中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速対応します。発送はメール便になります。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

キャッチボール ICHIRO meets you 単行本 – 2004/3


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

バットもグラブも持っていない状態で、言葉だけで、イチローが、人のこころを打ち抜いた。BSデジタル民放5局共同特別番組待望の単行本化。

内容(「MARC」データベースより)

バットもグラブも持っていない状態で、言葉だけで、イチローが、人のこころを打ち抜いた-。イチローと糸井重里、212人のファンとの対話。BSデジタル民放5局共同特別番組の単行本化。

登録情報

  • 単行本: 136ページ
  • 出版社: ぴあ (2004/03)
  • ISBN-10: 4835609336
  • ISBN-13: 978-4835609331
  • 発売日: 2004/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 35,953位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 southdog 投稿日 2004/4/22
形式: 単行本
本当のトップレベルで活躍し続ける人がこういうことを考えていたのか、ということが本人の口から語られている本です。
糸井重里という、名インタビューアー(「経験を盗め」中央公論新社を参照)が、本質的なところを率直に聞いており、また、それにイチローが答えている。BSで放送されたということですが、その番組を見たかったし、また、現場での間を体感したかった、そんな思いにさせる本でした。
どんどん読み進んでいける本です。欄外に小さく解説があり、その部分も、本文の理解にとっても役に立つ。よくできた本だと思います。
内容的には、成長していこうとする人にとっては、とても参考になること間違いないです。本には書かれていないけれど、常に問題意識をもっていること、そして現状との比較をし続けていることが、成長への必須条件なのだ、ということを強く感じました。あくまで前提ですけれど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
42 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hisa13 投稿日 2004/9/13
形式: 単行本
イチロー選手って無口なイメージありますよね。
ヒットで出塁しても笑顔すら見せないし。
でも、やっぱり僕は気になっていました。
彼が一体何を考えているのか、というのが。
なんせスーパースターですからね。
予め用意されていた質問群を軸に糸井氏が尋ね、
イチローがそれに答える形で話は展開していきます。
読み進むほどに「心から尊敬できる人だ」と思いました。
スーパースターという、間違い無く特別な存在でありながら、
彼の発する言葉、物事の見方、哲学は僕らとなんらかけ離れていません。
「おー、言われてみれば…」はあっても
「ん?訳分からんな、これ。」ってのは一つも無かったです。
だからこそ、やっぱりスゴイ人だなと思いました。
誰が読んでも何かを学びとることができる本だと思います。
読み易さも文句無し。
普段あまり本を読まない方、
野球に興味が無い方にもオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 エフピー 投稿日 2004/5/7
形式: 単行本
「一本のヒットが どれだけ嬉しいか」というところで 思わず涙がでた。イチローは たまたま 野球がすきだったけれど、こういうふうに 物事を考え 自分と 向き合うことができるのなら、どんな 職業についていても 必ず 頂点に立っていた人だと思う。野球を うまくなるには 宿題をやること、その意味は・・・と 子供の質問に答えていた たとえ話も いつか 自分の息子にしてやりたい、そのためにも 自分自身が その話しをしても 恥ずかしくないような 生き方をしなければ・・・と、本を読んで こんな気持ちになったのは初めてだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 764hero 投稿日 2004/10/11
形式: 単行本
本書の中で心に残ったフレーズがある。
「あのヒットを1本打つのに、どれだけの時間を費やしているのか。」
クールにヒットを打ちまくっているが、見えないところでものすごい努力をしている。これでもかというぐらい努力して初めて、たった1つのことができる。そういうことを言わんとしているのだろう。考えてみれば当然だけど、自分ができているのかと言えば、全くもってノーだ。少し努力して成果を期待したり、成果が見えないと努力を止めてしまったりする。こんなことでは、どんなこともできるようになるはずがない。イチローの言葉は、本当に謙虚な気持ちにさせてくれる。
1つ1つの言葉は平易なのだが、あれだけの成績を残した偉人が言うと説得力がぜんぜん違う。そして言っていることは、しごくシンプルで王道的。本書を読んで、毎日スポーツニュースで見ていたイチローを思い出すと、ただただ尊敬です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 zon 投稿日 2004/4/8
形式: 単行本
イチロー選手と糸井重里さんの対談をまとめた本ですが、非常におもしろかったです。
もちろん、対談の内容は野球をベースにした話が中心ですが、全ての人が自分の立場に置き換えて参考に出来る内容だと思います。
内容的には全く文句無いのですが、もっともっと読みたかった(実際30分くらいで最後まで読んでしまいました)とも感じました。もう少し量があれば(対談時間が長ければ)最高でした。
でも、本当におすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pani95 投稿日 2005/1/14
形式: 単行本
「イチローならこのぐらいのことを考えていて当然!」という先入観があったためか、
お~~~すげ~~~~!という感動はありませんでしたが、面白い本です。
何事もきちんきちんと回を重ねることが重要だと、改めて思いました。
イチローさんが今日に至るまで、何回ボールを投げて、バットを握ってきたことでしょう。
地味なことを疎かにしないで、ひとつひとつ消化していくことから
新しいものが生まれてくるんだろうと思います。
それは会社勤めをしている自分に置き換えても同じだと思います。
イチローさんが「宿題は嫌だけれども、それをなんとしてでも全部やる訓練を
幼いうちからやっておくように」と言っていたのが印象的でした。
それから、自分より30歳近く年の若い人を素直に尊敬して、
愛情をもって話を聞きだそうとする糸井重里さんも、
すごい人だなぁと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック