Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス) [コミック]

あだち 充
5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 421 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス) + クロスゲーム (2) (少年サンデーコミックス) + クロスゲーム (3) (少年サンデーコミックス)
合計価格: ¥ 1,263

選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/9/2)
  • ISBN-10: 4091273513
  • ISBN-13: 978-4091273512
  • 発売日: 2005/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
61 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 やめられないんだなぁ〜、これが 2007/11/5
投稿者 倒錯委員長
形式:コミック
いくらおもしろくても、同じことの繰り返してつまらなくなってしまうこと。それを一般的には「マンネリ」という。
あだち充の長編作品は、たしかに「同じことの繰り返し」である。野球、恋、少年、幼なじみ、天才、ライバル。
これらの要素に、例えばあと「双子」を付け加えたら「タッチ」であるし、野球を「水泳」に変換すれば「ラフ」になる。

では彼の作品群は「マンネリ化」しているのかというと、そうではないと思う。
なぜなら、相も変わらず私たち読者は、彼の作品世界に引き込まれてしまうからだ。
彼のやっていることはマンネリではない。
それはひとつのスタイル、十八番というやつだ。
我々読者はあだちのマンガが、彼独特ののほほんとしたストーリーテリングと、シリアスな場面はシリアスに描く
その緩急の使い分け―名づけるならば「あだち節」―を求めているのではないかと私は思う。それはもう依存症のごとく。

その「あだち節」と同時にあだちファンが彼のマンガに求めているもののもう1つは、ノスタルジーあふれる「羨ましいシチュエーション」だ。
私たちは、「自分もこんな青春すごしたかった〜」と羨ましがりながらあだちマンガを読みたいのである。

しかしだ。そんな中でも今回の「クロスゲーム」の
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 M
形式:コミック
あだちさんの作品「H2」を読み大好きな漫画家の一人となりました。

このクロスゲームを読み改めてあだちさんは素晴らしい方だと確認しました。

たった1巻で若葉という女の子に愛着を抱かせ、そして切なくする。本を読んでいるうちに自分が何年もこのキャラクターを見て、知っていたような感覚になります。それはやはり、それまでの絆、これからの期待をうまく描いていることに尽きると僕は思います。

絵に関して言及すると色々批判はあるようですが、感覚が鋭い方なら微妙な登場人物の性格の違い(あだちさんの他作品を見た方に限ります)を掴め、全く違う人物にしか見えないはずだと思います。しかし本人もそれを認めている所があだちさんのとてもユーモラスな部分で作品にもよく反映されています。
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 細かい演出も大事なことです。 2006/7/18
投稿者 hiyotarou
形式:コミック
1巻ではクローバーの葉は全て同じ色で統一されているのですが2巻目以降、一つの葉のみ色が違います。

何故でしょう?それはこの1巻を見ればわかります。

あだち充さんは、過去の作品でも自分の作品を宣伝したりと漫画を描くのを楽しんでいる方なんだと思います。

絵は…はっきり言って子ども時代の主人公「コウ」と三女「青葉」は見分けつきません。

お決まりの主人公の成長ぶり、幼なじみという設定、プラトニックな恋愛…

でも話には、今後の展開をいつも期待してしまう何かがあります。

漫画界の水戸黄門といったとこでしょうか。

ダークな漫画が流行る中、子どもに安心して読ませることができる数少ない作品だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 終わり良ければ 2009/10/30
投稿者 ruka
形式:コミック
面白いです!
あだちさん独特のいつものテンポ
主人公達の子供時代からの成長も楽しめます!
キャラも最近のあだちさんの漫画では魅力的ではないでしょうか
個人的にあだちさんの漫画は漫画毎にキャラの髪型などにこだわるよりも、いつもの髪型いつものパターンに読んでて安心してしまうから好きです、でも予測は必ずしも当たらない…先が気になる面白さです。
カバーもかわいい!
いつものように最終回をうまくまとめる事ができれば代表作のひとつになるんじゃ、と思います。休載など、時間がかかってしまっても、終わり良ければすべて良し。後味の良い終わり方にも期待してます。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 たか
形式:コミック
私はこの作品を読むためにサンデーを買い続けてます。それくらい面白いんです。私はH2よりも好きです。早く9巻を読みたいです。とにかく読んでない方は読むべきですよ。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ぱんだ
形式:コミック
タッチです。
これが第一印象。
凝縮タッチ、キャラ入れ替え版
これが今の印象。

タッチは正直、最初の10巻くらいはダラダラしていて、たっちゃんは野球をやらないし
ちょっと、いやかなりダレ気味です。
あれが面白くなるのはかっちゃんが死んで、たっちゃんが野球をやり始めて
どんどん上達し
甲子園がいよいよ目前になってくる、ってな時期にかけてです。そこらへんがもう
素晴らしいマックス。
このクロスゲームはタッチの10巻までを、たった1巻でやっちゃいました。
そして、死んだのはかっちゃん女版みたいな、優秀で奇麗で自慢のお姉さん。
ま、それが子供時代で、そこから残された子供たちが
お姉さんの事を思いつつ成長していくわけです。

これは1巻2巻あたりの頃はそんなに人気がなかったように記憶してるんですが
今は大人気ですよね。すごく理解できるんです、それ。
この漫画は一気読みしてほしい。あだち充さんの漫画はとにかく背景や間が多くて
あまり進展がなくテンポが遅い。1冊のセリフも少なめなので
あっというまに読めてしまう。
これは一気読みにとても適してるんですよね。
クロスゲームも6巻く
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 新鮮な気持ちで
私は、あだち先生の絵がいつも似たり寄ったりで、しかもまたもや野球漫画、設定もどっかでみたようなお決まりパターンということで、連載当時からほとんど無視していました。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/13 投稿者: ニード
5つ星のうち 5.0 ネダバレ注意。あくまで私見です。
この物語の本質は、17巻の最初のページにある、仲の悪い幼少期の青葉と光の間に若葉が入って、二人を抱き寄せている場面ではないだろうか。... 続きを読む
投稿日: 2011/2/23 投稿者: showji
5つ星のうち 5.0 史上最高宇宙最大のおもしろさ
凄くおもしろくて悲しみもあり恋もあり少年逹が夢に向かっていく最高のマンガ

読み終わったあとなにか心がなにか気持ちいかんじでした。
投稿日: 2010/10/1 投稿者: 滉生
5つ星のうち 1.0 バッドエンディング
あだち充
史上最低の作品です。

主観的だとか客観的だとか、
好きだとか嫌いだとか、... 続きを読む
投稿日: 2010/8/22 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 安定して面白いけど、ずば抜けて面白くもない
いつものあだち作品です。

東という眼光鋭い天才児が異彩を放っていてマンガの魅力を盛り立てています。
投稿日: 2009/10/23 投稿者: ちとげ派
5つ星のうち 1.0 申し訳ありませんが
あだち作品はいくつも読みましたが、クロスゲームは、おススメできません。少なくとも私には、読者をなめているとしか思えません。個人的な趣味の押しつけ、今までの名作であ... 続きを読む
投稿日: 2009/6/8 投稿者: すあま
5つ星のうち 1.0 あまりにも
最初からあまりにもひどいなという展開です。
誰かを犠牲にしないと物語を進められないのか?... 続きを読む
投稿日: 2009/4/6 投稿者: 浜太郎
5つ星のうち 5.0 衝撃の一巻
何故…まだ小学生なのに…悲しすぎます…私は号泣してしまいました…読んでください…衝撃の一巻です。
投稿日: 2009/2/15 投稿者: hm3
5つ星のうち 4.0 三匹目のドジョウを狙えるこの作者の凄さ!
「タッチ」「H2」に続く三匹目のドジョウは果たしているのだろうか・・・?というあだち先生による「野球」を題材にした青春漫画。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/21 投稿者: 孔明
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック