Amazon Kindleでは、 ガンパレード・マーチ 山口防衛戦 電撃ゲーム文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ガンパ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガンパレード・マーチ 山口防衛戦 (電撃文庫) 文庫 – 2007/3


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ガンパレード・マーチ 山口防衛戦 (電撃文庫) + ガンパレード・マーチ 山口防衛戦〈2〉 (電撃文庫) + ガンパレード・マーチ 山口防衛戦〈4〉 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,911

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

決死の攻防の末、二百万人を超える犠牲者を出しながらも、守りきれずに九州は幻獣の手に落ちた。その後の自然休戦期間に軍備の建て直しを図るはずの自衛軍は、九州陥落の責任を各軍がなすり合うといった無意味な閣議に明け暮れた。そのため、撤退戦での戦いぶりで今や伝説となった5121小隊も待機状態に置かれ、それぞれが不本意な日々を送っていた。しかし、突如休戦期を無視して幻獣が本土・山口を急襲する。数十万を数える圧倒的な数で押し寄せる幻獣たち。その戦略は、ユーラシア大陸を陥れた過去の悪夢に酷似していた…。SCE&芝村氏の監修の元、ゲームでは語られなかった5121小隊の新たな伝説が、ついに幕を開ける。

登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: メディアワークス (2007/03)
  • ISBN-10: 4840237786
  • ISBN-13: 978-4840237789
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 399,952位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 匿名希望 投稿日 2007/3/26
形式: 文庫
ネットではしばらく前から噂されていた、オリジナルシリーズの

開幕である。「九州から撤退後、バラバラになっていた5121小隊

が、幻獣の本土上陸に呼応して再結集する」要約してしまえばこ

れだけなのだが、それぞれに経験を消化してキャラが少しずつ成

長しているようだ。

ガンパレのテーマは「必死になる様は感動を呼ぶ」だと思う。た

だ、そのリアリティは、作る側の心の汗を流した量にかかってい

る。今回の物語では、大枠の設定はいじれないにしろ、今までの

ものより遥かに自由度が大きく、榊氏の物語を展開できるはずだ。

5巻になろうが、10巻になろうが書くべきものを書き切って欲

しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 『武見』 投稿日 2007/3/8
形式: 文庫
 本屋を物色していたところ、本書を発見即買いました。

 物語は九州撤退戦の3ヶ月後が舞台。

 ゲームの「高機動幻想 ガンパレードマーチ」と、「ガンパレードオーケストラ 白の章」のミッシングリンクといったところですが、榊版ガンパレードマーチ小説版とガンパレードオーケストラ小説版をつなぐ物語と表した方が正解かな。

 折り込みのカラーイラストは、榊版ガンパレ小説オリジナルキャラが並んでいて、過去の作品に登場した連中のお顔が初めて拝めます。

 この一連の榊版ガンパレ小説は、キャラクター小説としてだけでなく、戦争物としても非常によくできていて面白いです。

 ただ、本作だけよんでも登場人物が多すぎて何が何だかわからないのが難ですね。ページ数も300ページ超えているので読み応えあります。しかも話は次巻に続きますし。

 この辺が星4つに評価した理由ですが、私はとりあえずこのシリーズの続きが読めて満足です。

 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 石田 投稿日 2007/3/12
形式: 文庫
ずっと「榊ガンパレ」と「榊ガンオケ」を読み続け、「どうして5121小隊がバラバラになったのか?」「あのキャラこのキャラはどうなったのか?」と気にしていた事がようやく形になってくれて嬉しい限りです。

特に、「あとがきに変えて」に感動しました。

そうですよね、5121小隊のみんなに敗戦なんて似合わないですよね!!

榊先生がみんなを愛してくれて本当によかったです!!

これを読んでいると、みんなの成長が形になってくれて嬉しいなと思います。

そして、今回は「榊ガンオケ」ファンにも嬉しい仕掛けが盛りだくさんで、「榊ガンオケ」大好きだった私もすごくおいしい作品でした。

次回作もあるそうですので、今から読み返して、次を待ちます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック