¥ 821
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
グーグ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501) 新書 – 2006/4


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) + ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
両方の価格: ¥ 1,685
ポイントの合計:  52pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

既存のビジネスとそれを支えた価値観が次々と「破壊」されているのをご存じか?その担い手は検索エンジンの怪物・グーグル。強大な権力を手中に収め、神のごとく君臨する日も近い。

内容(「MARC」データベースより)

既存のビジネスとそれを支えた価値観が次々と破壊されている。その担い手は、検索エンジンの怪物・グーグル。なぜグーグルはそれほどのパワーを持ち、そしてどのような影響を社会に与えようとしているのか、そんな疑問に迫る。

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/04)
  • ISBN-10: 4166605011
  • ISBN-13: 978-4166605019
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (82件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 75,415位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2006/6/24
形式: 新書
 梅田望夫著「ウェブ進化論 」(ちくま新書)を読了してすぐ本書を手にしました。「ウェブ進化論」ではバラ色のネット社会が展開するという楽観的論考に満ちていましたが、本書はグーグルの成し遂げようとする近未来には光と影の両面があることをきちんと指摘しています。

 私自身、グーグルなしには過ぎないという日々を公私に渡って送っています。ネット黎明期の95年にオンライン生活を始めてから、イメージ検索やニュース検索、英英辞典機能などグーグルであらゆる情報を渉猟するのが当たり前です。その恩恵は計り知れないとい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まりおん 投稿日 2007/2/15
形式: 新書
「ウェブ進化論」は、Google を神格化しておりましたが(この本の言い方で言うなら「インターネットという神に仕える侍祭」といったとこ?)、この本はこのままいくとこんな悪いこともあるかもよ、ということにも触れられています。

キーワード検索をつかった駐車場経営者やメッキ工場の話が実例としてあげられていたりして、なかなか面白かったです。グーグルの最終目標が「広告対象のデータベース化と特定」にあるのも明確にされております。

最後の方に「グーグル八分」(「司祭による宗教的追放」と述べられている)の問題とか、政治的に屈服した話とかも載っているので、全体の印象としては(倒置法により)「グーグルって実は危ないのでは?」という印象になっていると思われます。筆者の思惑がそこにあったのかは分かりませんが……

しかし、最後がフィリップ・K・ディックの『ユービック』の話で終わるのはどうなんだろう(笑)。

啓蒙書としては面白いと思います。うちの父に読ませてみよう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
40 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cob 投稿日 2006/5/14
形式: 新書
ベストセラー「Web進化論」の二番煎じかと思い購読してみましたが、グーグル等の新しいインターネット上のビジネスがどのように社会に影響を及ぼすか光と陰の部分が分かり易く書かれており非常にためになります。通常、このような本は日の当たる部分が強調される事が多く、同じ業界人としては辟易してしまうが、この本はインターネットが社会に与える影響の本質を鋭く捉えていると思います。

グーグルのセールス本とは違いますのでお薦めです。

また、短時間で読めるので飽きることがありませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 a98s219 投稿日 2010/7/19
形式: 新書
章ごとの見出しを追うと、Googleは、、、
1.すべてを破壊する 2.すべてを凌駕していく 3.すべてを再生していく 4.すべてを発信していく 5.すべてを選別していく 6.すべてを支配していく
となる。
 本書はややGoogleに対して過大評価の向きもあるが、ほとんどの部分でGoogleの現在の状況を適切に表現している本といえる。
 筆者によれば、Googleとは単なる検索エンジンの企業ではなく、「アドセンス」と「アドワーズ」をメインとした「巨大な広告代理店」であるという。この「アドセンス」と「アドワーズ」の「キーワード広告」のビジネスモデルによって、ユーザーに対して無料のサービスを展開することが可能になり、既存のマイクロソフトのソフト販売モデルのビジネスモデルなどを破壊していくだろう、としている。そして、今やGoogleの権力というのは「広告代理店」の枠を超えて、Webの中の「司祭」的な役割を持つに到る、としている。ここでの「司祭」というのは、ある宗教における絶対的な権力保持者ともいうべきだろう。つまりGoogleは、Webの世界における絶対的な権力になりつつある、ということである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック