¥ 463
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ガラス&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS) コミック – 1976/4/20

7件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 55


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ガラスの仮面 1 (花とゆめCOMICS) + ガラスの仮面 (第2巻) (花とゆめCOMICS) + ガラスの仮面 (第3巻) (花とゆめCOMICS)
合計価格: ¥ 1,389
ポイントの合計:  42pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


Amazonで直接、商品を販売
出版社様が商品を委託し、常備することができる 「e託販売サービス」。売り逃し防止に、ぜひご活用ください。

登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 白泉社 (1976/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592110919
  • ISBN-13: 978-4592110910
  • 発売日: 1976/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/27
形式: コミック
演劇の世界で生きる少女マヤを主人公にしたストーリー。演劇界幻の名作とされる紅天女を軸に、足長おじさん的存在の速水真澄との恋愛や、マヤとは対照的な少女でありライバルでもある亜弓との競争が、螺旋のようにからみながらこの物語のクライマックスである紅天女の上演に向けて一気に登りつめていく。一度読み始めると止まらない面白さ。眠れません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 「天の川を泳いだら」 投稿日 2011/6/20
形式: コミック
久しぶりに読んで、海の前で、マヤが劇のチケットを抱きしめているシーンで、泣いてしまいました。
劇のチケットのために、マヤが冬の夜の海に飛び込むシーン、強烈ですよね。

このテンポの良さ。勢い。圧倒されてしまいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マメ 投稿日 2009/4/19
形式: コミック
もし、あなたの周りに漫画に詳しいという人がいて、その人がまだ「ガラスの仮面」を読んだことがないとしたら、その人はまだ漫画のことをよく知らない人だといえる。
「ガラスの仮面」は漫画界の大きな宝のひとつです。もしかしたら近年中に完結するのでは?と、私は期待してるのですが…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 warasibe 投稿日 2005/5/14
形式: コミック
 超ロングランとなったガラスの仮面の第1作。作者の美内すずえさんも当時25歳の若さでとても初々しい画風が印象的です。平凡でどこといって取り柄のない少女の演劇にかける情熱を描いたこの作品ですが、多くの人が持っている変身願望を演劇を通して実現するニいうあり方が共感を呼び長い間支持されてきたのではないでしょうか。
 第1巻では母親との葛藤、月影、姫川親子、桜小路、速水、小野寺などの主要登場人物との出会いが描かれ、小気味よいスピーディな物語の展開となっています。紅天女の後継者を探していた月影千草に北島マヤが目にとまり、劇団月影に引き取るまでというのが主なストーリーです。実の母親からの熱湯によるせっかんからマヤを守った千草ですが、このことにより親子は演劇修行の障害であるとのことから引き離されてしまいます。今後の厳しい道のりを示唆する巻としてできばえは秀逸です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック