Amazon Kindleでは、 コドモダマシ ほろ苦教育劇場 角川文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コドモ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、綺麗なものを販売しております。※新品同様の品質ではありません(書き込みやマーカーがない状態)万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

コドモダマシ―ほろ苦教育劇場 単行本 – 2008/9


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 45


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

--このテキストは、文庫版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

コドモダマシ―ほろ苦教育劇場 + 続・反社会学講座 (ちくま文庫)
両方の価格: ¥ 2,354
ポイントの合計:  26pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

正論だけでは、大人になれません。格差、環境問題、できちゃった婚…。甘ったるくない現実を、当代の戯作者が斬る、斬る、斬る!笑えて思わず納得の、マッツァリーノ流教育のすすめ。

著者について

日本文化に造詣が深い、イタリア生まれのアラフォー戯作者。現在は千葉県民。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくはマクドナルドの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。

登録情報

  • 単行本: 236ページ
  • 出版社: 春秋社 (2008/09)
  • ISBN-10: 4393373251
  • ISBN-13: 978-4393373255
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 688,620位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タカニシ 投稿日 2008/12/4
形式: 単行本
夏休みの自由研究にも詳しい自称イタリア人、パオロ・マッツァリーノが
家族の会話という形で世の中の常識に思わぬつっこみを入れまくる本。

一読したときには少し毒気が薄くなったかな、と感じた。
だが何度も読んでいる内に、毒気が薄くなったのではなくオブラートが厚くなっただけだと気付いた。
お金儲け、離婚、子どもの描く絵、マナーの悪い人への注意…身近でシリアスな問題を
巧みに笑いのオブラートにくるんで分析する、その慧眼は衰えていない。
『反社会学講座』『反社会学の不埒な研究報告』『つっこみ力』これらはどれも面白いものの、
子どもに読ませるには色々な意味で些か難があった。シモネタとか統計用語とか。
でもこれは専門用語を極力排して─もともとパオロ氏の著作はそうだったが─
なおかつシモネタも遠慮してあるので、子どもにも安心してプレゼントできる…よね?

変なこだわりを抱かずに読みましょう。そうすればこの上なく楽しい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Den 投稿日 2008/9/29
形式: 単行本
「なんでなんで?」星人の子供に父親が「なんでなんで?言うんじゃない!」なんてこと言わずに真面目に答えたり、ユーモアで返したりと、自分の子供相手なので教育上なんてことも気にしつつ、父親は子供の成長を願います。
ここで出てくる話のネタ元が統計データや、WEB上のURL、「理論派お父さんのためのブックガイド」として挙げられてまして、これがなかなか統一感がないと言えばないんですが、多方面に渡っているので、普段興味が向かない方向の本を手に取る機会にはなるかも?
個人的に面白いと思ったのは
・余剰人員をクビにするのはどんなバカでもできるけど、役に立ちそうもない社員になにができるかを見抜いて仕事を与えられるのは、一流の社長じゃないとできませんもんね。
・『教室は間違うところだ』
・健康のためじゃなくて、文化の問題
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
 副題は「ほろ苦教育劇場」となっているものの、子供の家庭教育のための参考書というより、むしろ大人のための教養書ではないかと感じた。
 構成は、どこぞのご家庭を舞台に、お父さんと小学生の息子を中心に不良老人のおじいちゃんや失業中の隣家のご主人も交じったコミカルな会話が繰り広げられ、そこに作者がツッコミを入れるというコント仕立てだが、軽めの文体とは裏腹に議論は存外に濃い。「歴史上の偉人を崇拝するようなガキには、歴史に何の爪痕も残さない凡人など軽蔑の対象でしかない」という下りなど、「ガキ」だけでなく大人にも当てはまることでは、と感じた。おそらく、歴史教科書に愛国的な英雄物語を載せないから教育がダメになるとがなり立てていた例の運動や、自身を臆面もなく坂本龍馬に喩えては世上の喝采を浴びている某タカ派タレント政治家あたりも、本質はそんなところなのだろう。他にも「お金儲けが悪いわけではないが、お金儲けだけを目標にする人は、がんばって働かないでズルをするようになることが多い」「役に立たない、使えないからといって、安易に切り捨てるような人間こそが使えないヤツだ」など、考えさせられる内容は多い。
 世のお父さんがた、巷に溢れるビジネス本の、オブラートに包んだ「勝者はエラい」「力は正義」の弱肉強食(それは即ち「勝者」になれなかったあなたが切り捨てられることも意味するわけです)とオブラ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sonojordan VINE メンバー 投稿日 2009/9/23
形式: 単行本 Amazonで購入
しばらく読書から遠のいていたらカンフル剤的に適当な一冊だった。

前著「つっこみ力」からするとだいぶ舌鋒が鈍っているらしい・・・
相変わらずの読書力には驚くばかりだが、読書感想文を劇場台本にしているだけで物足りなさがある。
表紙の操り人形の挿絵とタイトルがそのものを物語っているのか・・・な?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 ママモステ トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/18
形式: 文庫 Amazonで購入
一概にレベルの高いマッツアリアーノさんの著作群の中で、こちらは「第一位」というわけではありませんが、エンターテイメント性、批評の妥当性といった面で手堅い佳作といったところです。私個人が心に残った指摘は:
・「がんばって働いていたら、お金ももうかっていた」が理想
・ 終身雇用は神話 1980年頃でさえ、300人以上の大企業で働いていた人は全体の労働者の3割、そしてそのうち女性は途中で辞めるのが前提だったので、実質の終身雇用は全体の2割と推定される。それに当てはまっていた人は、ラッキーだと思わなくてはいけない(当たり前ではなく)
...などです。また、各テーマごとに推薦書が紹介されていますので、「ガイド本」としても楽しめます。現に、「論より詭弁」「悪と往生」など、氏が推薦している書を読み始めました。

文庫で出版されていますし、既存の氏のファンにも新参の読者にもおすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック