中古品:
¥ 2,286
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カード付き。ケース、盤面共にキレイです。こちらの商品は擦れ・汚れ防止対策としてクリスタルパックへ入れ、Amazonの倉庫で保管されており、Amazonより迅速に発送され、代引きやお急ぎ便などの発送オプションをご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ゲゲゲの鬼太郎 60’s3 ゲゲゲの鬼太郎 1968[第1シリーズ] [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:10¥ 2,286より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2014年 秋アニメ 予約開始タイトル一覧
2014年10月から放送のアニメ、『ガンダム Gのレコンギスタ』、『甘城ブリリアントパーク』、『天体のメソッド』、『Fate/stay night』などブルーレイ&DVDと関連商品一覧はこちら。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 野沢雅子, 田の中勇, 大塚周夫
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • DVD発売日: 2008/07/25
  • 時間: 156 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0017XB5X0
  • EAN: 4988013566842
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 158,837位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

水木しげる原作の人気妖怪アクションアニメの第1シリーズを収めた第3巻。幻想的な雰囲気を持ち、妖怪たちが生き生きと描かれた本シリーズは瞬く間に妖怪ブームを巻き起こした。第13話「地獄流し」から第18話までを収録。

内容(「Oricon」データベースより)

水木しげる原作の人気妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第1シリーズの1968年版が初単品DVD化。第13話「地獄流し」から第18話「魔女人形」まで収録した第3巻。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

Amazonで購入
何十年ぶりに、子供の頃見た懐かしさに出会えた気がしました。
怖さの中に何か考えさせられる一面も・・・・自分が大人になったから感じるのかも・・・・・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キチ丸 投稿日 2010/9/2
モノクロの鬼太郎のテンションは奇妙で最高です。 エリートのギターソロや、水虎の回の目玉、田の中勇の現在はザ・放送禁止な用語、など、初代ならではの原作とは少し違う魅力が渦を巻いてます! 今の軟弱な五期の偽鬼太郎とは力強さが桁違いです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 枯葉の賑わい 投稿日 2009/5/3
原作版ではかなり魅力的なペン画で描かれた口絵でも有名な第18話『魔女人形』や第17話『猫仙人』が登場しますが、やはり当時の日本型アニメーションの限界で魅力は半減されてしまっています。

漫画版『ゲゲゲの鬼太郎』の魅力はなんといっても丹念に書き込まれた水木しげる先生のペン画で、当時リアルに書き込まれた漫画は殆んど有りませんでした。
水木しげる先生の場合特に日本の自然を舞台にした背景は絶品で、懐かしい昭和の町並み等は私等リアルタイムで見た世代はこれだけでノックアウトされてしまいます。
特にこの当時は水木しげる先生も絶頂期のタッチで、更にスタッフには超リアルタッチで後に有名になる池上遼一先生なども御弟子さんに居ます。
魅力半減も致し方あるまいと感じてしまいます…

今回の第3巻の見せ場は『吸血鬼エリート』前後編なのですが、やはり時代はもはや吸血鬼に怖さを感じる事が出来ず、新たに見る世代には魅力的なキャラクターでは無いように思えてしまいます。
むしろ第13話『地獄流し』の方が現世代にはゲゲゲの鬼太郎特有の意外性が有りインパクトがあるかも知れません。

第14話ではテレビ版『悪魔くん』、東映特撮番組やピープロ特撮で知られた売れっ子の高久進さんが脚本を書いています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック