クリスティーナ・アギレラ


Christina Aguileraのデジタルミュージック
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 180
曲名 アルバム  

動画


クリスティーナ・アギレラ の画像

最新のツイート

AguileraOnline

RT @simoneharouche: Thank you to homethrown_la for throwing the most beautiful baby shower ������ #xtina #homethrown… http://t.co/NjkMJnQGWK


バイオグラフィー

ルックスは超キュート! スタイル抜群!! ダンス堪能!!! おまけに秀逸なヴォーカル・ワーク!!!!――クイーン・オブ・才色兼備、クリスティーナ・アギレラ。
99年のデビューを飾った、R... 続きを読む

ルックスは超キュート! スタイル抜群!! ダンス堪能!!! おまけに秀逸なヴォーカル・ワーク!!!!――クイーン・オブ・才色兼備、クリスティーナ・アギレラ。
99年のデビューを飾った、R&Bライクなミッド・チューン「ジニー・イン・ア・ボトル」は、瞬く間に全米No.1を獲得。そして、同年発表されたポップ・アルバム『クリスティーナ・アギレラ』は世界中で800万枚を売り上げ、何とも華やかなスタートとなる。その美貌とは裏腹に、パンチの効いた濃厚な歌声がみせる多彩な表現力――思わず踊り出してしまいたくなるグルーヴィン・ダンス・ナンバーでは一層パワフルに、胸をつまらせるようなスロー・バラードではグッとしっとりと――で、リスナーを魅了した。00年のグラミーで最優秀新人賞を獲得し、決してルックスだけの"人形"ではない、"アーティスト"としての実力の高さを証明した。
しかし、そんなものはまだまだ序の口だった。アルバムの大ヒットを背景に次作の制作イニシアティヴを獲得。新たなマネージメントに移り、自らを理解してくれる制作陣とともに2ndアルバム『ストリップト』を02年に完成させた。過激な表現が賛否両論を呼びながらも、実力派アーティストとしてのイメージを確立。結果、このアルバムも全世界で1,000万枚という大ヒットを記録した。
そして06年には彼女自身が影響を受けてきたオールド・スタイルのソウル、ジャズ、ブルースをモダンに蘇らせるというコンセプトで制作された2枚組アルバム『バック・トゥ・ベーシックス』を発表。この圧倒的な完成度の作品を聴いて、彼女に“アイドル”としての役割を期待するリスナーはいないだろう。高いセルフ・プロデュース力と肝っ玉の座り具合は、彼女が敬愛するマドンナさながら。まさに最高峰のポップ・スターだ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

ルックスは超キュート! スタイル抜群!! ダンス堪能!!! おまけに秀逸なヴォーカル・ワーク!!!!――クイーン・オブ・才色兼備、クリスティーナ・アギレラ。
99年のデビューを飾った、R&Bライクなミッド・チューン「ジニー・イン・ア・ボトル」は、瞬く間に全米No.1を獲得。そして、同年発表されたポップ・アルバム『クリスティーナ・アギレラ』は世界中で800万枚を売り上げ、何とも華やかなスタートとなる。その美貌とは裏腹に、パンチの効いた濃厚な歌声がみせる多彩な表現力――思わず踊り出してしまいたくなるグルーヴィン・ダンス・ナンバーでは一層パワフルに、胸をつまらせるようなスロー・バラードではグッとしっとりと――で、リスナーを魅了した。00年のグラミーで最優秀新人賞を獲得し、決してルックスだけの"人形"ではない、"アーティスト"としての実力の高さを証明した。
しかし、そんなものはまだまだ序の口だった。アルバムの大ヒットを背景に次作の制作イニシアティヴを獲得。新たなマネージメントに移り、自らを理解してくれる制作陣とともに2ndアルバム『ストリップト』を02年に完成させた。過激な表現が賛否両論を呼びながらも、実力派アーティストとしてのイメージを確立。結果、このアルバムも全世界で1,000万枚という大ヒットを記録した。
そして06年には彼女自身が影響を受けてきたオールド・スタイルのソウル、ジャズ、ブルースをモダンに蘇らせるというコンセプトで制作された2枚組アルバム『バック・トゥ・ベーシックス』を発表。この圧倒的な完成度の作品を聴いて、彼女に“アイドル”としての役割を期待するリスナーはいないだろう。高いセルフ・プロデュース力と肝っ玉の座り具合は、彼女が敬愛するマドンナさながら。まさに最高峰のポップ・スターだ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

ルックスは超キュート! スタイル抜群!! ダンス堪能!!! おまけに秀逸なヴォーカル・ワーク!!!!――クイーン・オブ・才色兼備、クリスティーナ・アギレラ。
99年のデビューを飾った、R&Bライクなミッド・チューン「ジニー・イン・ア・ボトル」は、瞬く間に全米No.1を獲得。そして、同年発表されたポップ・アルバム『クリスティーナ・アギレラ』は世界中で800万枚を売り上げ、何とも華やかなスタートとなる。その美貌とは裏腹に、パンチの効いた濃厚な歌声がみせる多彩な表現力――思わず踊り出してしまいたくなるグルーヴィン・ダンス・ナンバーでは一層パワフルに、胸をつまらせるようなスロー・バラードではグッとしっとりと――で、リスナーを魅了した。00年のグラミーで最優秀新人賞を獲得し、決してルックスだけの"人形"ではない、"アーティスト"としての実力の高さを証明した。
しかし、そんなものはまだまだ序の口だった。アルバムの大ヒットを背景に次作の制作イニシアティヴを獲得。新たなマネージメントに移り、自らを理解してくれる制作陣とともに2ndアルバム『ストリップト』を02年に完成させた。過激な表現が賛否両論を呼びながらも、実力派アーティストとしてのイメージを確立。結果、このアルバムも全世界で1,000万枚という大ヒットを記録した。
そして06年には彼女自身が影響を受けてきたオールド・スタイルのソウル、ジャズ、ブルースをモダンに蘇らせるというコンセプトで制作された2枚組アルバム『バック・トゥ・ベーシックス』を発表。この圧倒的な完成度の作品を聴いて、彼女に“アイドル”としての役割を期待するリスナーはいないだろう。高いセルフ・プロデュース力と肝っ玉の座り具合は、彼女が敬愛するマドンナさながら。まさに最高峰のポップ・スターだ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら