%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%28CAT+EYE%29+%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%80+%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 12,510
+ 関東への配送料無料
発売元: DOORS
カートに入れる
¥ 12,515
116pt  (1%)
+ 関東への配送料無料
発売元: Be.BIKE (土日祝日 定休日)
カートに入れる
¥ 12,598
+ 関東への配送料無料
発売元: ごっつプライス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット

5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
| 8人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 20,520
価格: ¥ 11,897 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 8,623 (42%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:34¥ 11,897より
  • 2.4GHzデジタルワイヤレス(最大3信号)
  • 速度(走行速度、平均、最高)
  • 距離(走行距離1/2、積算距離、積算距離入力)
  • 走行時間
  • ケイデンス(ペダル回転数)
  • 2つのSPDセンサー自動識別と周長自動切り替え
  • ペースアロー
表示件数を増やす


よく一緒に購入されている商品

  • キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット
  • +
  • キャットアイ(CAT EYE) #160-4100 アウトフロントブラケット [OF-100] サイクロコンピュータ用
総額: ¥13,160
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

詳細情報
カラー
電池付属いいえ
ブランドCAT EYE(キャットアイ)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB00B996URI
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 2,159位 (ベストセラーを見る)
発送重量113 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/2/27
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

小型軽量ながら干渉の受けにくい2.4GHzデジタルワイヤレスを採用しスピード、ケイデンス(ペダル回転数)、心拍数も計測可能な最強スペックを備えたサイクルコンピュータがCC-RD430DWです。
ストラーダシリーズの特徴でもある小さくスリムなボディに、大きいフォントで視認性の高い液晶画面と操作性にも優れたオートスタートモデル。
速度、ケイデンス、心拍数を測定できるのでコンディション調整、トレーニングの目安、目標設定などその場の走行状態、コンディション確認以外にも
計測データを活用したトレーニング計画を立てるにも最適です。
2つのスピードセンサーIDが登録でき、自動認識とリンクしタイヤ周長も同時に切り替えができるなど1つのサイクルコンピュータで2台の自転車に使用することも可能。
設定変更に便利なメニュースクリーンや、取り付けやメンテナンスも容易で、サイクルトレーナーでの使用も可能なチェーンステー取付型のケイデンス一体型スピードセンサー「ISCTec」を採用。
心拍センサーも最新のベルト着脱タイプのHR-10が付属しています。
電池交換時期を知らせるバッテリーアラームは本体だけではなく、各センサーの交換時期も知らせるなど使い勝手は抜群です。
※電動アシスト自転車ではモーターから発生するノイズの影響のため ワイヤレスタイプは使用できません。
※高圧電線や踏切の近くではノイズ(磁界電磁波)により 異常な表示、正しい計測ができないことがあります。
※一部バッテリーライトではコンピュータに影響を与えるノイズを発生する製品があります。 ライトとコンピュータはなるべく離して設置してください。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

GPSやPCに取り込んでまでガチャガチャやりたく無いし、6万もガーミンで払うなら他の事にお金使うし、でも練習などの目安にとこの辺りのを選択して買う人が多いかと思います。
自分も買って最大に後悔しているのが、(時間ないし距離)と(心拍と回転)とが同時に見れない事です。
レースでなくても、練習でも、ここまで踏ん張るなど時間か距離での目標を設定すると思いますが、時間か距離見るのに何度何回もクリックする必要がある、うっとうしい。 今時どれだけ小さな液晶かと思わず笑う位小さいかな。 とりあえずサイコンがと言う方もV3がええです、+5千円位だし、安価なら思い切ってスピードのみ。
2万もと思うならもっと出してガーミン買った方が後でヤフオクでもそこそこ売れるので結果的に安価。
画面設定とか決めれれば最高なサイコンになるのに。どうもCateye製品は値段相応と言うか今1歩何か足りない、それを補うには上のモデルを変えと値段が上がる、そこまで出すならGPSも欲しいと結局値段相応のガーミンになる。 モデル減らして一機種の機能を充実させれば良いのに中途半端な商品が多く取り扱い説明書読まないと選べない。
個人的な感想ですが、競技引退しているしMtbなので指標として使用するには足りています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まず何よりも上段表示(上段の常時表示されるいちばん大きいメインのディスプレイ)をスピード以外にケイデンスまたは心拍数にも切り替えられる点が気に入っています。普段の練習中もレース中もケイデンスを主に見ているので、大きな数字で常時表示可能なのはありがたいです。またエンデューロレースの前には心拍を限界近くまで上げて2時間、3時間と練習することもあるので、心拍数を常時表示にできるのも便利と思います。

心拍数も測れてこの値段(Amazon価格ですが)は、コストパフォーマンスが良いと感じます。

本製品のスピードセンサーはケイデンス一体型なので、取り付け位置に苦労された方が多いようです。お役に立つか分かりませんがコツを書きます。まずケイデンス用のマグネットは、マニュアル通りクランクの裏にナイロンタイで固定するのではなく、ペダル軸に磁力でくっつけて剥がれないように粘着性の強いテープを貼ります(写真)。こうすると数センチだけですがセンサーをチェーンステー後方側にセットできるので、タイヤとの干渉は避けられます。

次にセンサーとマグネットとのクリアランス調整ですが、先にケイデンスを調整します。センサーを外側に傾けケイデンス用マグネットとの位置を調整してナイロンタイでゆるく仮止めします。この状態だとスピードセンサー部分はスポークに干渉するか
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
使いやすく、セットの操作も簡単でよかったです。
フレームの形状によるのかもしれませんが
たまに センサーのタイラップがずれて計測不能になります。
ずれないようにする為 テープで止めたり等の仕掛けをした方が
良いようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ケイデンスと心拍数が知りたくて購入!機能的には問題ないし取りつけも大丈夫でした。ただ、レビューにも有ったけど小さかったなぁ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 icoico 投稿日 2013/7/18
2014 CAAD X DISC5に付けています。設定方法も各国語で書かれた大きな説明書ではありますが、なんとなく理解できました(完全日本語マニュアルのストラーダスリムの方が説明書としては解りよいかもしれませんが)。シクロクロスの幅広フレーム&クリアランスの広いフォークなので、リアのフレームにセンサーを装着するこちらのタイプを選びました。センサーは、ケイデンスセンサー部とスピードセンサー部がひとつのセンサーキットになっており、キャノンデールのリアに装着したところ、スピードセンサーをフレームに沿わせた状態で反応する位置にセンサーを固定すると、一方ではケイデンスセンサーとマグネットのクリアランスが広すぎてケイデンスを反応させることができませんでした・・ケイデンスとスピードセンサーを同時にクリアランス調整するのがわりとシビアでした(スピードだけであれば比較的早めに位置出しできました)。

※ケイデンスセンサーはクランク裏に装着しますが、CAADXのデフォルトクランク裏の形状が流線型となっており、スピードマグが最も読みやすい位置にセンサーを付けると、ケイデンスマグネットをクランク裏の流線型部分に装着しなければならず(というか出来ない・・)、かといってクランクの平な部分(軸寄り)にマグを装着するとセンサーをタイヤに近づけなければならず、タイヤと接触の危険が..。裏面が真っ
...続きを読む ›
1 コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー