Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ゲド戦記 詩画集
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ゲド戦記 詩画集 [単行本]

宮崎 吾朗
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,296 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
2014年夏アニメ・ドラマ
2014年7月期のアニメ化、ドラマ化作品を原作コミック、小説から関連書籍まで一挙ご紹介。2014年夏アニメ&TVドラマ化特集を見る。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容紹介

宮崎吾朗監督が映画のために描いたイメージボードと10編の詩で構成した詩画集。
今見直してみると、あまりに拙く、恥ずかしいような絵ばかりなのです。それでも映画「ゲド戦記」の出発点はここにあったのだと思うと、初めての経験を前に妙に興奮したような、新鮮な気持ちを思い出します。(あとがきより)
ゲドとアレンの旅を連想させる、濃密な48頁。
「テルーの唄」ほか収録された詩は全て曲が付けられ、『ゲド戦記歌集』としてCD化されている。

内容(「BOOK」データベースより)

映画「ゲド戦記」の準備が本格化したのは、2005年の春でした。それまで著者はジブリ美術館館長の仕事の合間に、いつ形になるか見当もつかない状態で映画の企画案を練る日々でした。そんな状態が1年以上も続いた後のその春、プロデューサーの号令で初めて準備室が用意され、後に作画演出を務めてくれることになる山下(明彦)さん、同じく美術監督の武重(洋二)さんが加わって本格的に検討を始めたのでした。この本にのっている絵の多くは、その頃の、ほんの数ヶ月の間に描いたものです。

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: スタジオジブリ (2006/08)
  • 言語: 英語, 不明
  • ISBN-10: 4198622019
  • ISBN-13: 978-4198622015
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 980,794位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本|Amazonで購入
「ゲド戦記」は、良いですよねぇ・・・。
吾郎監督の描く絵は、素朴で、初めて観た時から(良い絵を描くなぁ〜)と思っていました。

そんな僕ですから、吾郎監督のこの画集はとても興味がありました。
amazonで購入して、中を眺めてみると、割と建築物の絵に重きがおかれていて、アレン、ハイタカ、テルーなどのキャラクターは、思ったより描かれていませんでした。

そこは、個人的にはちょっぴり残念でしたけど・・・、建物などの絵は、さすが建築家だけあって・・・って感じです。

でもたまに、アレン、テルーが出てくると、(やっぱり良いなぁ〜)って思っちゃいました。
あまり、触れている人がいませんが、吾郎監督の書く歌詞は、とても素人とは思えない素晴らしい歌詞だと思います。
「別の人」、「春の夜に」、「テルーの唄」、「時の唄」なんかは、個人的にとても好きです。(「時の唄」は共作ですが。)

いや、というか全部良いですよ、歌詞は。

映画「ゲド戦記」は、酷評も目立つ作品ですが、僕はとても良い映画だと思います。

もし、このレビューを吾郎監督が読んでいるなら、こう言いたいです。
「吾郎監督は才能豊かな人です、自信を持って次回作に取り組んでください。」と・・・。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック