Amazon Kindleでは、 グラスホッパー 角川文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
グラス&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 概ね良好だと思います。但しあくまで中古品ですから多少のヤケ、擦れ、キズ、折れ、シミ、汚れ等はご容赦下さい。★防水対策の上、梱包後、迅速に対応させていただきます。※もしも商品説明と異なると感じられましたら返金対応させていただきますので安心してお買い求め下さい。☆住所、部屋番号等の最終確認もよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グラスホッパー (角川文庫) 文庫 – 2007/6/23


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 637 通常配送無料 詳細 在庫あり。 在庫状況について この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

グラスホッパー (角川文庫) + マリアビートル (角川文庫)
両方の価格: ¥ 1,439
ポイントの合計:  45pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

著者からのコメント

押し屋という職業の男が出てきます。地下鉄の線路や交差点の車道に、相手を突き飛ばして、殺害するのが仕事です。鯨、と呼ばれる男がいます。相手を自殺させるのを仕事にしています。蝉という若者も登場します。彼は、ナイフを使い、依頼された相手を殺すのです。さらに鈴木という名前の男も出てきますが、彼は殺し屋ではありません。訳があって、この殺し屋たちの戦いに巻き込まれてしまいますが、彼の武器は、今は亡き妻との思い出だけだったりします。
 いつもの僕の小説に比べると物騒な感じのお話になりました。
 喜劇なのか悲劇なのか、オフビートなのかサスペンスなのか、ハードボイルドやアクション小説とも、ミステリーとも普通小説とも言いづらい、不思議な小説になったと思うのですが、読んだ方が面白がってくださることを今は祈るばかりです。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。

登録情報

  • 文庫: 345ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2007/6/23)
  • ISBN-10: 404384901X
  • ISBN-13: 978-4043849017
  • 発売日: 2007/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (208件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,037位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中野守龍 投稿日 2014/12/6
形式: Kindle版
すーっと話に入り込める書き出しは、流石売れている作家ならでは、と言う感じ。そしてそれがそのまま続き、最後まで飽きる事無く読み終えたと言う点では、及第点の作品だと思う。

しかし、何故この人が売れっ子作家なの?とか、何故これがハードボイルド(巻末の解説より)なおん?とか、非常に疑問に残る作品だった。
当たり前だけど、フィクションである小説は現実では起こり得ない事を現実風に書く(読む?)楽しさがある。しかし本作品は余りにも現実離れしていて、読んだ後に何も残らなかった。

その最大の理由は、余りにも登場人物が漫画的で有りご都合主義過ぎるからだ。どうして人を自殺に導く能力があるのか?どうして強力なコネがあるからと言って、人を何回も殺しても逮捕されずにいるのか?など、登場人物全ての設定が余りにも甘すぎる。
だから、さらっと読める点では良かったが、作品に一切入り込めない。しかもあきれる程いい加減な結末。

少なくともこの作品には、何の奥行きも感じられなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かぐや 投稿日 2014/10/27
形式: 文庫
妻を殺された鈴木が復讐するために例の犯罪組織に潜入し、計画を進めるものの復讐相手を横取りされてしまう。
そして他の殺し屋たちに巻き込まれてしまうお話。

相変わらず物語の導入は素晴らしい。すぐ没入させられ夢中になる。
キャッチーなキャラも多く、感情移入できるかどうかは別として、魅力はあるのではないかと思う。
キャラ立てに関しては安定している。いつもの伊坂作品といったところだ。

伏線の張り方は見事と言えるが、今作品ではややインパクトに欠ける仕上がりとなっている。
伏線もたくさん張られるのだが、中盤でだいたいの真相がわかってしまうのだ。
アヒルと鴨のときほどのインパクトはまったくなかった。
しかしアヒルと鴨は中盤のダラダラが非常に退屈だったのに比べ、今作品は中盤もそれなりに楽しめる出来になっている。
逆に、最後のすっきり感は微妙な感じだ。

以下、ネタバレを軽く含む。

中盤で展開が読めるので、途端にストーリーが引き伸ばしに感じてしまったのも確かだ。
女、子供、電話、住所。
この単語でストーリーが丸わかり。もしこれで読者を騙せたと思うのなら、伊坂さんの腕は落ちたなと思うし、伊坂さんはまだまだこんなもんじゃないだろうと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2014/10/3
形式: 文庫
元教師の主人公・鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
「押し屋」という殺し屋の犯行と分かると、鈴木は「押し屋」を追う。
一方、自殺専門殺し屋・鯨、ナイフ使い・蝉も「押し屋」を探し始める。
それぞれ思惑は交差し、物語は唸り声をあげて動き出す「殺し屋」小説。

著者:伊坂幸太郎(『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞受賞)

怖いけれど(そこまでグロテスクではないが)先々読みたくなってしまう系の真骨頂が味わえる、そしていつも通り伏線が最高に格好いい。

最後は、槿一家にきっと度肝を抜かれて、呆気にとられることだろう。
伊坂幸太郎作品で自分が一番好きな作品で、これぞ「手に汗握る」作品。

───「どんな動物でも密集して暮らしていけば、種類が変わっていく。黒くなり、慌ただしくなり、凶暴になる。気がつけば飛びバッタ、だ」(槿、p.159)

2014/08(12/116)★4.3
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 VINE メンバー 投稿日 2014/5/22
形式: 文庫
私が、本作品の著者の存在を知ったのは、2004年12月の「このミステリーがすごい!」(宝島社)で、国内編第2位に「アヒルと鴨のコインロッカー」がランキングされているのを目にしたことから。
同作品を読んで、その面白さに舌を巻きました。
早いもので、あれからもうすぐ10年も経つのですね。

その後、何冊か、著者の作品を読みましたが、同じ2004年に発表された本作品は、2007年の文庫化にあたって読んだ作品。

「これだけ個体と個体が接近して、生活する動物は珍しいね。人間というのは、哺乳類じゃなくて、むしろ虫に近いんだよ」
──作品の冒頭、主人公の鈴木は学生時代の教授の言葉を回想します。
さらに、鈴木は「ペンギンが密集して生活しているのを、写真で見たことがあります。ペンギンも虫ですか」と質問し、教授に叱責されたことも…。

本作品は、「殺し屋」が中心に活躍するお話。
そんな作品の冒頭が、上述の回想シーン──とても、不思議な世界だと思いませんか?
残虐なシーンの多いお話なのに、このユーモア感が溢れる著者独特の作品世界が広がっていきます。

今回、本作品を再読したのは、続編と言われる「マリアビートル」を読みたくなったからで、それなら、ちょっとおさらいして
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック