この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コミックキューガール No.1 雑誌 – 2012/4/26


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 550 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。




登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 実業之日本社; 不定版 (2012/4/26)
  • ASIN: B007R1OZWO
  • 発売日: 2012/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

40 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 谷口 守 投稿日 2012/4/28
形式: 雑誌
創刊、そして廃刊ということで話題のこの雑誌ですが、「新連載スタート!」というのが一作品ごとに複雑な気持ちにさせます。

その内容ですがちょいエロギリギリに納めてある(R15?)あたりに手頃な読みやすさと読後の適度なウニャムニャ感があり個人的には実に好印象(笑
話の流れはエロにつなげる為ではなく、話があって、その上でのアクセントとしての可愛らしさやちょいエロという感じ。
そしてその基準というのが参加されている作家さん全体に良く統一されているなと感心もしました。安易なエロに頼った構成ではない作品が1冊でまとめて読める安心感があるともいえます。他の方の感想にはそのあたりの基準が中途半端な雑誌とも聞きましたが、編集者の企画や意図というのが自分にはしっかり感じられた気がします。
すべてが第一話ということもあり、評価は難しいのですが続くのであればそれなりに期待できる作品も多数あるように感じられました。実に惜しい、続きが読みたいと思います。

作家の皆さんが次号もあることを前提に描かれた作品ばかりですので、その輝きと現実としての廃刊というギャップに補正が働いてしまうのかもしれませんが、これで廃刊というのはいかにも惜しいばかり。「次号に続く!」というのがこれまた作品ごとにあってなんとも切ない気持ちにさせられます。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 無題 投稿日 2012/4/27
形式: 雑誌
成年コミックマークがないけど、ちょっとエッチな軽め漫画雑誌といったところですかね。
ただ、質や量への物足りなさが否めないです。

(本体価格)680円出しても後悔しないつもりですごく読みたいと思う方は
某通販サイトでは再入荷の予定があるようなので、そちらを利用することをおすすめします。
書店にまだ残ってる可能性もあるかもしれませんが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おさかな 投稿日 2012/5/16
形式: 雑誌
2012/05/15現在で、近所の本屋で2冊あるのを発見したので買ってみました。

まぁ、言われてるほど、エロくはないなぁ、というのが第一印象。
とはいえ、微エロとはいえ、パンツか全裸のどちらかが1ページに1つはあるぐらいの勢い。

内容については「魔縫×少女」がこのあとどう話を進める気だったんだろう、と続きが気になったぐらいで、他の作品については・・・

ファンなら買ってもいいかもしれないけど、定価以上を出す価値は無いと思う。

ちなみに、手に入れてみて「こんな卑猥な本は出せない」とかいう噂の信憑性を疑っています・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック