Amazon Kindleでは、 キャプテン翼 ROAD TO 2002 10 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャプテン翼―Road to 2002 (10) (ヤングジャンプ・コミックス) コミック – 2003/8/19


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 157ページ
  • 出版社: 集英社 (2003/8/19)
  • ISBN-10: 4088764870
  • ISBN-13: 978-4088764870
  • 発売日: 2003/8/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 末遠愁歌 投稿日 2003/10/30
形式: コミック
遂に始まった 翼 対 ナトゥレーザ
最強軍団 Rマドリード相手に リバウール欠場のまま 立ち向かうバルサ
果たして先取点をあげるのは どっちだ?
で、上の内容で 話は終わり
この試合が始まって以来 キャプテン翼関連のサイトのほとんどが ネタ不足と意欲減退で 閉鎖か更新停止 という状態
キャラが被りすぎて つまらない対決
昔の敵 シュナイダー・ディアスなどのように 何かを背負っているわけでもない(『恋人の交通事故死』なんて重過ぎる過去をサッカーに持ち込むのも また問題だが…)敵選手・ナトゥレーザ
繰り広げられる『異常に長く遅い展開の お気楽サッカー対決』作者が何を読者に見せたいのかが 全く分からない
『チャンピオンズリーグ編』でも 『ワールドカッ!プ編』でもいい
もっと 面白い展開になる試合が 一巻分ぐらいずつ みたい
勝ち負けが分からない試合なら 『無印時代登場の外国人選手同士の対決』でも構わないし
翼以外の 日本人選手同士の対決でもいい(一応『日向 対 葵』も可)
以上、未だ続いているらしい この試合 そしてこの連載に対する見解である
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 働かないアリ VINE メンバー 投稿日 2014/2/4
形式: コミック
サッカー漫画です。翼のスペインリーグのデビュー戦です。バルセロナとRマドリードの伝統の一戦で、トップ下のMFとしての活躍を描きます。結構思白いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nc-azzurro 投稿日 2004/1/20
形式: コミック
バルセロナ対レアル・マドリードの試合が始まってから、人気のあるメインキャラのエピソードは描かれていませんから、
あまり面白くない、と感じる読者も少なからずいることでしょう。
しかし、ナトゥレーザや先輩ベテラン選手たちに新たに魅力を見出すことのできた読者にとっては、
この長い試合も非常に楽しめるものです。
ここでのメインキャラクター、ナトゥレーザは「何か」を背負っているわけではありません。
しかし、何物をも背負わず、ただ純粋にサッカーに対しているところが、このキャラクターの興味深いところだと思います。
同様の天分を持つ翼は、ナトゥレーザと違って、背負っているものが大きい。この二人の対決の面白さはそこにあります。
第9巻から始まったエル・クラシコの魅力は、「翼対ナトゥレーザ」というライバル対決だけではありません。
新人・翼の目を通して描かれている、先輩ベテラン選手たちの活躍と、そのプロ意識も非常に興味深いところです。
そしてこの試合は、何よりもまず「サッカーの試合」として面白いと思います。サッカーの試合のスピード感、緊迫感がこの第10巻では十分愉しめます。
ただ、この巻は長い試合の一部分です。
続きを読むのに何ヶ月か待たなくてはならない、というのはフラストレーションとなるかもし
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック