Amazon Kindleでは、 キャラ立ち民俗学 (角川書店単行本) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
キャラ立ち民俗学
 
 
1分以内にKindleで キャラ立ち民俗学 (角川書店単行本) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

キャラ立ち民俗学 [単行本]

みうら じゅん
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,080 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 1,000  
単行本 ¥ 1,080  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

キャラ立ち民俗学 + 郷土LOVE (角川文庫) + いやげ物 (ちくま文庫)
合計価格: ¥ 2,895

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

みうらじゅんにかかれば、エロだろうがグッズだろうが祭りだろうが、世の中にあるすべての現象が深い! 些細なコトにも鋭い視点を注ぐ、みうらじゅん的民俗学エッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)

無駄な努力と無駄な物量。みうらじゅん的研究論文。

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041103908
  • ISBN-13: 978-4041103906
  • 発売日: 2013/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 235,559位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星5つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 suihou トップ50レビュアー VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
みうらじゅん流民俗学と銘打ってあるように、アーティストの著者の目がすくいあげた「変なモノ」の数々です。

一章では神話や古い習俗の世界の生き残り(即身仏、天狗など)、二章では各地の伝統文化でいまとなっては不思議なもの(海女文化、銅像文化、鍾乳洞、交通標識、古い和人形)、三章は昔のおもちゃの世界(ゴムの蛇たち)など、時間の経過の中から、異物として浮上してきたモノのかずかずを、鋭くキャッチしています。
 その時代では自然で日常だった習慣が、いま思うと何とも異様だったり、宗教的な対象だったものが突然アートとして見つめなおされたり。

 どれも深く突っ込むというよりスポットライトを当てた、という切り口ですが、それがかえって読者を刺激し、あったあった、こんなもの、と自分史を揺り起こしてくれる感じです。掘り起こし、揺り動かし、時間というものに対する尽きせぬ興味を著者と共有させられました。

特に面白かったのは、「菊人形の美と恐怖」。幼児期の違和感、あれは「怖かった」んだなあ、と初めて納得しました。あれは確かにとても面妖なアートでした。
ここに集められたさまざまのネタ、いえタネから、それぞれ生き生きと民俗学が芽吹いてゆくのだろうという気がします。(これまでの『いやげもの』『ムカエマ』『カスハガ』などよりも深いところに
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 表紙が可愛い 2013/5/6
投稿者 中野守龍
形式:単行本
古い宗教絡みのモノやコト、そして古いまたは廃れた風習や観光産業、土産などを、別の角度から再認識すると、非常に面白く、また楽しめると言う紹介の本。

車止めをリンガに見立てたりと、みうら氏ならではの視点で様々なモノやコトを紹介してくれるが、まぁ実際に横で本人に語られたら、「ウザい」の一言で片付けてしまいたくなるようなのが多い。

ところどころクスっと笑わせてくれたり、AMAなど気の利いたネーミングセンスは凄いなと思う。さらっと読むには良いが、やはり共感は・・・・。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック