Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 信長の野望・革新
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

信長の野望・革新

プラットフォーム : Windows 98, Windows ME, Windows XP, Windows 2000
25件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • 戦国時代を戦い抜く群雄達を主人公にした戦略歴史シミュレーションゲーム
新品の出品:1¥ 15,000より 中古品の出品:7¥ 1,499より


キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows 98 / ME / XP / 2000
  • メディア: CD-ROM
  • 商品の数量: 1

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

  • 戦国時代を戦い抜く群雄達を主人公にした戦略歴史シミュレーションゲーム

動作環境:

  • [windows]
  • 対応OS: Windows98/Me/2000/Xp
  • CPU: Pentium III 1000MHz以上
  • メモリ: 256MB以上
  • HDD: 3GB以上の空き容量
  • メディア: CD-ROM
  • モニタ:1024×768、HighColor以上 ビデオカード:VRAM 32MB以上、DirectX 9.0c以降、3Dアクセラレータに対応のもの 他CD-ROMドライブ、DirectX 9.0cが必要 ※効果音・BGMを楽しむには、OSに対応した16bitステレオ44KHzのWAVE音源が再生可能な環境が必要。ネットワークを利用する場合、インターネットに接続できる環境、接続費用が必要。ネットワーク機能を利用するには、55kbps以上の通信環境が必要。「ネットジョイ」を楽しむには、インターネットに常時接続できる環境が必要

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0009EWF96
  • 発売日: 2005/6/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 1,928位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

戦国時代を戦い抜く群雄達を主人公にした戦略歴史シミュレーションゲーム。シリーズ初の「日本全国3D 1枚マップ」を採用。1枚マップ上で合戦が行われることにより、インタラクティブ性の高い戦略が要求されるのはもちろん、難攻不落の「山城」での攻防や、強力な艦船や兵器が勝敗を左右する「海戦」が、美しい3D空間で繰り広げられる。また本作では、施設を建設する内政や敵対勢力と繰り広げる合戦など、全てがリアルタイム制で進行していくため、臨機応変な戦略とスピーディな展開が体験できる。新たな要素として、勢力に「技術」の概念を採用し、射撃間隔が短くなる鉄砲技術「連式銃」や、金山の収入が増加する内政技術「灰吹法」など、全部で80種類以上もの技術を用意。また、全国60カ国の統一を目指す「全国モード」のほかに、「九州」や「四国」といった地方の統一を目指す「地方モード」を装備。シナリオは、史実シナリオ4本と仮想シナリオ1本の合計5本が用意され、中でも仮想シナリオの「群雄集結」では全武将が時代を超えて登場するので、「北条早雲」「上杉謙信」「真田幸村」といった名将達の夢の対決が実現する。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

78 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2006/2/17
信長の野望シリーズも随分とプレイしてきました。

今回の『革新』は、フルリアルタイム、合戦も内政もすべてリアルタイムで進みます。

「ターン」のようなものがなく、「1日」単位で時間が進んでいきます。

そして、CGがとても綺麗です。

CGに関しては★★★★★だと思っています。

ただ、フルリアルタイム、技術開発(技術力を高めていろいろなものを開発していく)、という二点以外には特に斬新さは見受けられません。

やはり、シリーズ従来の欠点としては、中盤以降は合戦しかすることがなく、せっかくのシムシティ式街作りもそんなに重要じゃなくなってきます。

また、策略、謀略の類がほとんどなく、知将や忍者の活躍の場がほとんどありません。

そのへんはかなり痛いかと。

そして、全国統一までかなり時間がかかります。

欠点も多いですが、街作り、フルリアルタイム、などのシステムが好きであれば、買ってもそんなに間違いはないと思います。

……ただ、個人的には、やはり、朝廷との交渉がなかったり、将軍家(足利家)との関係性がまったくなかったり、京を押さえることにまったく意味がなかったり、策謀の皆無、などが、中盤以降はひたすら力押し、のような、マンネリ化をさらに強めている感が否めません……
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
59 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 So called little boy 投稿日 2005/7/4
信長シリーズでは初のフルリアルタイム シミュレーションになった。
これまでのターン制は廃止。初プレイ時にはチマチマ感が気になったが、慣れればリアルタイムの醍醐味が存分に味わえる。
戦闘に特化したシーンはなくなったので、演出面は弱くなった。
しかし、城攻めをするにしても、他の城からリアルタイムにどんどん援軍が送られてくるなど、
リアルタイムだからこそ可能なCPUの戦略が良くできている。
これまでのシリーズはCPUの癖を見抜けば、戦闘がマンネリになった。
今回は、敵の動きを予想して国境付近に増援部隊を配置したり、
敵援軍の通り道に横槍を入れて撃退するなど、多彩な戦法が楽しめる。
また、自勢力がNo1になると多勢力が一斉に包囲しにかかってくるので、
緊張感が持続し、後半ダレがちだった展開のダルさが改善された。
そして、なんといっても「城」の使い方が楽しい。
今回の城はとても強力な兵器になるので、まさに拠点としての重要な役割を持つ。
城を最高の強度にすると、たった1~2人の武将、そして少ない兵でも守れる。
本来の城は、少ない兵で大群に対抗するためにあるのだが、
今回はそれがうまく再現されている点がうれしい。
撃退した敵の負傷兵は城に吸収できる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/5
システムは面白いです。前作までのリアルタイム戦闘は
そこそこ楽しめたが他の海外ストラテジー系に
比べるとかなり中途半端で戦術的な要素もあまりなく
だるかった所もあったので思い切って三国志Ⅸなどで
培ったシステムを進化させたのは正解だったと思います。
三国志、信長シリーズで最近よくやっていた中盤の包囲網も
今作で初めて機能したように思います。一斉に多方面からの攻撃は
リアルタイムなので忙しいがゾクゾクするような緊張感がありました。
まあ、終盤は相変わらずの消化試合みたいなものでしたが(笑
多分(いや、かならず)PKが出るのでお金払わせる以上は
ユーザーの納得のいく物を作ってほしいものです。
そうでなければ無料のパッチで対応してほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Siropi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/9/3
 箱庭の楽しさを全面に出した前作も、とても素晴らしい出来でしたが、人気の高かった箱庭をスッパリ簡略化し、リアルタイム制による、戦闘や戦略・戦術の駆け引きを全面に出した今作は、更に素晴らしいものになっていると思います。
 城攻めに出陣して手薄になった自城を隣の国が奇襲してきたり、攻められた城に戦力を集中させると、更に他の城が攻められたり、リアルタイムならではの、駆け引きががとても面白いです。
 戦闘の楽しさを全面に出したことで、外交面や内政面などがかなり簡略化されてしまってはいますが、それを補って余りあるほど戦闘が楽しいです。
 敵国の成長度合いにもよりますが、KOEIシュミュレーション作品で、初めて終盤の戦いを楽しめました。
CPUのレベルはやはり上級でも今ひとつですが、システムが良いからか、とても緊張感のある戦いが出来ます。
とてもお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー