なフォトストーリーで、こちらの単行本化も楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ななし 投稿日 2012/9/17
形式: コミック Amazonで購入
ブラックリベリオン直後におけるブリタニア国内の情勢や、「反逆のルルーシュ」では描かれなかった「ブリタニアのカルチャー」の一部等を見ることが出来ます。
クラッシャー・ソキアなど、国内のアスリートが登場していることが「ブリタニア好き」としては美味しいところ。

反逆のルルーシュでは敵だったブリタニア軍が主役を張っていることで、「別の視点」からギアス世界を堪能出来るのが素晴らしい。

絵はこれまでのギアスコミカライズの中では一番原作に似ていて綺麗ですし、メカが本当に格好良いです。
そしてある意味「亡国のアキト」以上に本編と近い世界でのお話なので、まさにこれこそ「反逆のルルーシュ」ファンに読んでいただきたい作品だと思います、個人的には。

そして何より目玉は当然「ランスロット・グレイル」。ランスロットシリーズの中では“トランプのダイヤ”に位置するこの機体。凛々しく、華やかです。
武装の違い等から、スペードの本家ランスロットとはまた違った魅力を味あわせてくれることでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック