Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫) [文庫]

榊 涼介 , ソニーコンピュータエンタテインメント , SCE= , きむら じゅんこ
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―極東終戦 (電撃文庫) + ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―欧亜作戦 (電撃文庫) + ガンパレード・マーチ 逆襲の刻―青森血戦 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

猛吹雪の中、津波のように押し寄せる幻獣軍の前に、5121小隊をはじめ自衛軍は後退を重ね、八戸市を最終決戦の地と定め、起死回生をはからんとしていた。すでに日本の戦力は枯渇し、戦争継続のための物資も底を尽きかけていた。この間、東京では幻獣との戦争継続を望む軍産複合体に大原首相が対決を挑んでいた。政治・軍事・外交に及ぶ日本政府の大博打、欧亜作戦は、果たして戦争終結、そしてその最終目的である幻獣との恒久平和を実現することができるのか?どこかの誰かの未来のために―。戦場に突撃行軍歌が響き渡る。感動の最終巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

榊/涼介
モバイラー作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 354ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2010/8/10)
  • ISBN-10: 4048686984
  • ISBN-13: 978-4048686983
  • 発売日: 2010/8/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 169,281位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ついに完結!? 2010/8/15
By Hola! VINE メンバー
形式:文庫
足掛け10年(広崎悠意著の小説版から)かけて、
日本国内の話は完結したように感じました。
ゲーム中では熊本決戦あたりまでで、終わるのですが、
本小説はゲームで事後的に少し語られた部分を読むことができました。
(ゲームもバグを利用すると多少垣間見れるようですが、保障外プレイとなるためメーカー対応不可となっています。)

本巻では、これまでのような奇跡的な勝ちを否定しながら話が進んでいきます。
物量やインフラなどについて重視していたり、
戦略のコードネームは出てくるものの、
今までのような現地での具体的な作戦らしい作戦もほとんどありません。
まさに物量戦を書いた作品だと感じました。

帯などには逆襲の刻シリーズが完結と記載されていることや、
本巻の節々に語りきれていない部分が多く散見されます。
その点から、番外編が出る可能性が高いと個人的には感じました。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 やっと完結 2011/2/23
形式:文庫|Amazon.co.jpで購入済み
十数巻続いたガンパレ小説もようやく完結。所感をまとめてみました。

シリーズを通して良かった点
 5121小隊全員が主人公みたいなものだけど、5121小隊が破竹の快進撃で敵を倒して終了、とかいう単純な話になっていない。幻獣みたいな敵が攻めてきたら、敵はどう戦ってくるか、ロボット兵器や既存の兵器でどんな対応をするか、そういったIFの戦略戦術面がかなり考え込まれており、読んでてわくわくする。
 また、本小説は、最近ラノベではやりの、お遊び的な戦争物じゃない(命令無視や敵前逃亡は銃殺相当)し、5121小隊以外の通常兵器を用いる兵隊(自衛軍)も登場する。その兵隊たちも単純な「幻獣打倒!」ではなく、政治的な背景を持って動いている。それらがいくつも絡まりあい、読むのがめんどくさくない程度に物語が展開されていく。そういった意味では、登場人物全員が主人公と言えるかもしれない。

シリーズを通して悪かった点
 とにかく長い。九州撤退戦以降、いい加減、酷い蛇足感が付きまとっていたため、ようやく終わってくれたというのが正直な気持ち。
 また、長く続き過ぎてしまったために、途中から「5121小隊員は全員何らかのスペシャリスト(超人)」「同小隊員は絶対死なない」「誰かか戦争でおかしくなる→立ち直るパターン」「飄々とした男は凄い強
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 榊ガンパレ、終結!? 2010/8/9
By waku
形式:文庫
結論から…
黒い月は残ったままだが日本近隣に敵対勢力がなくなった。
本土での戦役はもうないであろう。

色々作戦が立案されたけれど、結局はノーガードの殴り合い状態。
戦争に限らず勝負事は心が折れたほうが負けという話でした。
損害は八代会戦に準じるほど。
三番機はミサイル満載→発射→補給→出撃とゲーム(熊本撤退戦)でもしたであろう殲滅戦。
自衛軍も奮戦して九州学兵の死が無駄にならない、プロ意識の高い活躍でした。
粟田大尉の光輝号隊もそれなりに働いた模様、忘れられたかと思ってましたが。
かの銀河英雄伝説でヤン・イレギュラーズが多勢の帝国軍を迎え撃ちましたが
彼らに人型戦車のような決戦兵器はなく戦闘継続時間も長かったのに持ちこたえたのは
宇宙艦隊戦とはいえヤンへの信頼とフィッシャーの手腕によるものだったでしょうね。

ページ数の都合か、別掲載があるのか半端な部分も多かった。
合田小隊は結局どうなったのかわからない。橋爪軍曹がラブコメしてたから
後日談が欲しかったのに全然なかったです。
ワイト(人型幻獣)にリベンジするため隊を結成した有松伍長も記述なし。
数名の回想録があるので主要将校は皆無事であった模様。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 読めばわかるさ 2010/8/16
By
形式:文庫
原点となるゲームから10年以上が経ちますが、楽しく読めました。確かに決戦に関してはページの都合からか、これまでとは違い薄い描写になりましたが、ここまでこのシリーズを読めば戦場の様子が頭によぎり、涙と少しの笑顔で読めると思います。
可能であれば、第1期の熊本編、2期山口防衛、九州奪還編から読まれることを初めての方にはオススメします。キャラクターの動き、性格の成長を感じれて良いです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa6d3793c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック