Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1)) [文庫]

メリメ , 堀口 大学
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 594 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

カルメン (新潮文庫 (メ-1-1)) + カルメン (岩波文庫 赤 534-3) + ビゼー・カルメン (オペラ対訳ライブラリー)
合計価格: ¥ 2,560

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

南国スペインの情熱を象徴するカルメン。純朴で真面目な青年ドン・ホセは、彼女と出会ったために運命を狂わせられる。嫉妬、決闘、殺人、そしてついにはカルメンをも殺してしまう……冷静簡潔な筆致でそのあやしいまでの美しさを描く表題作。奴隷船を襲った惨劇を巧みな構成で組み立てた『タマンゴ』。裏切り行為をしてしまった我が子を銃殺する『マテオ・ファルコネ』など全6編。

登録情報

  • 文庫: 379ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1972/5/23)
  • ISBN-10: 4102043012
  • ISBN-13: 978-4102043011
  • 発売日: 1972/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 117,551位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 簡潔の美しさ 2008/10/14
投稿者 twins
形式:文庫
メリメの短編集です。

純粋でまじめな下仕官の男が、カルメンへの恋の情熱と、彼女の目まぐるしい奔放さと無邪気さに翻弄され、やがて悲劇を迎える恋物語です。

小説は告白体で語られ、第三者の立場から語られる冒頭から、下仕官の告白にかわる妙は、夏目漱石の「こころ」と同様洗練されています。

表題のほかに収録されている短編のなかでも、「タマンゴ」「マテオ・ファルコネ」は、カルメンに比肩するほどの氏の傑作です。

いずれも語り口の簡潔さが美しく、内容も明確で充実しています。寓話的で、読後感の余韻もあとをひきます。それぞれ単独で店頭に並んでもおかしくない作品群ですので、この短編集はとてもお得です。

私はこの本を昔何度も読んだことがあります。個人的には「エトリュスクの壷」の作品も可愛げ気があって、上記3作品ともにおすすめします。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 堀口訳も、いいですよ 2012/3/12
投稿者 john*2
形式:文庫|Amazonで購入
学生時代、フランス語の授業で訳読したメリメのCarmen。ホセッて、なんておバカさん・・などと、当時、少なからず思ったものですが、あの頃はまだ二十歳そこそこ、若かったですね。ホントの恋なんて、知ってるつもりで、知らなかった。あれからウン十年、今ではホセのことを、おバカさんと笑えない、どころか、ホセの言葉が、まるで自分自身のことを言われたかのようにグサリと急所に突き刺さります。男ならば、多かれ少なかれ、そうでしょう?一方、女は、カルメンのような女に憧れるんですかねえ。『カルメン』は岩波文庫から杉捷夫訳も出ていますが、確か杉訳ではカルメンがホセを「お前さん」と呼んでいたり、会話文にやや違和感が(堀口訳では「あんた」。カルメンのイメージにピタリとはまります)。他に「タマンゴ」、「マテオ・ファルコネ」、「オーバン神父」、「エトリュスクの壺」、「アルセーヌ・ギヨ」を収録(岩波は「カルメン」のみ)。特に「マテオ・ファルコネ」は、おすすめです。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 野生のバラ 2012/10/14
投稿者 DeepBlue213
形式:文庫
表題作の「カルメン」は誰もが名前は知っているだろう。
アンダルシアの乾いた大地、そこにオアシスのようにひっそりとした美しい木陰。
そこで謎の男ドン・ホセが登場する。
このホセの回想としてカルメンは語られていく。
メリメの描いたジプシー女カルメンは男を惑わす魔性の女である。
ジプシーらしく密輸や盗みを繰り返し、真面目だったホセは彼女のために堕ちていく。
それでもカルメンの美しさは損なわれるどころか輝きを増している。
男は自分が不幸になることをわかっていながらカルメンに惹きつけられた。
その野性的な魅力の激しさ、自由を愛する奔放さ。
光と影とが織り成す世界に生きたジプシーを鮮やかに書いた名作だと思う。
カスタネットの音が聞こえてくる気がした。

そして5つの短編が続きます。
奴隷船での事件を物語る「タマンゴ」、田舎町を背景にした「マテオ・ファルコネ」。
経済的事情で田舎に引っ込んだマダムと大きな目をした神父の交流を描く「オーバン神父」はなかなか面白くてよかった。
「エトリュクスの壺」と「アルセーヌ・ギヨ」は社交界を舞台にしています。
最後の3篇はフランス的で椿姫に通ずるものがあったかな。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 よかった! 2014/6/28
投稿者 ゆゆ
形式:文庫
高校生には難しかった!
でも、キレイな本でした。じっくり読めそうです。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 読みやすい翻訳 2014/3/20
投稿者 チョンパ
形式:文庫|Amazonで購入
昔読んだものより読みやすい翻訳でした。ただ、あまりに淡々と翻訳されているためイマイチ昔読んだようなイメージより印象が薄いです。短編集でもあるので初めてカルメンのキチンとしたお話を読む方にはお勧めします。
淡々と翻訳してあるぶん、もしかしたら直訳に近いのかとも思うので、そうであれば原文に近い文を読めたのだからよかったかな?
カルメンのしっかりしたストーリーを知りたい方はぜひ。オペラでは分からない魅力もあります。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック