Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
今すぐKindleでグラスホッパー 角川文庫をお読みいただけます。 Kindleをお持ちでない場合、 こちらから購入いただけます。

Would you like to see this page in English? Click here.

Kindle または他の端末に配信

 
 
 

無料サンプル

冒頭部分を試し読みできます

Kindle または他の端末に配信

選択した商品の在庫はありません
選択したカラーの画像がありません。
カラー:
画像がありません。
 

グラスホッパー 角川文庫 [Kindle版]

伊坂 幸太郎
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (213件のカスタマーレビュー)

紙の本の価格: ¥ 637
Kindle 価格: ¥ 522
OFF: ¥ 115 (18%)
販売: Amazon Services International, Inc.

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 522  
単行本 --  
文庫 ¥ 637  
Kindle無料読書アプリ
【Kindle無料アプリ】
スマホ・タブレット・PCで読書。  どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。詳細はこちら

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ページ: / 最初に戻る
このショッピング機能では、継続して項目が読み込まれます。このカルーセル外にナビゲートするには、見出しのショートカットキーを使用して、次または前の見出しに移動してください。

商品の説明

内容紹介

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!

著者からのコメント

押し屋という職業の男が出てきます。地下鉄の線路や交差点の車道に、相手を突き飛ばして、殺害するのが仕事です。鯨、と呼ばれる男がいます。相手を自殺させるのを仕事にしています。蝉という若者も登場します。彼は、ナイフを使い、依頼された相手を殺すのです。さらに鈴木という名前の男も出てきますが、彼は殺し屋ではありません。訳があって、この殺し屋たちの戦いに巻き込まれてしまいますが、彼の武器は、今は亡き妻との思い出だけだったりします。
 いつもの僕の小説に比べると物騒な感じのお話になりました。
 喜劇なのか悲劇なのか、オフビートなのかサスペンスなのか、ハードボイルドやアクション小説とも、ミステリーとも普通小説とも言いづらい、不思議な小説になったと思うのですが、読んだ方が面白がってくださることを今は祈るばかりです。

登録情報


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
伊坂幸太郎さん原案による大須賀めぐみさんの漫画
「魔王 JUVENILE REMIX」と「Waltz」には
小説「グラスホッパー」の登場人物がでてきます。

登場人物の画を頭に浮かべやすいので
漫画を読んでから小説を読むのをお薦めします。

殺し屋稼業の話のため、漫画や小説には残酷な描写があるので
血の出る映画やドラマが苦手な人は読むのをやめたほうがいいです。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 poppy
形式:文庫
危ない設定、軽妙な会話、破天荒な言動…
フィクションとしてパーフェクトな人物がそろっています。
そして、(個人の好き好きですが)みんな魅力的です。

一番"こちら側"に近いのが主人公ですが、
明らかにヤバい方へと進む様子はやっぱりフィクション。
また、それぞれの殺し屋に垣間見える、人間くさいところに共感しつつも、
彼らはやっぱり殺し屋。フィクションだなぁって思います。

さらに、次々に変わる視点。
読者に物語の全体を把握できちゃうので、ある程度終盤まできたら、
カンの良い人なら人物の役割分担が見えるかも知れません。
最初から最後まで、読者は物語を俯瞰する立場にいます。
のほほんと「さて、次は何が起こるかな」って眺める感じで。

とても印象深いラスト、物語のどんでん返しではなく、
読者の足元をすくうオチにしているのが面白かったです。
…私は何を見ていたんだろう?なんてね。
リアリティのない設定だからこそ、このオチが痛快です。

最後の一文をすぐに理解した方が楽しめるので、流し読みしないほうがいいですよ。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 人を惹きつける何かはあるかと 2013/12/13
投稿者 omaha3
形式:文庫
伊坂さんの文章は独特でセリフや言い回しが面白いですね、好きな人はハマるかもしれません。
ただ内容は淡々としていて抑揚がなく特に盛り上がりもせず読み終えてしまいましたが、
設定から察するような娯楽小説ではないのだなと思いました。
サラッとしていて読みやすかったですが、上述の通り続きが気になるほどでもなく私には合いませんでした。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 想夫恋好
形式:文庫|Amazonで購入
漫画のような『チルドレン』や(実際映画化されたけど)映画のような『ゴールデンスランバー』に負けじと、本作でも作り話感満載の設定と筋書きが炸裂。これらではその非現実感が織りなす伊坂ワールドにハマることができたが、本作品ではいまいち入り込めなかった。

ユニークな殺し屋達がバトルを繰り広げるという週刊少年漫画誌にありそうな設定。これ自体が悪いわけではない。ただ、漫画として描かれれば面白く感じるかもしれない設定も、小説で料理されると紙面上に幼稚な香りだけが残ってしまうようで。あと、組長や最後の殺し屋のやられ方などが味気ないというか、中途半端な展開もちょっと残念だったかな。

ユーモア溢れる台詞や言い回しは健在で、そういう小技は相変わらず面白いのだけど。
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 淡々とした物語 2009/12/30
投稿者 ぴろっこ
形式:文庫
鈴木、蝉、鯨の三人の視点で語られる物語が次第に交わり一つの物語になっていく…。

「復習を横取りされた」所から始まる設定と、
様々な殺し屋関係の人たち(押し屋、自殺屋、ナイフ使い、毒、拷問専門屋、などなど)に
興味を引かれて買ったのだけど、私的には今ひとつ。
それぞれの登場人物と、感情の部分に共感する事が無かったからかもしれない…。
何を求めているのかが、よく分からなくて、ただ、とにかく、先を読もうと思ってた気がする。

それぞれのキャラクターは面白みを持ってるのに
自分が期待したほどには動いてくれなくて。そのあたりが残念。
このレビューは参考になりましたか?
88 人中、60人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 これはおもしろい、のか!? 2007/9/6
投稿者 有花 VINE メンバー
形式:文庫
 もしも人に、この本おもしろい?と聞かれたら、すごくおもしろいよ、とは言いがたい。かといって、おもしろくない、と言うわけでもない。

 登場人物たちには全く共感できない。珍しいほど、魅力がない。とはいっても、描き方が足りないと言うのではなく、嫌悪感を催させるほどに人間味のないキャラクターがうまく描かれている。殺し屋という稼業だけあって、もちろん人を殺すのに何のためらいもないのだろうが、たとえば「蝉」という殺し屋のように女子供も分け隔てなく自分の手で殺せる、と言われても、どうしてそんなことができるのか全く理解できないし、おふざけで人を車でひき殺したりする社長のドラ息子もむしずが走る。これほどまでに嫌な人間がほんとにいたらどうしよう、と寒気がするほどに救いようのない悪意が描かれている。

 主人公はそんな社長のドラ息子に妻をひき殺されて、復しゅうのために彼の会社で働き始める。いかがわしい薬を売りつけるあくどい商売だとわかっていても、妻のために彼は街で通行人に声をかけ続ける。ものすごく復しゅうに燃えているのかと思えばそれほどの必死さ、用意周到さは感じられなくて、むしろ妻を失った自分が生きていくためにそうするしかなかった、というような虚無感さえ感じられる。

 簡単にたくさんの人が死んでいくストーリー展開は、読んでいて背筋が寒くな
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 妻を殺された元教師と二人の殺し屋の三人の視点で描かれる一人称小説。
妻を寺原長男に殺された『鈴木』、自殺専門の殺し屋 『鯨』、ナイフ使いの殺し屋 『蝉』の三人の視点から描く多視点一人称小説。... 続きを読む
投稿日: 9日前 投稿者: 詩繊堂
5つ星のうち 1.0 全く話に入り込めない共感できない
私は伊坂幸太郎が好きなのですが、どうにも伊坂作品は大きく好き嫌いにわかれます。オーデュボンの祈りからはじまり、重力ピエロ、ラッシュライフ等私の好みをピンポイントで... 続きを読む
投稿日: 10日前 投稿者: すずん
5つ星のうち 1.0 読後感なし(いちおうネタバレ注意)
オチが面白いという評判を読んで買ってみたものの、理解した上で(ネット等で確認済み)なお「これがオチなの?ただの夢オチとどう違うの?」と頭がモヤモヤ…感情に訴えるも... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: Amazon カスタマー
5つ星のうち 1.0 魅力が表紙絵以外ない
全く面白くなかった。
死神の精度ではプラスに働いていた著者の平坦な描写と扱っている内容の相性が悪すぎて読むのが辛かった。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: でかん
5つ星のうち 4.0 『殺し屋たちによるエンターテイメント』
亡き妻の復讐を果たすべく、裏業界に潜入しその機会を待つ「鈴木」。
いよいよ敵(かたき)と対面か、といった矢先に起きた事故。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: かまど
5つ星のうち 5.0 漫画にもつながっています。
魔王、Waltzといった漫画があります。
魔王は、私の好きな漫画家さんが伊坂幸太郎さんの小説を元に描いた漫画です... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: Amazon カスタマー
5つ星のうち 4.0 心の強さ、弱さ、そして残酷さ・・・
ちょっと過激な部分もあるが、全体的に読みやすくかつ面白い。人を信じる心について改めて考えさせられる。
投稿日: 5か月前 投稿者: 渋谷 勉
5つ星のうち 4.0 そうきたか。
非合法な薬物や臓器売買に携わるとされている会社、ナイフを巧みに扱う殺し屋に自殺専門の殺し屋、押し屋に劇団と裏稼業のオンパレードです。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: Mt.C
5つ星のうち 1.0 最低
私も今まで色々なジャンルの本を読んで来たが、この本ばかりは何を言わんとしているのかサッパリ分かりません、最後まで読む気に慣れず途中で読むのを止めてしまいました。今... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: 折戸常和
5つ星のうち 3.0 盛り下がって終わる感じ
すーっと話に入り込める書き出しは、流石売れている作家ならでは、と言う感じ。そしてそれがそのまま続き、最後まで飽きる事無く読み終えたと言う点では、及第点の作品だと思... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: 中野守龍
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す