コクリ&... がカートに入りました
数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 2,520
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,720
通常配送無料 詳細
発売元: シャイン リング
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • コクリコ坂から [Blu-ray]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

コクリコ坂から [Blu-ray]


参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,436 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,908 (26%)
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 4,800より 中古品の出品:11¥ 1,848より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

スタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』
『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督が贈る感動ファンタジー『思い出のマーニー』DVD・ブルーレイが2015/3/18発売。予告動画も掲載中の 特集ページを今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

コクリコ坂から [Blu-ray] + 借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray] + 耳をすませば [Blu-ray]
合計価格: ¥ 16,380

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 宮崎吾朗
  • 形式: Color, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, フランス語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • DVD発売日: 2012/06/20
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (266件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B007JFE21C
  • EAN: 4959241713230
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 4,425位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

ジブリの初恋。

ジブリがいっぱいCOLLECTION
企画・脚本・宮崎 駿 監督・宮崎吾朗
『コクリコ坂から』

<作品解説>
太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。
そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。
人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。
煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。
人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。
しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。
そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。
それを取り壊すべきか、保存すべきか。
ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。
ふたりが見出した日本の“明るい未来"とは、何だったのか。
16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく―。

【商品仕様詳細】

<仕様>
BD50/1枚/ピクチャーディスク/MPEG-4AVC/複製不能

<画面サイズ>
16:9ワイドスクリーン 1920×1080 FULL HD

<音声>
日本語(2.0chステレオ/リニアPCM)
日本語(5.0ch/DTS-HDマスターオーディオ(ロスレス))
フランス語、韓国語、広東語、北京語(5.0ch/DTS)

<字幕>
日本語、英語、フランス語、韓国語、中国語(繁体字・広東語)、 中国語(繁体字・北京語)

<映像特典>
●絵コンテ(本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)
●アフレコ台本
●『コクリコ坂から』公開記念 手嶌葵 360°ライヴ in nicofarre
●手嶌葵「さよならの夏~コクリコ坂から~」主題歌PV
●主題歌発表記者会見
●初号試写後の挨拶
●初日舞台挨拶
●予告編集

★特殊パッケージ仕様

<同時発売>
『コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) (ブルーレイ)』
『コクリコ坂から 横浜特別版 (初回限定) (DVD)』
『コクリコ坂から (DVD)』

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スタジオジブリと宮崎吾朗監督が、親子2世代にわたる青春を描いた長編アニメ。太平洋戦争が終わって18年。明治に建てられた歴史と思い出の詰まった高校をめぐり、小さな紛争が起こる。そんな中、ある高校生の男女が心を通わせ助け合っていく。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ウサギのピーター君 投稿日 2014/6/29
形式: Blu-ray Amazonで購入
映画館で観て購入しました。
繰り返して観ても飽きないジブリ作品の個人的ベスト5に入ります。
確かに空気感は日本が元気の良かった昭和の真ん中ですし、登場人物達は普通に皆で肩を組んでコーラスする
など平成の時代とは少し様子は異なりますが、そんなことと無関係にキャラクターが生き生きとして可愛い!
小さな子供には無理かもしれませんが、学生さんには十分楽しめる作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鴨せいろが好き 投稿日 2014/7/23
形式: DVD
酷評の多い映画ですが、私は好きです。

ちょっとした仕草、何気ない横顔
見送る後ろ姿、偶然触れた柔らかさ、
理由なんてともかく、ただ好きになってしまうせつなさ。

そもそも、理屈で恋愛しないですもん。
細かいことはいいんじゃないでしょうか。
正面切って、批判すれば突っ込みどころ満載なのはわかります。
五郎がどうだ、太郎がどうしたって、
いいんじゃないのそんなこと。
小理屈こねる必要ないでしょ。

誰にでもある、若く愚かで背伸びをし始める
そんな時代を想い出させる映画だ。
はるか昔だけどね。いいんです。
とどめに、坂田晃一だもん、泣ける。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジョン・リー 投稿日 2014/3/19
形式: DVD Amazonで購入
近年のジブリ作品では一番好きです。 時代も僕が生まれた1964年が背景だし、横浜育ちの妻も大好きな1本。 それにラストで出てくる内藤剛志さんのアテレコが実に味わい深くまた、主題歌の「さよならの夏」を聞くだけで涙が溢れてしまいます… 58才の若さで他界した母の胸に顔をうずめて、もう一度甘えてみたい…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
113 人中、86人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ドラ息子 投稿日 2012/6/26
形式: DVD
見た感じ良い意味でも悪い意味でもすごくシンプルでした。
学校のおんぼろクラブハウスである「カルチェラタン」の取り壊し騒ぎをきっかけに
知り合う海と俊達が、一枚の写真をきっかけに自分達の出生、親たちの謎を知ると言う
簡単に説明できる内容です。
物語的にも驚くような起伏も無く淡々と進んでいくのですが、
その過程はあくまで心地よく、いわゆる悪人も居ません。
ここら辺は豪快な宮崎駿とはまったく逆のベクトルの感性なのかなと感じました。
宮崎駿的なものを期待して見ると肩透かしを食らうと思いますが、
僕はこの宮崎五郎監督の若干湿っぽい感性も嫌いではなく、なかなかよかったです。
ゲド戦記はシナリオがどうしようもない感じでしたが、今回は無難にまとまっています。
ゲド戦記の時もそうでしたが、手嶌葵さんの歌がとてもよく、
歌に救われている部分は大きいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/10/5
形式: DVD
 2011年、宮崎吾郎監督「コクリコ坂から」です。

 先に手嶌葵さんの「コクリコ坂から歌集」を聴いてみたのですが、いまいち意味が分からなくて、この作品を見てみました。
 率直な感想は、「全然期待していないカラッポのところに、いきなり昭和臭いものを投げ込まれた。でも、意外と居心地が良かった」です。

 時代は、東京オリンピック前、「上を向いて歩こう」が流れる時代。
 舞台は、たぶん、横浜あたりの港町です。(横須賀? 川崎?)
 高校のクラブハウス「カルチェラタン」の取
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gamkuso 投稿日 2013/11/13
形式: Blu-ray
私は本作を観る以前に、手嶌葵の主題歌「さよならの夏」を聞き
とても気に入っていました。

そのため、曲のイメージから
「昭和30年代後半を舞台にしたオーソドックスな恋愛ドラマなんだろう。」
と勝手に想像していました。

しかし本編は思いの外、様々な要素を詰め込んでいて見応えがありました。
ラストにもう少し余韻が欲しかったところですが、爽やかな幕切れは良いです。
作画の緻密さや背景の美しさも見事ですね。

ただ、挿入歌の使い方があまり上手くないところと、
どうしても長澤まさみの顔が浮かんできてしまうのがちょっと残念でした。
有名な芸能人を起用するのはやはり弊害がありますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック