Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 通常版
  

処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 通常版 [アダルト]

キャラメルBOX
Windows
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


2週間以内にリリースしたタイトル
「ぼくの一人戦争 初回限定版 」ほか。 いますぐチェック
アダルト商品につき18歳未満の方は購入できません。
商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。

キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1


登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B003UUFO12
  • 発売日: 2010/7/30
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:

商品の説明

マリア様…これは友情? それとも恋なのですか? 先祖に北ヨーロッパの血を持つがゆえに、美しい銀の髪を持つ少年・御門千早。 だがその容姿は好奇の的となり、そしてその伶俐さゆえに打ち解けず人を拒み、不登校となってしまう。 そんな千早を見かねた母親は、最後通牒として転校して違う学園に通うよう言い渡す…… だがしかし、そこは、親族が運営するお嬢さま女学院だった!! 侍女であり、幼なじみである史と共に無理矢理送り込まれた学院の女子寮…… そこで千早は、薫子という少女と運命的な出逢いをする。 どんなことにも真っ正直にぶつかっていく 【薫子】 そして世を拗ね、高みから物を見るような 【千早】 互いに影響し合い、反目し合いながらも、千早と薫子は奇妙な友情で結ばれていく。 そんな中、ふたりはエルダー候補に祭り上げられてしまい…!! 果たして、彼は無事に学園生活を送ることが出来るのか!? そして新しい出逢いは千早をどう変えていくのか? 今度はちょっぴりビターでスラップスティックな <女装潜入ファンタジー> 新しい物語が、いま再び開幕します。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 続編 2010/12/21
投稿者 なすびーなす
前回と違い主人公も問題やコンプレックスを抱えていて、
万能では無い(一般人から見れば充分に万能)にしろ、自分に出来る最大限のラインを心得ていて格好良い。
また、前回は主人公の声に少し無理があったのが、今回では全キャラ声が合っていた(自分としては)。

雑誌には載っていたのに、ゲームには無いCGがあったのが気になった。
嵩夜あやさんの、書く文章は色々と凄いと思う。

※最近は、鳥に持ち物を盗ませるのが流行なのでしょうか。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 おしい作品ですね 2010/9/24
投稿者 feel
前作は未プレイです。今作2キャラクリアしました。

○良い所
BGM
世界観、雰囲気
キャラの可愛さ
女装して女学院に入学するという話の下り
エロCGも線が細く綺麗

以上の点は☆5なほど素晴らしい出来です。

○悪い点
シナリオ
作り込み

シナリオは中盤〜後半(個別ルート)の話しのはしょり方やスカスカ感が否めないです。
前半が面白かっただけに、やり終えた感があまり味わえませんでしたね。
単純に制作日数が足りなかったのかな?と思えるほどに、
プレイヤーが話しに置いていかれている感があります。

クリアし終えて、ヤキモキするというか首を傾げてしまうシナリオでしたね。
やはり最後の作りこみが作品の評価に直結してしまうのは致し方ないですね。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 セイショウ
ヒロインは6人。選択後に好感度アップナビが出るので、難易度は高くないと思います。

シナリオはよかったです。なんというか、ゲームらしくない深い文章で、
難しい言葉にはご親切に脚注まで付きます。
ただ、ヒロインによって温度差があり、一部については取ってつけたような印象を受けました。
逆に、なんでこの人がヒロインじゃないの?という疑問も…。結構登場機会多いのに。

タイトルにある「2人の」の通り、2人合わせて主人公、という感じです。
そういう意味では、薫子メインのお話がもっと欲しかったかもしれません。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 続編でありながら新作であり外伝 2011/1/31
投稿者 ぐびぐび
処女はお姉さまに恋してるの続編に当たる作品です。
ですが、タイトルにある2人のエルダーは前作でもネタとして使われており、ちょっとデジャブを感じます。

前作の主人公は正義のヒーロー的なイメージですが、今作の千早嬢(本人に言ったら殴られること必須)はダークなヒーロー像がもっとも合うかもしれません。
性格はひねくれものでヒロインの薫子嬢とは真逆の性格の持ち主です。(前作で言う紫苑様のようなお茶目な性格ですね)

ヒロイン筆頭の薫子嬢は曲がったことが大嫌いな性格の持ち主で、作中でも千早嬢の行動に疑問を持ったりします。
ですがご安心ください
そこはやはりおとぼくなので乙女な千早嬢にバーニングラヴしてしまう彼女も完全完備しております。
他にもにも多数ヒロインが居て、一部攻略不可でしたが、PSP版にて攻略可能となりました。

一癖も二癖もある主人公にヒロイン達が織り成す
優しく温かい女装ファンタジーです。

ただ、難点が攻略を少しでも外すと
まるでブラックホールに飲み込まれるように、千早嬢のメイドさん【史】嬢ルートにバキュームされてしまうことでしょうか。
後、EDテーマを唄われている方のお名前も初回版と初期生産通常版で間違って記載されているのでそこらへんを考慮して☆4とさせていただきます。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 エトワールの続編です。 2010/8/29
投稿者 堀田針一
Amazonで購入
この作品は、おとボクのその後を書いた小説、「櫻の園のエトワール」の1年後を描いた作品で、そこからは薫子ちゃんとケイリが攻略対象ヒロインとして登場します。
出来としては、前作の雰囲気を保ちつつも、新しい見せ方が出来ていて十分満足のいく出来映えでした(無論落ち込むシーンも健在です)。
前作の主人公瑞穂くんはどう見ても女の子にしか見えませんでしたが、今回の千早くんは男の子の顔と女の子の顔、両方あったのが印象的でした。
APPENDIXも「劇の舞台裏」「受付嬢の話」「本当におまけのゲーム」と前作のそれに勝るとも劣らないボリュームです。

不満な点をあげれば、「おまけのゲーム」にクリア特典がなかったことと、初音ちゃんが攻略対象外だったことでしょうか。こちらはコンシューマー版で攻略対象になっていることを期待しましょう(もう出ることを前提にしてるし)。

しかしそれでも、5つ星に十分値する作品です。過去の作品をお持ちの方は是非、お持ちでない方も過去の作品を購入してから是非プレイしてみてください!
このレビューは参考になりましたか?

関連商品を探す