Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
グリム童話の世界―ヨーロッパ文化の深層へ (岩波新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

グリム童話の世界―ヨーロッパ文化の深層へ (岩波新書) [新書]

高橋 義人
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 778 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

グリム童話の世界―ヨーロッパ文化の深層へ (岩波新書) + 昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社+α文庫)
合計価格: ¥ 1,793

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

魔女や小人、魔法の鏡、そして継母によるいじめ、動植物への変身…。「シンデレラ」「白雪姫」など19世紀ドイツのグリム兄弟が編んだメルヘンは、今も世界中で愛されている。だが、それらは本当は何を語っているのだろうか。キリスト教が広まる以前の神話・伝承にまで遡り、民衆の習俗や信仰、夢や恐怖に迫る、発見に満ちた案内。

内容(「MARC」データベースより)

「シンデレラ」「白雪姫」など19世紀ドイツのグリム兄弟が編んだメルヘンは、本当は何を語っているのか-。キリスト教が広まる以前の神話・伝承にまで遡り、民衆の習俗や信仰、夢や恐怖に迫る、発見に満ちた案内。

登録情報

  • 新書: 214ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/10/20)
  • ISBN-10: 4004310415
  • ISBN-13: 978-4004310419
  • 発売日: 2006/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 18,792位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 くろやぎ
形式:新書
 本書は、グリム童話のルーツをたどり、歴史的・民俗学的な方法で、グリム童話に書かれている内容の本当の意味を探る一書です。

 グリム兄弟は、収集したお話を7回改作して出版しています。

 当時、巷間に伝えられている話を、そのまま伝えるという(現代の民俗学のような)学問的伝統はなかったようです。グリムが施した「最低限」の脚色は、現代から見れば相当な改作にあたります。

 本書は、グリム時代の価値観をはぎとり、本当はどのような伝統・考えかたで口承文学としてのメルヘンが成り立っていったのかを考察しています。

 私が興味深く感じたことを、ふたつ挙げます。

 ひとつめは「飢餓の集団的記憶」ということで、「ヘンゼルとグレーテル」に見られるような、子どもを捨てる、子減らしをするお話が多いことを指します。中世ヨーロッパは、やはり貧しい社会環境だったのですね。

 もう一つは、古代ゲルマン信仰の影響とキリスト教の戦いということ。文化の伝承について考えさせられる内容で、衝撃的なのが、クリスマスを巡るキリスト教の動きです。古代ゲルマン信仰の最高神オーディンは、生活に深く根ざしており、冬至のお祭りも盛大に行われていました。

 キリスト教が、邪教であるゲルマン信仰
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ヨーロッパの土着信仰を探る 2006/11/15
投稿者 ビブリオン VINE メンバー
形式:新書
ヨーロッパでは、1630年代にイタリアのパジーレが蒐集した童話集「ペンタメローネ」、1697にフランスのペローが集めた「ペロー童話集」、19世紀になってドイツのグリム兄弟が集めた「子供と家庭のためのメルヘン集」(グリム童話)などが、口伝えで伝承されてきた童話を収集し文字化した代表的童話集だそうです。本書はとりわけグリムを中心にして、シンデレラ・いばら姫・ホレおばさん・白雪姫・ラプンツェル・蛙の王様などを取り上げ、それらの童話で何が本当に語られているのかを、歴史的民俗的に探っています。

キリスト教信仰がヨーロッパ文化では絶対的に思えます。しかし、童話の本当の意味を探っていくと、彼等の無意識や深層に、農耕民族や狩猟民族特有の神話的風習が残っていることが分かるそうです。考察は、童話だけでなく農耕や狩猟が全てだった時代の古い祭りや崇敬の対象にまで及び、童話解釈の確かな傍証にされています。

「シンデレラ」が美と醜とを変遷するのは、季節が変遷することに対応しているそうです。また「いばら姫」には、この世からあの世を経て、再びこの世にという童話の基本構造が見られるそうです。さらに太古の神々が出てくるような神話的な「ホレおばさん」、童話の主題の重要なモチーフである愛の賛歌が表された「白雪姫」、人は醜さがありながら、愛の力で救済されるという愛の救済を主題にし
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:新書
「自然を征服する西洋」と「自然と共存する日本」という固定観念に疑問を提示した本です。

昨今、「一神教は破壊的、アニミズムは平和的」といった言説を使って

「日本の優越」が易々と主張されています。

本書を読めば、この言説がいかに表面的でしかないかがよく分かります。

元々「西洋」は農耕文化圏に属し、アジア圏の人々と共通の深層意識を持っているということです。

「シンデレラ」の物語は農耕文化圏の「再生の願望」を土台としている、と本書では述べられています。

現在においても「西洋」で伝統的な風習が生きており、「西洋」の人たちは表層では

キリスト教だが、意識の深層はいわゆる異教的な信仰・価値観を持ち続けている、と結論付けられています。

我々がいかに物事の表面しか見てないかを告発した新書である、と思いました。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 maligaya
形式:新書
「眠れる森の美女」「シンデレラ」「白雪姫」「ヘンゼルとグレーテル」などの童話は、幼い頃に、恐らくだれもが慣れ親しんだことでしょう。
この本は、グリム兄弟(やペローなど)が収集した、ヨーロッパに伝わってきたこれらの民話の文化的背景をさぐっています。

口承されてきた民話にはさまざまなバージョンがあります。本書ではそのさまざまなバージョンも紹介され、その背景にある、ヨーロッパの気候、社会、民衆の記憶などについて検証しています。
さらにヨーロッパと日本の民話や祭り儀式の類似点や相違点も検証しており、私がもっとも興味深く感じたのは、この点でした。距離的に遠いはずのヨーロッパと日本。とくに、ナマハゲや火防せなどの東北地方の風習と、ヨーロッパの祭りや儀式の写真の対比には驚かされました。農耕文化、長い冬…といった共通項が、こうした類似点を生み出したのでしょうか。
非常に単純ですが、ヨーロッパが一気に身近に感じられました。

民話はキリスト教がヨーロッパに広まる以前からあり、本書はまた、ヨーロッパにおける、キリスト教とそれ以前からの風習や伝承のせめぎあいについても触れており、この点も興味深かったです。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 民俗学と日欧の対比
 グリム童話について、主として比較説話学的な見地から分析を行った本である。... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: 志村真幸
5つ星のうち 5.0 多様な視点からピンポイントで具体的な比較論
... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: ブリキ男
5つ星のうち 3.0 斜めから読むメルヘン
私はこの本の著者の高橋義人という人の名前を車谷長吉のエッセイで知った。車谷氏、毒舌炸裂であった。... 続きを読む
投稿日: 2011/3/10 投稿者: ヴァンセンヌ中納言
5つ星のうち 3.0 グリム童話と日本の民話
ヨーロッパ文化の深層へ、という副題が付いていますが、この本を読んで、日本の民話との符合に驚かされました。... 続きを読む
投稿日: 2007/12/4 投稿者: ライド
5つ星のうち 4.0 気軽に読める欧州文化の教養書
グリムに関する解説・分析本は国内だけでもで数多あり、そのスコープや深掘りの仕方も様々である。本書が先行する著作物を全部横に広げて見た場合、新しいしい視点の提供度合... 続きを読む
投稿日: 2006/12/3 投稿者: すばる星人
5つ星のうち 3.0 60歳の京大教授が書くものにしては落胆させられた
著者が自己主張する程には新味のあるメルヘヒェン解釈とは、どうしても思われないのが本書最大の弱点。... 続きを読む
投稿日: 2006/11/16 投稿者: さしきず
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック