Amazon Kindleでは、 キャプテン翼 6 (ジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 432
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
キャプ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャプテン翼 (第6巻) (ジャンプ・コミックス) コミック – 1983/5


4個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
--このテキストは、文庫版に関連付けられています。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

キャプテン翼 (第6巻) (ジャンプ・コミックス) + キャプテン翼 (第7巻) (ジャンプ・コミックス) + キャプテン翼 5 (ジャンプコミックス)
合計価格: ¥ 1,296

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 203ページ
  • 出版社: 集英社 (1983/05)
  • ISBN-10: 4088512863
  • ISBN-13: 978-4088512860
  • 発売日: 1983/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クリムゾン・ピッグ 投稿日 2003/7/7
形式: 文庫
「キャプテン翼」は週刊少年ジャンプに1981年から連載された高橋陽一氏のサッカー漫画です。サッカー大好きな少年、大空翼を主人公として、日向小次郎、若林源三、岬太郎などの魅力的な仲間達と世界を目指していくサッカー漫画でテレビアニメ、ゲーム、映画と様々なメディアで大人気となりました。ジュニアユース編で一度終わったかと見えてその後ゲーム先行となりましたが短編ブラジル編、ワールドユース編、Road To Flance編と止まることを知りません。日本のサッカー人気に寄与した功績は大です。非現実的ですが、それが当時の子供をわくわくさせてくれました。そんな「キャプテン翼」の本巻では全国の少年サッカーチームの頂点を目指し、南葛と明和、因縁の決勝戦が始まる。両チームとも果敢に攻める中、南葛が先制! ところが、翼、岬、若林が負傷し、南葛は窮地に立たされる!・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クリムゾン・ピッグ 投稿日 2003/7/7
形式: 単行本
「キャプテン翼」は週刊少年ジャンプに1981年から連載された高橋陽一氏のサッカー漫画です。サッカー大好きな少年、大空翼を主人公として、日向小次郎、若林源三、岬太郎などの魅力的な仲間達と世界を目指していくサッカー漫画でテレビアニメ、ゲーム、映画と様々なメディアで大人気となりました。ジュニアユース編で一度終わったかと見えてその後ゲーム先行となりましたが短編ブラジル編、ワールドユース編、Road To Flance編と止まることを知りません。日本のサッカー人気に寄与した功績は大です。非現実的ですが、それが当時の子供をわくわくさせてくれました。そんな「キャプテン翼」の本巻では全国の少年サッカーチームの頂点を目指し、南葛と明和、因縁の決勝戦が始まる。両チームとも果敢に攻める中、南葛が先制! ところが、翼、岬、若林が負傷し、南葛は窮地に立たされる!・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クリムゾン・ピッグ 投稿日 2003/7/7
形式: コミック
「キャプテン翼」は週刊少年ジャンプに1981年から連載された高橋陽一氏のサッカー漫画です。サッカー大好きな少年、大空翼を主人公として、日向小次郎、若林源三、岬太郎などの魅力的な仲間達と世界を目指していくサッカー漫画でテレビアニメ、ゲーム、映画と様々なメディアで大人気となりました。ジュニアユーズ編で一度終わったかと見えてその後ゲーム先行となりましたが短編ブラジル編、ワールドユース編、Road To Flance編と止まることを知りません。日本のサッカー人気に寄与した功績は大です。非現実的ですが、それが当時の子供をわくわくさせてくれました。「少林サッカー」はある意味「キャプテン翼」の実写版です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 久保田真史 投稿日 2006/7/25
形式: 文庫
 キャプテン翼の数々の名勝負の中でもこの巻に収録されている南葛vs明和は、5本の指に入る名勝負だと思います。

 文句のつけようのない名勝負なのですが、ひとつだけ疑問に思うことがあります。それは翼、岬がケガをしてグランドにうずくまっているのに明和が攻撃を止めなかった点です。先日行われたワールドカップなどを見ていると倒れている選手がいたらボールをサイドに出してプレーを中断していたのに、なぜ明和はプレーを続けたのだろう?ワールドユース編の日本vsスウェーデンでは倒れている選手がいたらサイドに出して、スローインで相手に返していたのに、なぜこのときはそうしなかったのだろう?この当時はそういう暗黙のルールはなかったのだろうか?日本にはそういうルールはなかったのだろうか?と考えてしまいます。まぁ、あそこでサイドに蹴りだしてスローインで相手に返すなんていうのはの面白くないし、日向小次郎らしくないのでよかったと思います。

 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 街道を行く #1殿堂トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/1/20
形式: 文庫 Amazonで購入
全国少年サッカー大会決勝戦。南葛VS明和。南葛には、翼、岬、若林が今大会、始めて顔を揃えました。対する明和には、日向。そして若島津。日向を支える沢田とこちらも凄い顔ぶれ。そしてこの決勝戦は、壮絶な試合になりました。負傷者、故障者が次々と発生。それをチーム全員で支えあって試合が続きます。日向くんも南葛のチームワークに刺激され、初めてチームワークで闘い始めます。優れたキャラクターは、作者の意思を超えたところで自ら動き始めると聞いたことがありますが、まさにそういう場面ではないでしょうか。読み応え十分です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック