Amazon Kindleでは、 キャプテン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 734
通常配送無料 詳細
通常11~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
キャプ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャプテン (1) (集英社文庫―コミック版) 文庫 – 1995/8


6個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 566 ¥ 1
文庫, 1995/8
¥ 734
¥ 734 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

キャプテン (1) (集英社文庫―コミック版) + キャプテン (2) (集英社文庫―コミック版) + キャプテン (3) (集英社文庫―コミック版)
合計価格: ¥ 2,202

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: 集英社 (1995/08)
  • ISBN-10: 4086170612
  • ISBN-13: 978-4086170611
  • 発売日: 1995/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (31件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 105,455位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

52 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 お客様 投稿日 2004/10/13
形式: 文庫
あのメジャーリーガーイチローも少年の頃愛読したという「キャプテン」。「ドカベン」や「巨人の星」のようにスーパースターが登場したり、派手な魔球が飛び出したりする作品ではありません。どこにでもいる平凡な少年達が主人公です。ストーリーも大変地味です。
しかし、ここに描かれているのは単に野球だけでなく、家族の絆や仲間を思いやる気持ち、そしてコツコツと努力することの大切さ・・といった今の私達が失いつつある「古き良き日本」そのものです。
そういう意味で、この漫画は日本スポーツ漫画史上における最高傑作であると同時に、大変優れた教科書でもあると断言します。続編の「プレイボール」と合わせてぜひご一読をオススメします!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 由良上野介 投稿日 2009/10/23
形式: コミック
さんざん迷った末に、結局買ってしまいました。
谷口キャプテン編だけです、きっと、たぶん。
丸井キャプテン編はあまりに痛々しくて
涙なしでは読めないだろうし・・・。
読み切りのときも、連載になったときも
リアルタイムで読んでいたはずだし
単行本は コミックスも、豪華版も、文庫版も持っていたような気がするけれど
(もちろん、同じ年頃だった谷口キャプテン編・丸井編キャプテン編だけ)
現代の技術を使ってカラーページのトビラ絵も完全に復刻されたと聞けば
やはり買っちゃうよね。

トビラ絵にある当時のままのキャッチコピーが
時代を感じさせてこれまた良い味出しているのだ。

「学校で家庭で会社ですべての人が読んでいるNOWな漫画」
(連載第9話のオールカラートビラ絵より)

2巻の青葉学院戦の初戦なんてホントにスゴイぞ!
青葉との再試合が載っているはずの3巻(近日発売予定)なんて読んだら
いったいどうなっちゃうんだろう(笑)
きっと、号泣必至ですね。

「がんばらなくっちゃ」・・・

志半ばで早逝された作者のちばあきおさんの分までがんばろう!!
そんな気にさせてくれる昭和の野球漫画の傑作。
ホントにホント、名作です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、41人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 一読者 投稿日 2007/1/2
形式: 文庫
野球漫画と呼ばれる作品のなかでも一見地味だが、実は異色の名作である。美少女との恋愛もなければ、悪球打ちや魔球もなく、プロ野球選手だった父親もいない。監督もマネージャーもいないどこにでもある中学校の野球部員達とキャプテンが、ひたすら努力を続けていくという話である。必ずしもリアリズムに基づく作品ではないにも関わらず、その努力の描写からは他の作品には無い何とも言えないリアリティを感じさせられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 のりすけ 投稿日 2009/8/27
形式: 文庫
1巻最後のシーン 泣けるなぁ
ネタばれですが 境内で親父と大怪我しそうな練習をしている
谷口キャプテンをみて みんなが家まで走るといいだし
退部届を準備した丸井は
泣きながら 退部届を破り捨てる
ここに リーダーの理想像が集約されているのではないでしょうか?
私は このシーンで何度も泣いてしまいます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 べっきゃむ 投稿日 2002/5/30
形式: 文庫
ちばあきおのキャプテンは野球漫画の枠を越えてその感動がある。
青葉から転校してきた谷口の、その影の努力により成長していく
姿に読む人は色々と考えさせられる。何かにつまずいた時必ず励
まし、そして思った以上の感動を与えてくれる漫画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タカ 投稿日 2007/8/18
形式: 文庫
地味だけど失われつつあるものを描いている昔の野球漫画、ということで評価を得ている気がします。しかし私は少し違う部分もある気がしています。この作品はビジネスや組織という枠で考えると、まさに“リーダー論”。題名キャプテンはつまり「キャプテンとはどうあるべきなのか、どうするべきなのか」という意味もある気がします(深読みでしょうか)。そのいつの時代にも共通する問いに対する作者の考えが、余すところなく描かれていると思います。通読してゆくと、多様な個性を持つリーダーが次々と現れます。才能の多寡に関わらず彼らに共通するものは「その組織内で誰よりも努力し、思いやりと責任感を持っている」ということに尽きます。また世代交代についてもリアリティがあり、次代キャプテンの苦悩のようなものもよく表現されているのではないでしょうか?まあそんな硬いことばかり言っても仕方ないですが、とにかく谷口君のはにかんだような顔と、丸井君の怒り顔、そして泥だらけのユニフォームなどが印象的で忘れることの出来ない作品です。近々映画化されるようで、佳作となることを祈ります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック