¥ 9,234 + 関東への配送料無料
通常2~3日以内に発送します。 販売元: EDIONネットショップ

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,980
+ ¥ 540 関東への配送料
発売元: PCDEPOT
カートに入れる
¥ 10,590
+ 関東への配送料無料
発売元: アルバセレクト
カートに入れる
¥ 10,765
通常配送無料 詳細
発売元: TS Factory
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 信長の野望・創造
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

信長の野望・創造

プラットフォーム : Windows
221件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 10,584
価格: ¥ 9,234
OFF: ¥ 1,350 (13%)
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、EDIONネットショップ が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
パッケージ版
  • 対応OS:Windows XP(SP3) / Vista / 7 / 8 / 8.1 (32bit / 64bit) 日本語版 *XPは32bitのみ対応
  • CPU:[必須] Pentium 4 1.6GHz [推奨] Core2 Duo 2.0GHz以上
  • メモリ:1GB以上
  • 初代「信長の野望」収録。(Windows版特典)
  • ネットワーク接続環境必須
新品の出品:8¥ 8,980より 中古品の出品:2¥ 7,600より

adobe ccpp
ダウンロード版ならさらにお買い得
この商品にはパッケージ版よりもさらに8%お買い得なダウンロード版商品がございます。すぐに使えて何度でも再インストール可能。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報

バリエーション: パッケージ版

動作環境

バリエーション: パッケージ版
  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1

よく一緒に購入されている商品

信長の野望・創造 + 信長の野望・創造 コンプリートガイド 上 + 信長の野望・創造 コンプリートガイド 下
合計価格: ¥ 13,122
ポイントの合計:  118pt (1%)

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

バリエーション: パッケージ版
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00EXZFJTK
  • 発売日: 2013/12/12
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9  レビューをすべて見る (221件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ソフトウェア - 858位 (ソフトウェアの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

バリエーション: パッケージ版

Amazonより

創造せよ、新たな天下を
―――――創造せよ、新たな天下を―――――

戦国時代の日本を舞台に、日本全土の統一を目指す歴史シミュレーション
「信長の野望」シリーズが、約4年の時を経て大きく進化を遂げて登場!
『信長の野望・創造』は2013年で30周年を迎える本シリーズの14作目だ。
コンセプトは、「新時代の創造」。
織田信長が成し遂げられなかった天下布武、新しい世界の創造をプレイヤーの手で実現する。
美しくリアルに進化した城下町や、多数の軍団が入り乱れるダイナミックな合戦、
ドラマティックに描かれるイベントなど、大きく進化した「信長の野望」となっている。
いざ、信玄、謙信など並みいる強敵を打ち破り、天下統一を目指せ!

◆美しく、リアルなフル3Dの全国1枚マップ!
◆美しく、リアルなフル3Dの全国1枚マップ!

戦国時代の日本を美麗な3D1枚マップで再現。
ズームによって自由に視点を切り替えられ、発展する城下町や四季の変化の美しさを実感できる。
勢力拡大の基礎となる城下の町並みは、プレイヤーの方針に応じてリアルに成長・拡大していく。
農業重視の大穀倉地帯にするか、商業重視の大商業都市にするかはプレイヤー次第。
思い思いの城下町をつくり、理想の天下をめざせ!

◆多面作戦が生む、ダイナミックな合戦!
◆多面作戦が生む、ダイナミックな合戦!

本作では、シリーズ最多となる300以上の城が登場し、
“複数の城から出陣した軍勢が連携して複数の城を同時に攻撃する”といった多面作戦による合戦が可能となった。
城と城の連携による挟撃、城から敵を誘い出す策謀など、
これまでにない大きな視点でダイナミックな合戦が繰り広げられる。
また、周辺勢力との同盟や、援軍の根回しなど、「外交工作」も勝敗を左右する重要なポイントとなる。
さらに、俯瞰始点と近接視点である「会戦」を切り替えることが可能。
俯瞰視点とはまた異なる、迫力ある画面で部隊同士が激突する様をダイナミックに味わえる。

◆自らの手でドラマティックな歴史を演出!
◆自らの手でドラマティックな歴史を演出!

プレイヤーの選択で戦国時代がよりドラマティックに。
シリーズ初となる「フリークエストシステム」を導入。
連続するクエストによって、プレイの過程で大名の人生が語られる。
クエストの合間には、戦国時代を堪能できる歴史イベントが挿入され、ストーリー性もアップ。
―――史実の道を歩むのか?
誰も見たことのない新たな戦国時代を築くか?
すべては、プレイヤーの手に委ねられる!

◆◆豪華特典満載の『信長の野望 30周年記念TREASURE BOX』同時発売!◆◆


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

585 人中、514人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 waltz トップ500レビュアー 投稿日 2013/12/14
パターン名(種類): パッケージ版 Amazonで購入
とりあえず発売日から30時間ほどプレイした感想を。

チュートリアルもそこそこに、一番最初にプレイしたのは桶狭間の戦いで難易度は中級。大名は南部家。
まず思ったのが支城の多さ。初期の段階でどの大名勢力にも本城が1つに対して必ず1つ以上の支城、多いところでは3〜4つほど支城がある勢力もある。
2つ目は内政。内政はかなり簡略化され、開発、政策、取引の3つになった。
開発は従来通り、城下町に施設を建てるものである。
力を入れられるのは主に農業、商業、兵舎の3つ。それぞれ兵糧、金銭、兵力に繋がっている。
そしてそれぞれが数値化されており、支城では大体200〜300、本城では500程度というのが上限値である。
政策は、名前の通りその大名勢力がなにに力を入れるか、というのを決めるものである。
商人と兵糧、馬、鉄砲などのやり取りをするのが取引で、前作の天道とは違い、1ヶ月で必ず訪れるようになっている。
開発に関して言うと、最初は小規模の施設しか作れないが、開発を重ねていくことによって、より効率の良い施設に建て替えられるというシステムになっていた。

そして今作では、"人口"という概念があり、町に住んでいる人の人数の多さも一つポイントになっているらしい。
人口がある程度
...続きを読む ›
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
263 人中、225人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kpm 投稿日 2014/3/11
パターン名(種類): パッケージ版 Amazonで購入
巷の評価はおおむね高いようだ。
しかし、私はあまり諸手を挙げてそれに同調する気にならない。

確かに、戦略に徹してゲームスタイルを刷新したことはそれなりに評価できる。
でも、粗が多いのは高い評価をしている人も認めているとおりである。

レビューの題名で「未完成品」と言っているのは、いかにもパワーアップキットで入れますよという匂いのするところが多々ある点である。

完成品に、さらに要素を加えるというのならば確かにパワーアップだ。
他のゲームでももはやあたりまえとなったDLCと考えれば、悪くはない。

しかし、最初から6割、7割のモノを売っておいて残りの3~4割の部分をたしますというのは、パワーアップではない。

私は信長シリーズは初代から全て購入してやってきた。
以前からも、他社のフルプライス商品よりも高い値段設定であったが、それでも納得して買わせるだけのものがかつてはあった。

しかし、光栄の最近の製品は、ユーザーからお金を回収するだけのものを作っているだけのようにしか感じられない。

おそらく私と同じように感じている人、それですでに見切りをつけた往年の光栄ファンも大勢いることと思う。

私もパソコン歴=光栄の発展を見てきた歴史という昔からのファンとして、あえて苦言を呈したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
131 人中、111人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中根 玄貴 投稿日 2014/6/18
パターン名(種類): パッケージ版
ライセンス認証が毎週おこります。
まともにゲームをやる気がなくなります。正規購入したユーザーを馬鹿にしてるとしか思えません。
気分的には起動するたびにライセンス認証です。

また、内政ゲー外交ゲーに偏っているのに、内政外交をやらなくても攻め続ければ余裕で勝てます。
いい加減未完成品を作ってからパワーアップキットとかやめろ。体験版としか思えん。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
315 人中、263人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アカデミア実習生 投稿日 2013/12/16
パターン名(種類): パッケージ版 Amazonで購入
 信長の野望シリーズの半数程度をプレイしています。特に覇王伝と革新は、それぞれが最新作だった頃にハマってずっとプレイしていました。

 さて今回の創造ですが、とりあえず信長で天下統一(惣無事令、征夷大将軍を無視して全城占領)したのでレビューします。強く感じたのが、
―戦術志向から戦略志向への転換
―ミクロからマクロへの自然な遷移を促されるシステム
と言う2点です。それぞれ面白い特徴だと思うのですが、総じて感じるのは「惜しい」です。

 個人的にシステムを大きく改善するならば、
・会戦システムの改良。部隊ごとに平面上を自由に移動できるようにし、会戦でも部隊の合流や挟撃による効果を実装する。会戦時に武将の優劣が戦況に与える影響を今よりも大きくする。部隊が合流したら仕切りなおしになる、意味のよくわからない仕様をやめる。部隊が全滅したらグラフィック上でも部隊を表示しない。
・軍団システムの改良。直轄軍団の拠点を自由指定「も」可能に。軍団を複数設置し、各軍団ごとに方針を指定できるようにする。
・外交システムの改良。朝廷の復活。従属だけじゃなくて降伏も。
の3点ですね。あとインターフェースも使いづらい。クリック回数が多すぎて手が痛い。

概要ここまでで、以下にもう少
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す

バリエーション: パッケージ版