この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャブレター ノート 1 (Motor Magazine Mook) ムック – 2010/1/30


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 5,792


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

キャブレター・ノート 〈1〉 FCR、TMR、CRのセッティングとキャブレター有益雑学集

登録情報

  • ムック: 127ページ
  • 出版社: モーターマガジン社 (2010/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862791921
  • ISBN-13: 978-4862791924
  • 発売日: 2010/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 22.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 239,072位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 motorcycle-freak 投稿日 2010/2/6
形式: ムック
私はこの本の監修をされた佐藤さんとは面識がありますが、はっきり言って稀有なモータージャーナリストである事は断言します。
この方ほど実証主義でバイクの本を作られている方は、出版社にはまずいません。

佐藤さんが自分のバイクを使い、さまざまな人に教えを請い、自らの手を汚し、キャブと真剣に向き合ってキャブを理解し、その上でまとめられたのがこの本です。

「セッティングができない者がどんなに頑張っても、実用に耐える内容に到達しない」
監修者自身がそう書いているキャブレターの本が他に存在したでしょうか。

キャブに悩む人にとって、この本はバイブルとなり得る本です。
プロ、アマ問わず、キャブを触るメカニックなら、持って置いて損は無いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 haro121 投稿日 2010/12/8
形式: ムック
正直、自分的に値段に見合ってないと思います
この価格でこれだけの内容は十分すぎると思います
これほど丁寧にわかりやすく書かれてる物にいままで気付けなかった事に後悔してます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おまもりひまり 投稿日 2010/3/11
形式: ムック Amazonで購入
FCR初心者ですが写真入りの解説で簡単に現物を把握出来るのでとても参考になりました。文だけでは心配な方には強い味方になります。私からは保存版です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: ムック Amazonで購入
セッティングの出し方を体感・感覚的に判断できるように作られています。
その点、著者の思いやりを十二分に感じます。
なので、参考書としては星5つ。

ただし、じゃ、キャブレター外して、ばらして掃除して、また戻すことができるレベルの人間が
これを見てセッティングをつめていけるかというと・・・経験的には無理でしょうねぇ。
まず、下から上まで回しきれる環境がそうそうありません。
また、薄くするリスクを考えると、あまり攻めていけない。
究極的にはセッティングの正誤判定が”かぶっているか壊れるか?”になってしまいそう。

一言だけ言えるのは、これを読むことで”純正がどのようなプロセスを経てそこにたどり着いているか”を垣間見ることができます。

この本では、元がRoad Rider誌の為、大型バイクをメインにしてますが、
個人的にはオフロードバイクや小排気量単気筒で学ぶべきかと思います。
レーサーのセッティングの参考には・・・どうかな。オーナーズマニュアル見たほうが早いかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック