Amazon Kindleでは、 グラップラー刃牙 1 少年チャンピオン・コミックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 453
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
グラッ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グラップラー刃牙 (1) (少年チャンピオン・コミックス) コミック – 1992/2


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

グラップラー刃牙 (1) (少年チャンピオン・コミックス) + グラップラー刃牙完全版 2―BAKI THE GRAPPLER (少年チャンピオン・コミックス) + グラップラー刃牙完全版 3―BAKI THE GRAPPLER (少年チャンピオン・コミックス)
合計価格: ¥ 2,613

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 秋田書店 (1992/02)
  • ISBN-10: 4253053092
  • ISBN-13: 978-4253053099
  • 発売日: 1992/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

29 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 国連射殺団 投稿日 2004/10/4
形式: コミック
私は遅れてきたバキファンです。
チャンピオンを購読していたのは幼少時のみ。がきデカやマカロニほうれん荘の頃だけだったので
それ以降20数年以上は雑誌を手にとることすらありませんでした。
それ故にあの溢れんばかりの情熱を「一挙に読破する」という快感を味わうことが出来ました。
ページを繰る手が止まらず、続きを、続きをと脳がせかす感覚を体験したのは久し振りです。
一日5~6冊ペースで購入し続け一週間かからず読み上げました。面白かった、と心底思える漫画です。
これがその一冊目です。絶対に期待を裏切りません。読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ほっくん 投稿日 2007/3/30
形式: コミック
今まで私は刃牙の絵を食わず嫌いして見ていませんでした、、、

しかし、友達が持っていたのでちょっと読んで見たら止まりませんでした!!!

基本的に難しい話はないので、すらすら一気に何冊も読めちゃいます。

読んでない人はおそらく食わず嫌いしていると思うので一度ぜひ読んで見てください!!!

読んでるうちに慣れますよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 孔明 投稿日 2009/2/9
形式: コミック
格闘漫画の最高峰・・・とは言いませんが、それに近い位置にはいると思われる作品です。

実在の人物をモデルにしたと思われる異種格闘技の戦士たちと主人公の戦いの数々は、紙一重の差で勝利したと思われる者が、次の試合でアッサリと「それ以上の力を持つ者」によって倒されたりする贅沢な展開。

父と子の「宿命の対立」という縦軸も、格闘という横軸と共に作品世界を構築する上で効果的だ。

問題点は・・・その「主人公の父親」が強すぎること・・・。
「地上最強の生物」だのホッキョクグマを素手で倒すだのと、生命を持った核兵器のような扱いで、倒しようがない。

だからサンデー連載の「うしおととら」と同じく「最強の敵」が当初から決まっているはずなのに・・・なぜか連載がいつまでもダラダラと続いてしまい、終結の糸口が見えてこない。

次シリーズ、その次・・・と続いているようだが、いつの間にか読むのを止めてしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック