通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
クロス&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス) コミック – 2005/9/2

25件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス) + クロスゲーム (2) (少年サンデーコミックス) + クロスゲーム (3) (少年サンデーコミックス)
合計価格: ¥ 1,263
ポイントの合計:  39pt (3%)

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/9/2)
  • ISBN-10: 4091273513
  • ISBN-13: 978-4091273512
  • 発売日: 2005/9/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

68 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 倒錯委員長 投稿日 2007/11/5
形式: コミック
いくらおもしろくても、同じことの繰り返してつまらなくなってしまうこと。それを一般的には「マンネリ」という。
あだち充の長編作品は、たしかに「同じことの繰り返し」である。野球、恋、少年、幼なじみ、天才、ライバル。
これらの要素に、例えばあと「双子」を付け加えたら「タッチ」であるし、野球を「水泳」に変換すれば「ラフ」になる。

では彼の作品群は「マンネリ化」しているのかというと、そうではないと思う。
なぜなら、相も変わらず私たち読者は、彼の作品世界に引き込まれてしまうからだ。
彼のやっていることはマンネリではない。
それはひとつのスタイル、十八番というやつだ。
我々読者はあだちのマンガが、彼独特ののほほんとしたストーリーテリングと、シリアスな場面はシリアスに描く
その緩急の使い分け―名づけるならば「あだち節」―を求めているのではないかと私は思う。それはもう依存症のごとく。

その「あだち節」と同時にあだちファンが彼のマンガに求めているもののもう1つは、ノスタルジーあふれる「羨ましいシチュエーション」だ。
私たちは、「自分もこんな青春すごしたかった〜」と羨ましがりながらあだちマンガを読みたいのである。

しかしだ。そんな中でも今回の「クロスゲーム」の
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 M 投稿日 2006/8/29
形式: コミック
あだちさんの作品「H2」を読み大好きな漫画家の一人となりました。

このクロスゲームを読み改めてあだちさんは素晴らしい方だと確認しました。

たった1巻で若葉という女の子に愛着を抱かせ、そして切なくする。本を読んでいるうちに自分が何年もこのキャラクターを見て、知っていたような感覚になります。それはやはり、それまでの絆、これからの期待をうまく描いていることに尽きると僕は思います。

絵に関して言及すると色々批判はあるようですが、感覚が鋭い方なら微妙な登場人物の性格の違い(あだちさんの他作品を見た方に限ります)を掴め、全く違う人物にしか見えないはずだと思います。しかし本人もそれを認めている所があだちさんのとてもユーモラスな部分で作品にもよく反映されています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hiyotarou 投稿日 2006/7/18
形式: コミック
1巻ではクローバーの葉は全て同じ色で統一されているのですが2巻目以降、一つの葉のみ色が違います。

何故でしょう?それはこの1巻を見ればわかります。

あだち充さんは、過去の作品でも自分の作品を宣伝したりと漫画を描くのを楽しんでいる方なんだと思います。

絵は…はっきり言って子ども時代の主人公「コウ」と三女「青葉」は見分けつきません。

お決まりの主人公の成長ぶり、幼なじみという設定、プラトニックな恋愛…

でも話には、今後の展開をいつも期待してしまう何かがあります。

漫画界の水戸黄門といったとこでしょうか。

ダークな漫画が流行る中、子どもに安心して読ませることができる数少ない作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか 投稿日 2007/7/22
形式: コミック
私はこの作品を読むためにサンデーを買い続けてます。それくらい面白いんです。私はH2よりも好きです。早く9巻を読みたいです。とにかく読んでない方は読むべきですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぱんだ 投稿日 2007/10/2
形式: コミック
タッチです。
これが第一印象。
凝縮タッチ、キャラ入れ替え版
これが今の印象。

タッチは正直、最初の10巻くらいはダラダラしていて、たっちゃんは野球をやらないし
ちょっと、いやかなりダレ気味です。
あれが面白くなるのはかっちゃんが死んで、たっちゃんが野球をやり始めて
どんどん上達し
甲子園がいよいよ目前になってくる、ってな時期にかけてです。そこらへんがもう
素晴らしいマックス。
このクロスゲームはタッチの10巻までを、たった1巻でやっちゃいました。
そして、死んだのはかっちゃん女版みたいな、優秀で奇麗で自慢のお姉さん。
ま、それが子供時代で、そこから残された子供たちが
お姉さんの事を思いつつ成長していくわけです。

これは1巻2巻あたりの頃はそんなに人気がなかったように記憶してるんですが
今は大人気ですよね。すごく理解できるんです、それ。
この漫画は一気読みしてほしい。あだち充さんの漫画はとにかく背景や間が多くて
あまり進展がなくテンポが遅い。1冊のセリフも少なめなので
あっというまに読めてしまう。
これは一気読みにとても適してるんですよね。
クロスゲームも6巻く
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック