Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫) [文庫]

壁井 ユカコ , 田上 俊介
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

キーリは教会の寄宿学校に通う14歳の少女。霊感が強く霊が見えることから、神の存在や教義に疑問を抱いていた。冬の長期休暇初日、キーリは“不死人”の青年ハーヴェイと、その同行者の小型ラジオの憑依霊・兵長と知りあう。キーリは、勝手に彼らの旅についていく事に…。様々な亡霊たちとの出会いと別れを経験しながら、キーリはやっと自分の居場所を見つけた気がしていた。しかし、旅の終わりは思いのほか早く訪れる。ハーヴェイが教会の“不死人狩り”に捕まってしまい―!?第9回電撃ゲーム小説大賞“大賞”受賞作。

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2003/02)
  • ISBN-10: 4840222770
  • ISBN-13: 978-4840222778
  • 発売日: 2003/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 357,924位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
16 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 大好きです!! 2004/2/2
投稿者 きぃり
形式:文庫
私は、友達が電撃文庫を読んでいて自分も何か読もうと思って初めて読んだのがこの本でした。
今は、「この本を手にとった自分に感謝!」と思っています。
自分は、霊が見えないけれどこの本を読んでいると、自分にも見えるではないかと錯覚を起こしてしまいそうなほどこの本にのめり込んでいます。
いつも読み終わると、早く次の巻が出ないか待ち遠しくて仕方ありません。
元々、本をろくに読まなかった私に本を読む楽しさを教えてくれたのはこの本でした。
私は、基本的に挿絵の付いている本は嫌いなのですが、
この本は何故かそう言う気持ちがなく、逆にないと嫌な気持ちさえします。
とってもいい話なので、たくさんの人に読んでもらいたいです。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 丁寧。 2005/8/31
投稿者 未来
形式:文庫
読み終えた後も凄くすっきりした気持ちでした。
流石受賞作だけありますね。
まず、魅力的なのが読みやすい点。
心理描写が細かくて「本当に処女作?」と思えるような文章力です。
そして内容が深く、すぐに本の世界に入り込んでしまいます。
読了後も「ああ、もう全部読んだんだ」という驚きと「面白かった」という満足感がありました。
とにかく面白かったです!
今後もかなり期待できる作品ですね。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 心の成長ストーリー 2007/5/9
投稿者 たかだい
形式:文庫
霊が見える少女、不死人、ラジオに憑いた憑依霊
ちょっとした悪戯から出会い、ともに旅をすることになった彼らの物語

霊感が高く、世界には神が存在せず教義にも疑問を覚えている少女・キーリ
少し冷めた感じの彼女が、ハーヴェイ達との旅を通じて徐々に心温かく成長していく
そんな彼女のキャラクターが、イラストと相俟って良いです♪
ハーヴェイや兵長も結構いいキャラだと思いましたが、この作品においてはキーリが一番よかったと思いました

多少血みどろのアクションシーンなんかもありますが、この物語の本筋は"人と人の触れ合い"というか"心の成長"にあると思います
ただし、これは"感動する"だとか"泣ける"といった類の意味ではなく、あくまで"心が温まる"という感じ

そんな作風からも、少し落ち込んだようなときに読むと"いい元気付け"になるのではなかと思います
なかなか無理のないストーリー展開や描写もいいので、ライトノベルと言えども結構、万人向けするタイプの一冊だと思います
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 『、』をつけて書こう。 2006/10/11
投稿者 聖職者1
形式:文庫
タイトルの通り、少し『、』が足りない小説である。比喩ではなく、本当に『、』が足りない。つまり少し文のリズムが悪い。が、筆力はすばらしい。よくこんなに描写できるものだと感服するほどで、初めてライトノベルを買った人ならばこの作者のファンになるだろう。

言っておくが、これはアクションやら萌えやらを楽しむ小説ではない。作者もあとがきで書いているが、ただ主人公のキーリとその他の登場人物があれこれするのを、ただ書いているだけの小説である。が、そこに物足りなさや倦怠感はない。むしろ、妙な清潔さと瑞々しさを持っている。これはそんな穏やかな雰囲気を楽しむ小説だ。こんな優しい小説、ライトノベルに限って言えば他にはないだろう。

この小説はシリーズを一気に買うのではなく、疲れたとき、切ないときに一冊ずつ読めばいい。その程度の読み方がこの小説には合っていると思う。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 何度も何度も読み返した 2005/3/12
投稿者 dam
形式:文庫
冒頭から作者の力量がうかがい知れて、そのまま迷わず読破し、何度も何度も読み返しました。この作品においてはお気に入り、というよりむしろ恋をしてる、って言ったほうが的確な表現ではないかなとつねづね思います。目的地を目指してひた歩くキーリとハーヴェイ。二人を取り巻く砂色の世界・・・(もちろんキーリの腰にはラジオがゆれている)。そんな光景が目に浮かぶようです。荒廃した惑星の、綺麗なお話。面白いものを読みたい、と思っている方、この作品ならば一読の価値は充分あると思います。
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 キルノ
形式:文庫
さすがは【大賞】だな、と。
思わずそう感じてしまった作品です。
正直に言ってしまうと、ストーリーの流れ自体には、
それほど目新しいものも珍しいものもなかったような印象なのですが、
高い文章力がそれを悠々と補っておりました。
改行が少なめなのが壁井ユカコ先生の特徴で、
そのため読むのにも時間がかかるハズなのですが、
読んでいる最中にはまったくそんなことは気にならないほどです。
特に主人公の少女のさまざまな感情描写の数々は、
「物語の中で、確かにそのキャラクターが生きている」ということを感じさせてくれます。
内容の構成としては、6つのエピソードが収録されていて、
基本的には1話完結。けれど一連の流れとしてストーリーは繋がっていいる。という造り。
翌年【大賞】を受賞した有川浩先生の【塩の街】と比べられがちなようですが、
【塩の街】がSFの舞台背景を元に、現実として起こりえそうな世界の流れと、人々の思いを描いた、
20代~40代という幅広い方々に好まれる作品であるという印象であるのに対し、
【キーリ】はSFの世界観とさまざまな人達と触れあう、1人の少女の成長の様を描いた、
10代向け(内容が子供向けという意味ではありません)の青春小
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 いい。
第9回電撃ゲーム小説大賞受賞作であるこの作品。
最近の電撃小説大賞があまりにもアレな為、改めてこの本を読み直してみたが、やはりすごい。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: アニ研(・п・`)
5つ星のうち 5.0 やっぱり「今」の物語です。
 キーリ、教会寄宿舎学校の学生。14歳。... 続きを読む
投稿日: 2011/5/25 投稿者: ひこ・田中
5つ星のうち 5.0 男性と女性の捉え方
読み終えて思ったのは、やはり男作家と女作家の書く内容は若干の違いが出るなあでした。 壁井先生は良い意味でやはり女性作家だと思います。... 続きを読む
投稿日: 2010/12/7 投稿者: 由
5つ星のうち 5.0 心の一冊
偶然に手に取った初めてのライトノベルがコレでした。ライトノベルを山のように読んだ今となってもこの本との出会いは忘れることができません。... 続きを読む
投稿日: 2010/4/24 投稿者: 3594
5つ星のうち 4.0 お気に入り
著者の文章力が冴え渡る秀逸な作品。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/27 投稿者: setoyama
5つ星のうち 4.0 シリーズ第1作(この本がシリーズの始まり)
舞台は,遠い未来の植民惑星。80年前の戦争により文明は衰退し,教会が権力を持ち統治

する中世のような社会に戻っている。... 続きを読む
投稿日: 2007/2/5 投稿者: リオ
5つ星のうち 5.0 大賞作品だけあります。
キーリ<死者たちは荒野に眠る>

霊感が強く、霊が見える主人公のキーリと、不死人のハーヴェイ。... 続きを読む
投稿日: 2006/11/23 投稿者: 詩歌
5つ星のうち 4.0 ローテンションな小説
ローテンションな作者によるローテンションな小説。

盛り上がりに欠けるという意味ではなく、一定のテンポと温度を保っています。... 続きを読む
投稿日: 2006/7/13 投稿者: Shinonome
5つ星のうち 5.0 魅力的なキャラクターと文章表現
霊が見える少女キーリ、“不死人”の青年ハーヴェイ、ラジオの憑依霊・兵長の旅の物語。... 続きを読む
投稿日: 2006/4/11 投稿者: じゅん
5つ星のうち 4.0 神のいない惑星
さすが大賞作品だけあって文章は読んでいてすごく安心感があります。... 続きを読む
投稿日: 2006/3/7 投稿者: アーク最終形態
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック