この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ケインズ (講談社学術文庫) 文庫 – 1993/12


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1930年代の世界恐慌下、大量失業を救うために低金利政策と積極的な公共投資を主張して、伝統的理論を一新したケインズ。その経済思想と彼の代表的学説『雇用・利用および貨幣の一般理論』の骨格を、豊富な図表を用いて平易に説き、ケインズ経済学の真髄を論究。欧米など先進各国の経済運営に画期的変革をもたらし、いま再び世界的な長期不況の下で注目される大経済学者の理論と影響力を描く力作。

著者について

【伊東光晴】
1927年東京生まれ。東京商大卒。専攻は理論経済学。東京外大教授、千葉大教授を経て現在、京大名誉教授。著書は『経済学入門』『大量消費時代』『技術革命時代の日本』など。

【水田 洋】
1919年東京生まれ。東京商大卒。現在、名古屋大学名誉教授。主著に『アダム・スミス研究』。

【浅野栄一】
1929年東京生まれ。東京商大卒。現在、中央大学教授。著書に『ケインズ「一般理論」形成史』。

【青木達彦】
1945年上海生まれ。現在、信州大学教授。著書に『経済動態と市場理論的基礎』(共編著)。


登録情報

  • 文庫: 421ページ
  • 出版社: 講談社 (1993/12)
  • ISBN-10: 4061591053
  • ISBN-13: 978-4061591059
  • 発売日: 1993/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 581,047位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

45 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2001/10/30
形式: 文庫
著者は自他ともに認める「ケインズ原理主義者」(根井雅弘)。経済理論史のオールラウンドプレイヤー=杉本栄一が京都大学に残した弟子(その伊東が京大に残した弟子が根井)。名著として名高い『コンメンタール---ケインズ『一般理論』』(宮崎義一との共著)が絶版で古本屋にもあまり出回らない現下,浅野栄一が有斐閣新書から出した『一般理論』の手引きと並んで,本書は最高のサブテキストだとされる。一日1,000円しか小遣いのないサラリーマンにとって,これを1,000円余りの文庫にした企画力が評価されるべき。ただ,水田洋と浅野と青木達彦という豪華な顔ぶれの共著であるはずなのに,伊東の単著であるかのような装丁は不思議。
I「現代経済思想としてのケインズ」,II「ケインズの生涯」(水田),III「ケインズの理論」,IV「ケインズと現代」という四部構成は,単行本時『人類の知的遺産』シリーズ編集局から課されたものだろうが(同シリーズ『ニーチェ』もそうだ),どれから読んでもよいほど各章が完結している。4頁にわたる索引まであるのは,わたしのような経済学音痴には嬉しい。これで1,000円。
「supplementary cost」「user cost」をめぐる適訳の提示にとどまらず,全集邦訳『一般理論』で訳された「不効用」より「負効用」が適切だと訴えているが,わたしもそう思う。“翻訳”を超えた“解
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 h.yamagata 殿堂入りレビュアー 投稿日 2011/8/15
形式: 文庫 Amazonで購入
 まず他のレビューでも指摘されている通り、これって伊東の単著じゃないのね。400ページのうち、150ページ分くらいは他の人が書いてる。それを単著と称して出すことの道徳性というのは批判されるべきだと思う。ケインズ経済学はモラルサイエンスだと言ってる人のモラルがこの程度とは。

 で、本書はケインズ―“新しい経済学”の誕生 (岩波新書) (1962) と、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本が大好きです 投稿日 2009/6/9
形式: 文庫
「一般理論という意味は、ただちに理解されるように、完全雇用の状態だけでなく、
失業者が存在する場合をも含む理論であるという意味であり、古典派の理論は、
働きたいというものがすべて雇われているという完全雇用の状態にのみ妥当する
(現実とかけはなれた)特殊理論であるということを、ケインズは明らかにしようとしているのである」
「ケインズは計量経済学に反対した。・・・それは行為の帰結を数学的期待値によって推定するということ自体が、
彼にとって帰結主義の代表であると考えられたからである。
確率によって将来が把握できるということは、将来を確定するということと変わりがない」
「将来がどうなるかわからない。それはもちろん不安と期待を生む。
・・・そして今日のいろいろな事態が、将来への予想を変えることによって、今日を変えていく。
・・・将来が現在を決定するという新しい思想をここに提出しえたのは、不確実性の世界を論ずるがゆえに、
帰結主義の立場をとることができないという、ケインズの功利主義哲学に対する徹底的な批判のうえに根ざしていた」
「予想(不安⇒流動性選好)は人によって多種多様であるというのがケインズ理論の前提になっている」

貯蓄美徳観を留保 = 累進課税の正当性 ⇒
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック