通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2014/1/17

5つ星のうち 4.9 32件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 35


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • キングダム 34 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,665
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 209ページ
  • 出版社: 集英社 (2014/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088797361
  • ISBN-13: 978-4088797366
  • 発売日: 2014/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
キングダムですごいと思うのはそれぞれのキャラの強さがよく分かることだと思います。
ホウ煖を頂点として、短時間ならそれを凌駕しうる羌カイ、相手の強さに触発されて底力を発揮する信。
格が違うホウ煖に対して信がどれだけ戦えるのか、とても楽しみにしていましたが、ホウ煖が負傷していることも考えると、すっきりと納得の行く結末でした。
信がホウ煖のような強さではなく、王騎将軍の歩んでいた道の強さを手にしつつあるのも嬉しかった。
「継承」しているんだなあ。
バトル漫画としても本当に優秀なマンガだと思います。

終戦に伴う論功行賞のシーンもこの将軍はあんな活躍したなあ、と、とてつもない密度だった合従軍編を思い出しながら、まるでその場にいるかのように楽しめました。
名だたる武将が居並ぶ様は秦が中華に打って出る用意万端の威容。
これから中華統一が始まる予感に満ちた印象的な一話でした。

それから、サイの住民の犠牲を悼む政にかける信のまっすぐな言葉に胸を打たれました。
政の並外れた強靭な意志は、時には史実の焚書坑儒のような極端な独断に走る危うさも彷彿とさせますが、信がいる限り、きっと政は大丈夫なのではないでしょうか。

それにしても、分け隔てるという発想自体が無く、多
...続きを読む ›
コメント 47人中41人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
ようやく合従軍との戦いも終了。
いつもあっという間に読み終えてしまうので、続刊のでる3ヶ月後が待ち遠しいです。

それにしても、一つ一つの戦の内容が濃いので
完結まで長くなりそうですね。
それが楽しみでもあり、続きを待つのが苦しくもある。
まったくもって贅沢な悩みです(笑)

原先生には元気に完結まで走りきっていただきたいものです。
コメント 40人中33人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ライタン 投稿日 2014/1/17
形式: コミック
長く熱い戦いが終わった!熱すぎて熱すぎて少し寂しい。戦の終わりはきっとこの「無」の感覚が全体を覆うのだろう。著者のあとがきを最後に読むとまた感慨深い。
コメント 24人中18人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 YAMAZAKI 投稿日 2015/6/12
形式: Kindle版
これまで攻囲戦のすさまじい死闘を見事に描いてきて,最後でそのすべてを,史記の(そっけなさ過ぎるくらいの)一言「不抜」で纏めきってしまうすごさ.このページには震えました.
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
あいかわらずのアツい内容で
読後、気持ちを昂ぶらせてくれるキングダム

この33巻では11話中 
前半7話で合従軍との戦が終わり
残り4話が羌カイの仇討ちの話となっています

今回も
前巻同様
あと1、2話多く収録されていたらなぁ
といった感じの
続きが気になるトコロで終わっているので

3ヶ月後?の新刊が待ち遠しいですね。
コメント 37人中27人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
始皇帝を題材にしたストーリー。登場人物がみんな魅力的で主人公が平民から成り上がっていくお話。蒼天航路とはまた別の面白さがあります。これは読んだ方が良いです!
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
1巻から見ましたが、33巻は初っ端から熱すぎる展開です。
信VSホウ煖!! 圧倒的不利かと思われた信が思いもよらぬ戦法でついにホウ煖に・・・!?

個人的に このバトル中の信が叫んでいるシーンと 戦中の皆の姿が描かれていて、最後に険しい表情で瞑想している羌カイが、ふと微笑んだシーンが、スゴイ気に入ってます。
あの微笑みには何でしょう、飛信隊の事を心配しつつも、どこか安心したような 遠方にいながら感じ取った何かがあったのでしょうか。

とにもかくにも合従軍編完結 そしてもはや御馴染みとなった論功式 

その後舞台はキングダム 信 政に次ぐ 主人公の一人といっても過言ではない羌カイ の仇討編に移ります
ついに姉の仇 幽連を発見 勝負を挑むも・・・!?

はじめに思ったのが ものすごい描き込みの量です。
迫力ある絵 広大なストーリー 恐ろしいほどのキャラの数と個性 それを見事に描き抜く作画力
よくこれだけの質を週刊誌で連載できるものです。
コメント 18人中13人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 山科のうし トップ1000レビュアー 投稿日 2014/1/19
形式: コミック Amazonで購入
激しく熱く、そして大きな長い戦いであった秦vs合従軍の戦いが、
ようやくここで終わる。

その最後を締めるのは信とホウ煖との一騎打ちだ。
前巻の終わりでは、よくあることとはいえ、
メチャクチャいいところで終わってしまったから
コミックで読む立場には3ヶ月待ちきれない思いだったが、
ひとまず満足。

だが何しろホウ煖である。
まだまだ戦いは続くのだろう。
それは信の成長をはかる物差しでもある。
以前に比べてどれぐらい通じるようになっているのか。
というわけで次の対決も楽しみだ。

そして、大きな戦いのあとでひと休み、という感じのこの巻の後半には、
まるで別種の戦いが待ち受けている。
軍と軍、その中での豪傑同士の一騎打ちというのともまた違った
いわば剣士対剣士の勝負。
このメリハリというのか、変化というのか、
これがたまらない。
なんとも贅沢なことに、いろんな楽しみを味わわせてもらえるわけだ。

そしてそれは違った戦いの魅力というだけではなく、
読者にとっての「再会」の楽しみでもある。
羌カイが登場するのだ。

何し
...続きを読む ›
コメント 22人中15人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック